外科 = Surgery : 臨床雑誌  31(10)(377)

国立国会図書館雑誌記事索引 12 (8) 1950.08~;本タイトル等は最新号による;11巻10号以降の並列タイトル: Surgery;[1巻1号]-20巻14号 (1958年12月) ; 21巻1号 = 231号 (1959年1月)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 診療科名の改正を望む(巻頭言) / 加納//保之 / 1131~1131<8181598>
  • 慢性膵炎に対する外科的治療の適応と限界 / 佐藤//寿雄 / 1132~1140<8181599>
  • 急性動脈閉塞症の予後判定の面からみたクレアチン,フォスフォキナーゼ測定の意義 / 草場//昭 / 1141~1147<8181600>
  • 腹部症状を伴なう脊髄神経炎症と手術 / 石山//功 / 1148~1156<8181601>
  • 胸骨前有茎結腸移植による食道再建術 / 田中//隆 / 1157~1162<8181602>
  • 頑固な下痢を伴なった甲状腺髄様癌の2例 / 藤本//吉秀 / 1163~1169<8181603>
  • 血友病Aに併発せる特発性硬膜下血腫の1手術治験例 / 山田//良平 / 1170~1174<8181604>
  • 副腎原発と異所性褐色細胞腫の手術経験 / 高橋//雅俊 / 1175~1180<8181605>
  • 巨大化した総胆管内脂肪酸系結石について / 佐々木//英制 / 1181~1185<8181606>
  • 脱疽治療の1つの考え方 / 上道//哲 / 1186~1190<8181607>
  • 水溶性陽性造影剤による脳室造影 / 半田//譲二 / 1191~1196<8181608>
  • 脳室心房連絡術の反省と改善法 / 坂田//一記 / 1197~1200<8181609>
  • 手術侵襲と線維素溶解現象-1-とくに手術侵襲と血中線溶能の変動について / 山田//崇之 / 1201~1206<8181610>
  • 食道裂孔ヘルニアの診断と治療に関する問題点 とくに食道裂孔の解剖を中心として / 半沢//幸一 / 1207~1214<8181611>
  • 病理形態学的にみた慢性胃炎と臨床所見の関連について / 山際//裕史 / 1215~1222<8181612>
  • らいにおける足穿孔症とピリジノールカルバメートの効果 / 成田//稔 / 1223~1227<8181613>
  • 胆石イレウスの1治験例 / 調//凾治 / 1228~1229<8181614>
  • 膵全摘が行なわれた2症例について / 松本//学 / 1229~1232<8181615>
  • 回腸細網肉腫の2症例 / 佐藤//次良 / 1232~1236<8181616>
  • Irradiation Entero-Colitisの2症例 / 徳長//雄幸 / 1236~1239<8181617>
  • 随録 編集ペン・寄稿のさだめ / / p1240~1240
  • 無影灯 癌性腹膜炎誤診 / 大室 / p1156~1156
  • 無影灯 ギプス用バケツにビニール袋を / SOS生 / p1162~1162
  • 無影灯 誤嚥された針のたどった道 / 一医生 / p1174~1174
  • 無影灯 なんでも無為に捨てるな / 小山● / p1190~1190
  • 無影灯 乱用される診断名 / 一医生 / p1206~1206

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 外科 = Surgery : 臨床雑誌
著作者等 南江堂
書名ヨミ ゲカ = Surgery : リンショウ ザッシ
書名別名 Surgery

Geka
巻冊次 31(10)(377)
出版元 南江堂
刊行年月 1969-09
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0016593X
NCID AN00073147
AA12405515
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想