The Japanese journal of antibiotics  21(4)

日本抗生物質学術協議会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 21 (1) 1968.02~36 (10) 1983.10 ; 57 (6) (通号: 556) 2004.12~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;編者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号);21巻1号(Feb. 1968) - 52巻12号(Dec. 1999) ; 53巻1号=508号(Jan. 2000) -;出版者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • ジヒドロストレプトマイシン耐性試験菌を用いた混合抗生物質の生物学的分離定量について / 米沢//昭一 / 169~182<8099008>
  • Spiramycinとchloramphenicalの併用に関する基礎的研究 / 中沢//昭三 / 183~187<8099009>
  • Triple tetracyclineに関する研究 / 後藤//晋 / 188~191<8099010>
  • 内科領域におけるTriple tetracyclineの使用経験 / 杉野//俊一 / 192~196<8099011>
  • 産婦人科領域感染症に対するTriple tetracyclineの臨床応用 / 高田//道夫 / 197~201<8099012>
  • Triple-tetracyclineの使用経験 / 永野//健五郎 / 202~205<8099013>
  • Kasugamycinに関する薬理学的研究 / 松崎//明紀 / 206~220<8099014>
  • 第9回東海支部臨床部会講演要旨1968年3月2日名古屋市藤久観光ホテル (1)外科領域における7-chlorolincomycinの使用経験 / 柴田清人
  • 加藤剛美
  • 伊藤忠夫
  • 渡辺晋 / p221~221
  • 第9回東海支部臨床部会講演要旨1968年3月2日名古屋市藤久観光ホテル (2)7-chlorolincomycinに関する研究 / 後藤幸夫
  • 山本俊幸
  • 小沼賢
  • 堤泰昭
  • 岡本靖
  • 岡田和彥
  • 土方康充
  • 春日井将夫 / p221~222
  • 第9回東海支部臨床部会講演要旨1968年3月2日名古屋市藤久観光ホテル (3)Doxycyclineの臨床使用経験 / 森田繁二
  • 垂水明夫
  • 石神久子
  • 湯浅敬之助
  • 中村邦夫
  • 河野親夫
  • 金子宏
  • 大屋敬彦
  • 川合秀男 / p222~222
  • 第9回東海支部臨床部会講演要旨1968年3月2日名古屋市藤久観光ホテル (4)Doxycycline(Vibramycin`Pfizer')に関する研究 / 後藤幸夫
  • 山本俊幸
  • 小沼賢
  • 堤泰昭
  • 岡本靖
  • 岡田和彥
  • 土方康充
  • 春日井将夫 / p222~222
  • 第9回東海支部臨床部会講演要旨1968年3月2日名古屋市藤久観光ホテル (5)外科領域におけるDoxycyclineの基礎的臨床的検討 / 柴田清人
  • 加藤剛美
  • 伊藤忠夫
  • 藤井修照
  • 奥田泰夫
  • 鶴賀信篤 / p223~223
  • 第9回東海支部臨床部会講演要旨1968年3月2日名古屋市藤久観光ホテル (6)外科領域におけるCarbenicillinの基礎的,臨床的検討 / 柴田清人
  • 加藤剛美
  • 斉藤道夫
  • 藤井修照
  • 奥田泰夫
  • 鶴賀信篤 / p223~223
  • 第9回東海支部臨床部会講演要旨1968年3月2日名古屋市藤久観光ホテル (7)Policydalの臨床使用経験 / 佐竹辰夫
  • 森田繁二
  • 垂水明夫
  • 石神久子
  • 山崎二郎
  • 松岡輝樹
  • 湯浅敬之助
  • 中村邦夫
  • 河野親夫
  • 金子宏
  • 丹羽豊郎
  • 水谷明 / p223~223
  • 第9回東海支部臨床部会講演要旨1968年3月2日名古屋市藤久観光ホテル (8)Policydalの臨床経験 / 後藤幸夫
  • 山本俊幸
  • 小沼賢
  • 堤泰昭
  • 岡本靖
  • 岡田和彥
  • 春日井将夫
  • 土方康充 / p224~224
  • 第9回東海支部臨床部会講演要旨1968年3月2日名古屋市藤久観光ホテル (9)外科領域におけるJosamycinの使用経験 / 柴田清人
  • 伊藤忠夫
  • 渡辺晋
  • 犬飼昭夫 / p224~224
  • 第9回東海支部臨床部会講演要旨1968年3月2日名古屋市藤久観光ホテル (10)Enduracidinの抗菌力と臨床経験 / 後藤幸夫
  • 山本俊幸
  • 小沼賢
  • 堤泰昭
  • 岡本靖
  • 岡田和彥
  • 土方康充
  • 春日井将夫 / p225~225
  • 第9回東海支部臨床部会講演要旨1968年3月2日名古屋市藤久観光ホテル (11)各種条件下におけるGentamicinの感染防禦実験 / 森田繁二
  • 垂水明夫
  • 石神久子 / p225~225
  • 第9回東海支部臨床部会講演要旨1968年3月2日名古屋市藤久観光ホテル (12)Polymyxin Bの点滴静注について / 柴田清人
  • 加藤剛美
  • 藤井修照
  • 奥田泰夫 / p225~226
  • 第9回東海支部臨床部会講演要旨1968年3月2日名古屋市藤久観光ホテル (13)耳鼻咽喉科領域のグラム陰性桿菌感染症に対するPolymyxin Bの臨床応用 / 高須照男
  • 馬場駿吉
  • 近藤登
  • 間宮敦 / p226~226
  • 第9回東海支部臨床部会講演要旨1968年3月2日名古屋市藤久観光ホテル (14)当院中検細菌室にて分離同定した各種菌株の薬剤感受性について / 大島桂太 / p226~227
  • 第9回東海支部臨床部会講演要旨1968年3月2日名古屋市藤久観光ホテル (15)最近7年間の赤痢菌の菌型と薬剤感受性の推移について / 湯浅敬之助
  • 中村邦夫
  • 河野親夫
  • 金子宏 / p227~227
  • 第9回東海支部臨床部会講演要旨1968年3月2日名古屋市藤久観光ホテル (16)内科領域における病原菌の検出頻度と薬剤感受性ジッツ病院を中心に / 森田繁二
  • 垂水明夫
  • 石神久子 / p227~227
  • 第9回東海支部臨床部会講演要旨1968年3月2日名古屋市藤久観光ホテル (17)内科領域における薬剤感受性と臨床効果 / 森田繁二
  • 垂水明夫
  • 石神久子 / p227~227
  • 第9回東海支部臨床部会講演要旨1968年3月2日名古屋市藤久観光ホテル (18)外科領域における嫌気性菌について / 柴田清人
  • 鶴賀信篤
  • 大西哲夫
  • 品川長夫 / p228~228
  • 第9回東海支部臨床部会講演要旨1968年3月2日名古屋市藤久観光ホテル (19)抗生剤と消炎剤の併用に関する臨床的考察 / 後藤幸夫
  • 山本俊幸
  • 小沼賢
  • 堤泰昭
  • 岡本靖
  • 岡田和彥
  • 土方康充
  • 春日井将夫 / p228~229
  • 第9回東海支部臨床部会講演要旨1968年3月2日名古屋市藤久観光ホテル (20)Gray syndromeの2例 / 大西鐘寿
  • 志水哲也
  • 岡田暹 / p229~229
  • 第9回東海支部臨床部会講演要旨1968年3月2日名古屋市藤久観光ホテル (21)末期癌における抗癌剤の併用療法について / 浅井稔
  • 和田昌也
  • 中井嘉雄 / p229~229
  • 抗生物質文献 抗生物質に関する国内文献 LXXXXVI / / p230~237
  • 抗生物質文献 外国抗生物質文献 LXXI / / p238~246
  • 抄録 稲いもち病に対する農薬の推移(石井敬一郎,有機合成化学26(7):617,1968) / / p182~182
  • 抄録 Griseofulvinと肝癌(EPSTEIN,ANDREA,JOSHI & MANTEL,Cancer Res.27(10):1900,1967) / / p187~187
  • 抄録 Polyoxinの各成分(ISONO,NAGATSU,KAWASHIMA & SUZUKI,Agr.Biol.Chem.29(9):848,1965,and others) / / p191~191
  • 抄録 DemethylchlortetracyclineおよびDoxycyclineの光線過敏症(BLANK,CULLEN & CATALNO,Arch.Dermatol.97(1),1,1968) / / p201~201
  • 抄録 新抗カビ抗生物質Chainin(GOPALKRISHNAN,NARASIMHACHARI,JOSHI & THIRUMALACHAR,Nature 218(5141):597,1968) / / p201~201
  • 抄録 Isoxazolyl penicillin類の血中濃度の差の機作(ROSENBLATT,KIND,BRODIE & KIRBY,Arch.Int.Med.121(4):345,1968) / / p201~201
  • 抄録 海水ビブリオからの抗緑膿菌物質(DOGGETT,J.Bact.95(5):1972,1968) / / p205~205
  • 抄録 初期梅毒のCephaloridine治療(GLICKSMAN,SHORT & KNOX,Arcn.Int.Med.121(4):342,1968) / / p205~205
  • 抄録 ブドウ球菌のMethicillin耐性と温度(ANNEAR,Med.J.Australia 1(4):444,1968) / / p205~205

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 The Japanese journal of antibiotics
著作者等 日本感染症医薬品協会
日本抗生物質学術協議会
書名別名 The Japanese journal of antibiotics

The Japanese journal of antibiotics
巻冊次 21(4)
出版元 日本感染症医薬品協会
刊行年月 1968-08
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03682781
NCID AN00002626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00000266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想