大阪府立公衆衛生研究所研究報告 = Bulletin of Osaka Prefectural Institute of Public Health  (35)

大阪府立公衆衛生研究所 [編集]

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 35) 1997~;本タイトル等は最新号による;35号 (平成9年)-47号 (平成21年);以後電子資料 (Web)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • HIV感染の確認診断(1996年度) / 森//治代
  • 川畑//拓也
  • 大竹//徹 / 1~6<4524370>
  • 大阪府下で分離されたA群溶血レンサ球菌の血清型と薬剤感受性について(1992年~1996年) / 勝川//千尋
  • 田丸//亜貴 / 7~15<4524371>
  • 大阪府における輸入腸管感染症に関する調査報告-平成8年- / 宮田//義人
  • 勢戸//和子
  • 田口//真澄 / 17~40<4524372>
  • 食肉中の病原性大腸菌O157の検査法の検討および市販食肉からの分離例 / 久米田//裕子
  • 川津//健太郎
  • 浅尾//努 / 41~46<4524373>
  • RBL-2H3細胞における即時型アレルギ-反応に及ぼす多価不飽和脂肪酸の影響 / 高垣//裕
  • 小西//良昌
  • 田中//之雄 / 47~52<4524374>
  • 市販抗菌防臭加工繊維製品の抗菌力評価(第2報) / 宮野//直子
  • 松永//一朗
  • 中島//晴信 / 53~57<4524375>
  • 琵琶湖-淀川水系における有機化合物の指標項目および消毒副生成物質生成能の調査(2)オゾン処理および降雨の影響について / 鵜川//昌弘
  • 宮野//啓一
  • 田中//栄次 / 59~69<4524376>
  • 母乳および血清中の脂肪酸およびビタミンEの同時分析法の検討 / 小西//良昌
  • 杉本//陽子
  • 田中//之雄 / 71~75<4524377>
  • 中高年女性の栄養摂取量と血清脂肪酸組成との関連性 / 住本//建夫
  • 杉本//陽子
  • 村田//弘 / 77~82<4524378>
  • ヒト糞便中の遊離胆汁酸の分析方法の検討 / 吉田//精作
  • 福島//成彦
  • 堀//伸二郎 / 83~89<4524379>
  • 着色料の系統分析法およびホトダイオ-ドアレイ検出器付きHPLCによるモナスカス赤色素の確認 / 吉田//綾子
  • 吉田//政晴 / 91~99<4524380>
  • 女子事務職員と幼稚園教諭および保母との骨密度の比較 / 宮島//啓子
  • 宮野//直子
  • 田淵//武夫 / 101~107<4524381>
  • 防菌防臭加工剤の安全性評価に関する研究--大阪府下における抗菌加工製品の市場実態調査 / 伊佐間//和郎
  • 大森//裕子
  • 中島//晴信 / 109~117<4524382>
  • 四条畷市下水処理場における高度処理のための施設改善調査 / 奥村//早代子
  • 山本//康次 / 119~128<4524383>
  • モデル地域における排水処理汚泥のコンポスト化に関する研究 / 山本//康次
  • 足立//伸一 / 129~140<4524384>
  • 屋外型プ-ル水質の季節変化--災害時利用を目的として / 中野//仁
  • 田中//栄次
  • 平野//昌作 / 141~146<4524385>
  • 大阪府における環境および食品中放射能調査-平成8年度報告- / 鵜川//昌弘
  • 渡辺//功
  • 肥塚//利江 / 147~156<4524386>
  • 大阪府下における水道水源河川の生物調査(1996年)-石川- / 宮島//年男
  • 田中//栄次
  • 肥塚//利江 / 157~167<4524387>
  • HPLCによる製剤中の有効成分の定量法を例にしたキャリブレ-ションと分析法バリデ-ション / 梶村//計志
  • 岩上//正蔵
  • 沢辺//善之 / 169~189<4524388>
  • 内服固形製剤のプロセスバリデ-ションの実際と課題 / 香月//英男
  • 森川//馨
  • 味村//真弓 / 191~197<4524389>
  • 大阪府における日本脳炎に関する疫学調査(1996年) / 奥野//良信
  • 中村//央
  • 木村//朝昭 / 199~201<4524390>
  • In Vitroにおけるマウスの抗体産生能に及ぼすAstragalus属植物の効果 / 横山//浩
  • 梶村//計志
  • 高木//康博 / 203~205<4524391>
  • 膜ろ過による二次処理水質の改善効果 / 中野//仁 / 207~209<4524392>
  • 抄録 モノクローナル抗体を利用したインフルエンザの迅速診断 / 前田章子
  • 加瀬哲男
  • 奥野良信 / p211~211
  • 抄録 日本における小型球形ウイルスのRT-PCRによる検出および遺伝子解析 (英文) / 山崎謙治
  • 大瀬戸光明
  • 勢戸祥介
  • 宇田川悦子
  • 木本達雄
  • 峯川好一
  • 井上栄
  • 山崎修道
  • 奥野良信
  • 大石功 / p211~211
  • 抄録 PCR法による急性出血性結膜炎患者からのエンテロウイルス70の検出 (英文) / 内尾英一
  • 山崎謙治
  • 青木功喜
  • 大野重昭 / p212~212
  • 抄録 エジプト産薬用植物抽出物のHIV-1抑制スクリーニング試験 (英文) / 川畑拓也
  • 大竹徹
  • 森治代
  • 森本素子
  • 上羽昇
  • 楠本イネス倶子
  • Sahar EL-MEKKAWY
  • 服部征雄
  • 難波恒雄 / p212~212
  • 抄録 抗生物質であるボロマイシンは抗HIV活性をもつ (英文) / 河野順
  • 川畑拓也
  • 大竹徹
  • 森本素子
  • 森治代
  • 上羽昇
  • 西尾真樹
  • 絹巻明生
  • 小松原三郎
  • 川島啓助 / p213~213
  • 抄録 高水圧によるヒト免疫不全ウイルスの不活化 (英文) / 中上辰芳
  • 大野広志
  • 重久保
  • 大竹徹
  • 森治代
  • 川畑拓也
  • 森本素子
  • 上羽昇 / p213~213
  • 抄録 アミノ末端とコラーゲン領域を持たない組み換えコングルチニンはコングルチネーション活性の保持は不十分であるが、インフルエンザAウイルスによる赤血球凝集を阻害する能力は保持している (英文) / 江田宗司
  • 鈴木定彦
  • 加瀬哲男
  • 河合高生
  • 大谷克城
  • 坂本隆志
  • 栗村敬
  • 若宮伸隆 / p214~214
  • 抄録 大腸菌群および大腸菌検査におけるフルオロカルト・ラウリル硫酸X-GALブイヨンの評価 / 勢戸和子
  • 田口真澄
  • 小林一寛 / p214~214
  • 抄録 腸管出血性大腸菌の分離培養法 / 塚本定三 / p215~215
  • 抄録 食中毒と食品衛生法の成立 / 塚本定三
  • 本田武司 / p215~215
  • 抄録 赤痢アメーバ原虫のアルコール脱水素酵素をコードすると推測される遺伝子のクローニングとその発現およびその免疫診断法への応用 (英文) / 木村明生
  • 原嘉宏
  • 木本達雄
  • 奥野良信
  • 峯川好一
  • 中林敏夫 / p216~216
  • 抄録 赤痢アメーバ原虫の蛋白質ジスルフィドイソメラーゼ活性部位を含む遺伝子のクローニングとその発現 (英文) / 木村明生
  • 原嘉宏
  • 木本達雄
  • 奥野良信
  • 中林敏夫 / p216~216
  • 抄録 種々の週齢マウスの一次免疫応答能に及ぼす麻黄附子細辛湯の効果 / 高木康博
  • 前田章子
  • 上羽昇
  • 東奈津美
  • 山村博彦
  • 布浦由樹 / p217~217
  • 抄録 ラット好塩基球白血病細胞からのβ-Hexosaminidase遊離に及ぼす香辛料の影響 / 田中之雄
  • 小西良昌
  • 高垣裕 / p217~217
  • 抄録 ラット好塩基球白血病(RBL-2H3)細胞からのβ-Hexosaminidase遊離におよぼす局方外生薬50%メタノール抽出液の影響 / 片岡正博
  • 高垣裕 / p218~218
  • 抄録 マウスの日本脳炎ウィルスによる感染に対する黄耆の腹腔内投与による生体防御効果 (英文) / 梶村計志
  • 高木康博
  • 上羽昇
  • 山崎勝弘
  • 坂上吉一
  • 横山浩
  • 米田該典 / p218~218
  • 抄録 マウスの日本脳炎ウィルスによる感染に対する黄耆の経口投与による生体防御効果 (英文) / 梶村計志
  • 高木康博
  • 上羽昇
  • 山崎勝弘
  • 坂上吉一
  • 横山浩
  • 米田該典 / p219~219
  • 抄録 In Vitroにおける抗体産生能に及ぼす効果を指標とした黄耆の品質について (英文) / 梶村計志
  • 高木康博
  • 上羽昇
  • 味村真弓
  • 坂上吉一
  • 横山浩
  • 米田該典 / p219~219
  • 抄録 ラットグルタチオンS-トランスフェラーゼ5-5を発現する新しい試験菌株(Salmonella typhimuriumNM5004) SOS/umuテスト系を用いたジハロアルカンの遺伝毒性検出 (英文) / 小田美光
  • 山崎浩史
  • R.THIER
  • B.KETTERE
  • F.P.GUENGERICH
  • 島田力 / p220~220
  • 抄録 紫外線によるSOS機能に対するクルクミンの抑制作用 (英文) / 小田美光 / p220~220
  • 抄録 Aspergillus Section Flaviの種の遺伝学的鑑別法--rDNAのITS領域をターゲットとしたSSCP分析--(英文) / 久米田裕子
  • 浅尾努 / p221~221
  • 抄録 PCR法による腸管病原性大腸菌(局在性付着)および腸管集合性大腸菌の検出 / 塚本定三 / p221~221
  • 抄録 非腸管系感染症由来大腸菌のK1抗原検出のためのPCR法の応用と菌の血清型 / 塚本定三 / p222~222
  • 抄録 ウシマンナン結合蛋白のcDNAクローニングとその性質 (英文) / 河合高生
  • 鈴木定彦
  • 江田宗司
  • 大谷克城
  • 加瀬哲男
  • 坂本隆志
  • 藤永陽介
  • 栗村敬
  • 若宮伸隆 / p222~222
  • 抄録 塩化セチルピリジニウムの各種微生物に対する抗菌効力の検討 / 勝川千尋
  • 田丸亜貴
  • 牧野正直 / p223~223
  • 抄録 臨床分離Pseudomonas aeruginosa,Burkholderia cepacia(Pseudomonas cepacia)およびSerratia marcescensに対する各種消毒剤の殺菌効力 / 坂上吉一
  • 三橋晴美
  • 味村真弓
  • 梶村計志
  • 横山浩
  • 香月英男
  • 吉永哲男
  • 田中美智男
  • 松尾清光 / p223~223
  • 抄録 主要な消毒剤(保存剤を含む)登場の歴史経緯と消毒剤抵抗性菌 / 坂上吉一
  • 味村真弓
  • 梶村計志
  • 横山浩 / p224~224
  • 抄録 保湿剤配合消毒剤の殺菌力評価 / 坂上吉一
  • 味村真弓
  • 梶村計志
  • 横山浩
  • 香月英男 / p224~224
  • 抄録 MRSA対応への現状と展開 (その1)--MRSAの定義と出現経緯並びに現状と対策 / 坂上吉一
  • 梶村計志
  • 味村真弓
  • 横山浩 / p225~225
  • 抄録 MRSA対応への現状と展開 (その2)--MRSA対応抗菌加工繊維の開発経緯並びに開発状況 / 坂上吉一
  • 梶村計志
  • 味村真弓
  • 横山浩 / p225~225
  • 抄録 MRSA対応への現状と展開 (その3)--MRSA並びに各種微生物に対する抗菌加工繊維の抗菌力評価法の現状 / 坂上吉一
  • 梶村計志
  • 味村真弓
  • 横山浩 / p226~226
  • 抄録 3病院から分離されたメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)に対する抗生物質および殺菌消毒剤の効果とその推移 / 味村真弓
  • 梶村計志
  • 坂上吉一
  • 横山浩
  • 香月英男
  • 吉永哲男
  • 田中美智男
  • 松尾清光 / p226~226
  • 抄録 浸漬型セラミック膜を用いた生活排水処理と膜汚染 / 山本康次
  • 奥村早代子
  • 松田恒男
  • 鳴上善久
  • 吉崎健 / p227~227
  • 抄録 水質、底質および雨水中のオクタクロロジプロピルエーテルとヘキサクロロシクロヘキサン濃度 / 吉田精作
  • 北川幹也
  • 田口修三
  • 福島成彦 / p227~227
  • 抄録 シロアリ防除家屋におけるS-421の残留状況 / 吉田精作 / p228~228
  • 抄録 家屋内塵芥中の残留オクタクロロジプロピルエーテル / 吉田精作
  • 田口修三
  • 福島成彦 / p228~228
  • 抄録 シロアリ防除家屋における精白米中オクタクロロジプロピルエーテル濃度およびその調理過程における消長 / 吉田精作 / p229~229
  • 抄録 大阪府下で1990年から1994年に採取した畜水産食品中の残留抗菌性物質 / 吉田精作
  • 田口修三
  • 住本建夫
  • 福島成彦 / p229~229
  • 抄録 高速溶媒抽出法を用いた有機リン系農薬の分析(英文) / 尾花裕孝
  • 菊地康介
  • 起橋雅浩
  • 堀伸二郎 / p230~230
  • 抄録 農薬標準品の管理--カリフォルニア州政府農務省検査部門における管理例の紹介 / 尾花裕孝
  • 斎藤勲 / p230~230
  • 抄録 日本人の不溶性食物繊維と可溶性食物繊維の摂取量比 食事記録法による試算と年度別国民栄養調査による考察 (英文) / 西宗高弘
  • 住本建夫
  • 末木賢二
  • 森田茂
  • 岡崎邦夫
  • 中山行穂
  • 市橋彰厚
  • 今中雅章
  • 佐伯清子
  • 山本雄三
  • 足立透
  • 倉科周介
  • 吉田幸雄
  • 森忠繁
  • 宮村恵宜
  • 川畑紀彦
  • 佐藤眞一
  • 小町喜男 / p231~231
  • 抄録 職業性曝露濃度データの逆ガウス分布への適用性 (英文) / 熊谷信二
  • 松永一朗
  • 日下幸則
  • 高木公一 / p231~231
  • 抄録 日本の超硬合金工場におけるコバルト曝露濃度のレベルと変動 (英文) / 熊谷信二
  • 日下幸則
  • 後藤稠 / p232~232
  • 抄録 二硫化炭素曝露労働者における神経伝導速度に関する断面的調査研究(英文) / 平田衛
  • 小川康恭
  • 後藤稠 / p232~232
  • 抄録 21世紀の産業心理学--人にやさしい社会をめざして 4章 コンピューター化・情報化と産業社会 / 田井中秀嗣 / p233~233
  • 抄録 21世紀の産業心理学--人にやさしい社会をめざして 6章 高齢化社会の労働と健康 / 北川睦彦 / p233~233
  • 抄録 作業負担感と仕事の面白さ生活の充実感の関係を探る / 田井中秀嗣 / p234~234
  • 抄録 生薬・漢方製剤の品質管理の現状と課題(その1) / 山崎勝弘
  • 梶村計志
  • 横山浩
  • 香月英男 / p234~234
  • 抄録 生薬・漢方製剤の品質管理の現状と課題(その2) / 山崎勝弘
  • 梶村計志
  • 横山浩
  • 香月英男 / p235~235
  • 抄録 生薬・漢方製剤の品質管理の現状と課題(その3) / 山崎勝弘
  • 梶村計志
  • 横山浩
  • 香月英男 / p235~235
  • 抄録 生薬中の化学的異物(有機塩素系残留農薬)の分析法と現状 / 梶村計志
  • 坂上吉一
  • 横山浩
  • 香月英男 / p236~236
  • 抄録 異物代謝に関与するヒトの胎児肝並びに成人肺チトクロームP450酵素の性質(英文) / 島田力
  • 山崎浩史
  • 味村真弓
  • 若宮伸隆
  • F.P.GUENGERICH
  • 乾之治 / p236~236
  • 抄録 発癌性ジハロアルカン誘導体のサルモネラ菌NM5004に発現させたグルタチオン転移酵素5-5による代謝的活性化および不活性化(英文) / 島田力
  • 山崎浩史
  • 小田美光
  • 平塚明
  • 渡部烈
  • F.P.GUENGERICH / p237~237
  • 抄録 チトクロームP450 1B1による化学的に多種類の前発癌性物質の活性化(英文) / 島田力
  • C.L.HAYES
  • 山崎浩史
  • S.AMIN
  • S.S.HECHT
  • F.P.GUENGERICH
  • T.R.SHUTTER / p237~237
  • 抄録 チトクロームP450 2A6によって触媒されるクマリン7-水酸化活性の日本人と白人の人種差(英文) / 島田力
  • 山崎浩史
  • F.P.GUENGERICH / p238~238
  • 抄録 チトクロームP450 3A4の触媒活性のチトクロームb₅による増大は、電子伝達を必要としない(英文) / 山崎浩史
  • W.W.JOHNSON
  • Y.F.UENG
  • 島田力
  • F.P.GUENGERICH / p238~238
  • 抄録 発現チトクロームP450 2E1やヒト肝ミクロゾームにより触媒された7-エトキシクマリン、クロルゾキサゾン、アニリン、ニトロソジメチルアミンの酸化反応へのチトクロームb₅の要求性(英文) / 山崎浩史
  • 仲野正美
  • E.M.J.GILLAM
  • L.C.BELL
  • F.P.GUENGERICH
  • 島田力 / p239~239
  • 抄録 エリスロマイシン並びにロキシスロマイシンのヒト肝ミクロゾームCYP3A4によるテストステロン、ニフェジピン酸化反応に及ぼす影響(英文) / 山崎浩史
  • 浦野知子
  • 広木繁
  • 島田力 / p239~239
  • 抄録 ロキシスロマイシン、エリスロマイシン、トロレアンドマイシンのラット並びにヒト肝P450酵素による脱メチル化反応に及ぼす影響(英文) / 山崎浩史
  • 広木繁
  • 浦野知子
  • 井上清
  • 島田力 / p240~240
  • 抄録 毒性学における細菌システムの新しい適用(英文) / F.P.GUENGERICH
  • E.M.J.GILLAM
  • 島田力 / p240~240
  • 抄録 日本人と白人におけるCYP2E1活性の生体内並びに試験管内での性質(英文) / R.B.Kim
  • 山崎浩史
  • 千葉寛
  • D.O'SHEA
  • 味村真弓
  • F.P.GUENGERICH
  • 石崎高志
  • 島田力
  • G.R.WILKINSON / p241~241
  • 抄録 ヒトチトクロームP450 1A1:ラットNADPH P450還元酵素の融合タンパクのcDNAの構築と大腸菌での発現、精製、菌体内および単離後の触媒活性について(英文) / Y.J.CHUN
  • 島田力
  • F.P.GUENGERICH / p241~241
  • 抄録 毒性物質のチトクロームP450酵素による活性化--アフラトキシンB₁酸化の位置および立体選択性(英文) / F.P.GUENGERICH
  • Y.F.UENG
  • B.R.KIM
  • S.LANGOUET
  • B.COLES
  • R.S.IYER
  • R.THIER
  • T.M.HARRIS
  • 島田力
  • 山崎浩史
  • B.KETTERER
  • A.GUILLOUSO / p242~242
  • 抄録 チトクロームP450酵素、グルタチオン転移酵素、エポキシド水解酵素のアフラトキシンB₁代謝への関与とヒト肝癌リスクとの関係(英文) / F.P.GUENGERICH
  • W.W.JOHNSON
  • Y.F.UENG
  • 山崎浩史
  • 島田力 / p242~242
  • 抄録 再構成したミセル中でのヒトチトクロームP450 3A4による高い薬物酸化活性 膜電荷の影響(英文) / M.INGELMAN-SUNDBERG
  • A.L.HAGBJORK
  • Y.F.UENG
  • 山崎浩史
  • F.P.GUENGERICH / p243~243
  • 抄録 人の腸内菌によるオキサゼパムからデスメチルジアゼパムへの還元(英文) / 岡村俊男
  • 杉浦渉
  • 宮沢三雄 / p243~243
  • 抄録 残留農薬分析におけるゲル浸透クロマトグラフィー(GPC)移動相の検討 / 起橋雅浩
  • 尾花裕孝
  • 堀伸二郎 / p244~244
  • 抄録 水中シアンの自動分析とチオシアン酸イオンの分別 / 田中栄次
  • 足立伸一
  • 鵜川昌弘 / p244~244
  • 抄録 赤血球における還元型および酸化型グルタチオンのUV検出器付きHPLCによる定量(英文) / 吉田俊明 / p245~245
  • 抄録 保健所と衛生研究所の連携のあり方 / 織田肇
  • 薬師寺積
  • 小町喜男 / p245~245

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 大阪府立公衆衛生研究所研究報告 = Bulletin of Osaka Prefectural Institute of Public Health
著作者等 大阪府立公衆衛生研究所
書名ヨミ オオサカ フリツ コウシュウ エイセイ ケンキュウジョ ケンキュウ ホウコク = Bulletin of Osaka Prefectural Institute of Public Health
書名別名 Bulletin of Osaka Prefectural Institute of Public Health
巻冊次 (35)
出版元 大阪府立公衆衛生研究所
刊行年月 1997-09
ページ数
大きさ 30cm
ISSN 13432923
NCID AA11379908
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00108930
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想