The Japanese journal of antibiotics  29(12)

日本抗生物質学術協議会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 21 (1) 1968.02~36 (10) 1983.10 ; 57 (6) (通号: 556) 2004.12~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;編者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号);21巻1号(Feb. 1968) - 52巻12号(Dec. 1999) ; 53巻1号=508号(Jan. 2000) -;出版者変遷: 日本抗生物質学術協議会 (21巻1号-64巻5号)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 抗生物質併用に関する基礎的研究--特に生体内動態を中心に-1-GentamicinとSulbenicillinおよびCephacetrileのばあい / 荒谷//春恵
  • 中塚//正行 / p1019~1034<1799270>
  • Gentamicinの体液中移行に関する実験的研究 / 李//雨元 / p1035~1041<1799265>
  • AmoxicillinとFlucloxacillinの協力作用に関する基礎的研究 / 宮村//定男
  • 寺尾//通徳
  • 落合//宏 / p1042~1047<1799266>
  • Cephalothin腹腔内投与と腹膜癒着について / 花房//友行
  • 原田//喜男 / p1048~1051<1799268>
  • Cephacetrileの二重盲検法による複雑性尿路感染症に対するCefazolinとの比較成績 / 石神//襄次 / p1052~1069<1799264>
  • 細菌性肺炎を対象とするCephacetrileの臨床評価Cefazolinを対照とする二重盲検比較試験 / 松本//慶蔵 / p1070~1092<1799263>
  • 点滴静注用Doxycyclineの臨床的検討 / 関根//理 / p1093~1097<1799269>
  • 実験的緑膿菌感染症に対するSchizophyllanの感染防御作用 / 小池//健一 / p1098~1105<1799262>
  • Cephaloridine-Lilly点滴静注時の吸収・排泄 / 深谷//一太
  • 真下//啓明 / p1106~1110<1799267>
  • 抗生物質文献 抗生物質に関する国内文献 CL / / p1034~1034,1069~1069,1092~1092,1097~1097,1105~1105,1110~1110,1111~1114
  • 抗生物質文献 外国抗生物質文献 CXXIV / / p1115~1120

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 The Japanese journal of antibiotics
著作者等 日本感染症医薬品協会
日本抗生物質学術協議会
書名別名 The Japanese journal of antibiotics
巻冊次 29(12)
出版元 日本感染症医薬品協会
刊行年月 1976-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03682781
NCID AN00002626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00000266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想