新修京都叢書  第22巻

野間光辰 編 ; 新修京都叢書刊行会 編

『扶桑京華志』は松野元敬の撰。寛文五年刊。山城国の山岳・原野・川沢等を細かく記す。『山城名跡巡行志』は釈浄慧の撰。宝暦四年成立。洛中の寺社・名跡を上京の北から南、西の京の東から西の順で記す。『山城名所寺社物語』は享保年間の出版。各寺社の故事・伝説に取材する。挿図36枚を含む。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新修京都叢書
著作者等 松野 元敬
浄慧
野間 光辰
書名ヨミ シンシュウ キョウト ソウショ
書名別名 山城名所寺社物語

山城名跡巡行志

扶桑京華志

Shinshu kyoto sosho
巻冊次 第22巻
出版元 臨川書店
刊行年月 1995.7
版表示 2版
ページ数 629p
大きさ 22cm
ISBN 4653026181
NCID BN13150351
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95075955
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
山城名跡巡行志 釈浄慧
扶桑京華志 松野 元敬
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想