外科 = Surgery : 臨床雑誌  58(1)(717)

国立国会図書館雑誌記事索引 12 (8) 1950.08~;本タイトル等は最新号による;11巻10号以降の並列タイトル: Surgery;[1巻1号]-20巻14号 (1958年12月) ; 21巻1号 = 231号 (1959年1月)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 肝切除兼膵頭十二指腸切除術の功罪 / 永川宅和
  • 萱原正都 / p1~62
  • HPDの現況と問題点--全国胆道癌登録調査結果より / 永川宅和 / p1~6
  • HPDの適応と問題点 1)病理組織学的にみたHPD適応の根拠 / 小倉嘉文 / p7~12
  • HPDの適応と問題点 2)胆囊癌に対するHPDの適応 / 吉川達也 / p13~16
  • HPDの適応と問題点 3)胆管癌に対するHPDの適応 / 梛野正人 / p17~21
  • 手術の要点 1)胆囊癌に対する拡大肝右葉切除(右3区域切除)+PD / 中村達 / p22~25
  • 手術の要点 2)胆囊癌に対するS₄下・S₅切除+PD / 田代征記 / p26~32
  • 手術の要点 3)胆管癌に対する拡大肝右葉切除+PD / 加藤紘之 / p33~38
  • 手術の要点 4)胆管癌に対する拡大肝左葉切除+PD / 浅野武秀 / p39~43
  • 合併症の予防と対策 1)HPD術後合併症の予防 / 宮川眞一 / p44~46
  • 合併症の予防と対策 2)HPD術後合併症とその対策 / 伊関丈治 / p47~50
  • HLPD 1)HLPDの適応と問題点 / 宮崎勝 / p51~57
  • HLPD 2)HLPD手術のコツ / 尾崎信弘 / p58~62
  • 外科におけるインフォ-ムド・コンセント / 加藤//抱一 / p63~75<3644590>
  • 肝傷害と肝類洞壁細胞 / 今村//正之
  • 有井//滋樹 / p77~85<3645409>
  • CONTROVERSY UPDATE 食道癌切除術後再建経路 後縦隔VS胸骨後VS胸骨前 / 北村道彦
  • 鶴丸昌彦
  • 桑野博行 / p86~94
  • 臨床経験 後腹膜巨大血腫で発症した真性多血症合併上行結腸癌の手術経験 / 小島靖彦 / p95~99
  • 臨床と研究 大腸癌イレウス症例の臨床病理学的特徴と治療法についての検討 / 山本隆行 / p100~104
  • 症例 巨大な後腹膜神経鞘腫の1切除例 / 平野鉄也 / p105~108
  • 症例 原発性盲腸悪性リンパ腫の1例 / 前田敦行 / p109~112
  • 症例 急性期血行再建のタイミングを逸した外傷性腸骨・膝窩動脈閉塞症例のlimb salvage / 榊原謙 / p113~117
  • 症例 乳腺アポクリン癌の1例 / 坂巻靖 / p118~120
  • 症例 一期的に切除しえた胃と腎の同時性重複癌の1例 / 三好和也 / p121~124
  • 書評 消化器外科エキスパートナーシング / 畠山勝義 / p76~76
  • 随録 第21回日本外科系連合学会学術集会 / / p104~104
  • 随録 第13回ハイパーサーミア学会,第1回アジアハイパーサーミア学会 / / p112~112
  • 随録 第4回日本乳癌学会総会 / / p120~120
  • 随録 次号予告・寄稿のさだめ / / p125~125
  • 随録 編集ペン / / p126~126

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 外科 = Surgery : 臨床雑誌
著作者等 南江堂
書名ヨミ ゲカ = Surgery : リンショウ ザッシ
書名別名 Surgery
巻冊次 58(1)(717)
出版元 南江堂
刊行年月 1996-01
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0016593X
NCID AN00073147
AA12405515
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想