外科 = Surgery : 臨床雑誌  57(12)(715)

国立国会図書館雑誌記事索引 12 (8) 1950.08~;本タイトル等は最新号による;11巻10号以降の並列タイトル: Surgery;[1巻1号]-20巻14号 (1958年12月) ; 21巻1号 = 231号 (1959年1月)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 急性腹症-最新の知見 / 武藤徹一郎 / p1381~1446,1448~1638
  • 急性腹症へのアプローチ / 武藤徹一郎 / p1381~1382
  • I.腹膜炎に関する最新の知見 1.腹膜の構造と神経支配 / 内田英二 / p1384~1387
  • I.腹膜炎に関する最新の知見 2.腹膜炎の起炎菌とその毒素 / 横山隆 / p1388~1391
  • I.腹膜炎に関する最新の知見 3.腹膜と全身の感染防御機構 / 望月英隆 / p1392~1395
  • I.腹膜炎に関する最新の知見 4.腹膜炎における肝網内系と肝傷害 / 有井滋樹 / p1396~1401
  • I.腹膜炎に関する最新の知見 5.腹膜炎とSIRS,ショック,MOF / 池井聰 / p1402~1406
  • I.腹膜炎に関する最新の知見 6.腹膜の炎症とサイトカイン / 福島亮治 / p1407~1410
  • I.腹膜炎に関する最新の知見 7.腹膜炎と活性酸素,NO / 深柄和彦 / p1411~1415
  • I.腹膜炎に関する最新の知見 8.急性腹膜炎と代謝変動-その新知見 / 東口高志 / p1416~1420
  • I.腹膜炎に関する最新の知見 9.腹膜炎に対するエンドトキシン中和療法と抗サイトカイン療法 / 小玉正智 / p1421~1425
  • I.腹膜炎に関する最新の知見 10.重症感染症のimmunomodulation / 井上知巳 / p1426~1433
  • I.腹膜炎に関する最新の知見 11.抗生剤の作用と耐性獲得機序 / 渡邉千之 / p1434~1438
  • II.急性腹症-はじめに何をすべきか 1.初診の手引き / 小林国男 / p1440~1441
  • II.急性腹症-はじめに何をすべきか 2.診断と治療の手順 / 小林国男 / p1441~1446
  • III.急性腹症の診断と治療 1.胃・十二指腸 / 吉田昌
  • 熊井浩一郎
  • 北島政樹 / p1448~1468
  • III.急性腹症の診断と治療 1.胃・十二指腸 1)急性胃炎 急性胃粘膜病変(AGML) / 吉田昌 / p1448~1450
  • III.急性腹症の診断と治療 1.胃・十二指腸 2)消化管穿孔 / 名川弘一 / p1451~1457
  • III.急性腹症の診断と治療 1.胃・十二指腸 3)胃軸捻症 / 山口浩和 / p1458~1461
  • III.急性腹症の診断と治療 1.胃・十二指腸 4)急性胃拡張 / 愛甲孝 / p1462~1464
  • III.急性腹症の診断と治療 1.胃・十二指腸 5)胃感染症(寄生虫を含む) / 磯崎博司 / p1465~1468
  • III.急性腹症の診断と治療 2.小腸,大腸 / 福島恒男
  • 山内毅
  • 山本雅由
  • 鬼頭文彦
  • 高橋利通
  • 小尾芳郎
  • 杉田昭 / p1469~1530
  • III.急性腹症の診断と治療 2.小腸,大腸 1)潰瘍性大腸炎 / 福島恒男 / p1469~1472
  • III.急性腹症の診断と治療 2.小腸,大腸 2)Crohn病 / 杉田昭 / p1473~1478
  • III.急性腹症の診断と治療 2.小腸,大腸 3)Behcet腸炎 単純性潰瘍 / 石川博文 / p1479~1482
  • III.急性腹症の診断と治療 2.小腸,大腸 4)感染性腸炎 / 山村誠 / p1483~1486
  • III.急性腹症の診断と治療 2.小腸,大腸 5)虚血性腸炎 / 小西文雄 / p1487~1489
  • III.急性腹症の診断と治療 2.小腸,大腸 6)腸間膜脂肪織炎 / 吉川宣輝 / p1490~1492
  • III.急性腹症の診断と治療 2.小腸,大腸 7)大腸捻転症 / 長尾二郎 / p1493~1495
  • III.急性腹症の診断と治療 2.小腸,大腸 8)Meckel憩室 / 高田秀穂 / p1496~1499
  • III.急性腹症の診断と治療 2.小腸,大腸 9)大腸憩室炎 / 進藤勝久 / p1500~1503
  • III.急性腹症の診断と治療 2.小腸,大腸 10)腸重積症 / 酒井靖夫 / p1504~1508
  • III.急性腹症の診断と治療 2.小腸,大腸 11)特発性腸管穿孔 / 亀岡信悟 / p1509~1511
  • III.急性腹症の診断と治療 2.小腸,大腸 12)小腸・大腸腫瘍 / 須並英二 / p1512~1516
  • III.急性腹症の診断と治療 2.小腸,大腸 13)急性虫垂炎 / 沖永功太 / p1517~1522
  • III.急性腹症の診断と治療 2.小腸,大腸 14)イレウス / 炭山嘉伸 / p1523~1530
  • III.急性腹症の診断と治療 3.肝 / 皆川正己
  • 幕内雅敏 / p1531~1541
  • III.急性腹症の診断と治療 3.肝 1)肝濃瘍 / 皆川正己 / p1531~1534
  • III.急性腹症の診断と治療 3.肝 2)肝腫大 / 戸島恭一郎 / p1535~1538
  • III.急性腹症の診断と治療 3.肝 3)肝腫瘍破裂 / 長島郁雄 / p1539~1541
  • III.急性腹症の診断と治療 4.胆・膵 / 平田公一 / p1542~1564
  • III.急性腹症の診断と治療 4.胆・膵 1)胆石症 / 平田公一 / p1542~1546
  • III.急性腹症の診断と治療 4.胆・膵 2)急性胆囊炎 / 細谷亮 / p1547~1551
  • III.急性腹症の診断と治療 4.胆・膵 3)急性化膿性胆管炎 / 松本伸二 / p1552~1554
  • III.急性腹症の診断と治療 4.胆・膵 4)急性膵炎 / 角川陽一郎 / p1555~1559
  • III.急性腹症の診断と治療 4.胆・膵 5)膵仮性囊胞 / 藤原英利 / p1560~1564
  • III.急性腹症の診断と治療 5.脾 1)脾濃瘍 脾梗塞 / 久保正二 / p1565~1569
  • III.急性腹症の診断と治療 6.血管 / 安原洋
  • 重松宏
  • 武藤徹一郎 / p1570~1597
  • III.急性腹症の診断と治療 6.血管 1)腹部大動脈瘤 腸骨動脈瘤破裂 / 安原洋 / p1570~1574
  • III.急性腹症の診断と治療 6.血管 2)腹腔内臓動脈瘤破裂 / 岩井武尚 / p1575~1578
  • III.急性腹症の診断と治療 6.血管 3)急性大動脈解離 / 佐藤紀 / p1579~1583
  • III.急性腹症の診断と治療 6.血管 4)急性腸間膜動脈虚血 / 古森公浩 / p1584~1586
  • III.急性腹症の診断と治療 6.血管 5)腸間膜静脈血栓症 / 川崎富夫 / p1587~1592
  • III.急性腹症の診断と治療 6.血管 6)鑑別を要する慢性疾患 / 重松宏 / p1593~1597
  • III.急性腹症の診断と治療 7.腹部外傷 / 柿田章 / p1598~1609
  • III.急性腹症の診断と治療 8.婦人科疾患による急性腹症 / 木下勝之 / p1610~1615
  • III.急性腹症の診断と治療 9.泌尿器疾患による急性腹症 / 奴田原紀久雄 / p1616~1619
  • III.急性腹症の診断と治療 10.術後急性腹症 / 西口幸雄 / p1620~1627
  • III.急性腹症の診断と治療 11.急性腹症鑑別診断上のピットフオール / 多田正大 / p1628~1636
  • 次号予告 / / p1637~1637
  • 編集ペン / 今村正之 / p1638~1638

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 外科 = Surgery : 臨床雑誌
著作者等 南江堂
書名ヨミ ゲカ = Surgery : リンショウ ザッシ
書名別名 Surgery

Geka
巻冊次 57(12)(715)
出版元 南江堂
刊行年月 1995-11
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0016593X
NCID AN00073147
AA12405515
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想