看護技術  37(3)(531)

メヂカルフレンド社

国立国会図書館雑誌記事索引 31 (1) 1985.01~;本タイトル等は最新号による;大きさ: 変更あり;[1号]~[ ],[ ]~;総目次・総索引あり;改題注記 : 「看護のbooks」の改題

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 喉頭がん術後患者の機能障害と看護<焦点> / p9~46<3710578>
  • Clinical Atlas 喉頭全摘術後の音声再獲得方法 / 毛利光宏・他 / p9~
  • 診断・治療のポイント 喉頭がんの外科的療法と術前・術後管理 / 金子省三 / p11~14
  • 看護のポイント 喉頭がん術後患者の看護ポイント / 鶴田清子 / p15~20
  • 方法と工夫 喉頭部分切除術を受けた患者の嚥下障害・発声障害・呼吸困難等への対応 / 村上美津子・他 / p21~24
  • 方法と工夫 頸部リンパ節郭清を併用した喉頭全摘出術後患者の上肢運動障害とリハビリテーション指導 / 三谷紀子・他 / p25~29
  • 方法と工夫 喉頭全摘出術後の永久気管口の管理 / 小山由美子・他 / p30~32
  • 方法と工夫 喉頭全摘出術後の音声再獲得プログラムと院内での指導 / 高野佳子 / p33~37
  • ケース・スタディ 喉頭全摘出術後、失声の受容に対し問題のあった患者の看護 / 相馬和子・他 / p38~41
  • ケース・スタディ 喉頭全摘出術後の音声再獲得に向けての援助の実際 / 岩下由美子・他 / p42~46
  • The Disease 多発性硬化症 / / p83~98
  • Doctor's Eye 多発性硬化症の診断と治療 / 上倉勲・他 / p83~88
  • Nurse's Eye 多発性硬化症患者の看護のポイント / 清水礼子・他 / p89~92
  • Case Conference 家庭での存在理由が見出せずに悩む多発性硬化症患者の看護 / 須藤邦子・他 / p93~98
  • 研究レポート 糖尿病患者の実態とその援助 / 宮田延子・他 / p47~51
  • 研究レポート 慢性期の脳血管障害患者における脳障害部位とADLの自立度、コミュニケーション・意欲・了解性との関係についての検討 / 澤村正子・他 / p52~58
  • ケースに学ぶ〔訪問看護〕 重介護老夫婦をかかえたケースの訪問看護 / 尾台安子 / p108~113
  • 創傷処置とケア 創傷治癒のメカニズム(2) / 笠井恵 / p4~7
  • 処置と手技のStudy Guide[頭部] 脳血管造影 / 阿部琢巳・他 / p59~63
  • 処置と手技のStudy Guide[頭部] 髄液検査 (腰椎穿刺法) / 阿部琢巳・他 / p64~66
  • 検査・治療機器 心電計 / 楠元雅子・他 / p76~81
  • NEWS RADAR / / p70~71
  • 医療トピックス 過労死の現状および労災認定をめぐる問題 / 土屋八千代 / p72~73
  • 医療トピックス 日本の救急医療体制(プレホスピタルケア)で議論されていること / 川田繁 / p74~75
  • 在宅療養とネットワ-キング-2-寝たきり老人と妻の介護を支えるケアワ-カ-の取組みから / 藤本//満 / p99~107<3711112>
  • 私の旅 50代からの挑戦 / 北林悦子 / p67~67
  • 忘れられないあの出来事 少年は熱傷を負った / 嶋田美智 / p82~82
  • Book Review 『壁のない病室:異常と正常のはざまで』『家族はどこまでゆけるか』 / 相田信男
  • 近森芙美子 / p68~69
  • 編集室 / 佐々木 / p114~114

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 看護技術
著作者等 メヂカルフレンド社
書名ヨミ カンゴ ギジュツ
書名別名 Japanese journal of nursing arts

The Japanese journal of nursing arts

Kango gijutsu
巻冊次 37(3)(531)
出版元 メヂカルフレンド社
刊行年月 1991-02
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0449752X
NCID AN00407639
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00004389
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想