がん看護  4(1)(14)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 6 (1) (通号: 26) 2001.01~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;1巻1号=1号(1996年4月) -

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 ここまで進んでいる症状緩和の技術・1 呼吸系の障害と緩和ケア / / p5~37
  • 特集にあたって / 垣添忠生 / p5~5
  • 呼吸困難に対するモルヒネの持続皮下注療法と吸入療法 / 斎藤龍生
  • 藤川孝子
  • 土屋智 / p6~12
  • 悪性胸水・心囊水のコントロール / 岸野大蔵
  • 江口研二 / p13~18
  • がん性リンパ管症,肺臓炎による呼吸困難のコントロール / 藤城光弘
  • 國頭英夫 / p19~22
  • 気道狭窄へのステント治療 / 稲葉吉隆
  • 荒井保明
  • 松枝清 / p23~27
  • 呼吸困難患者の不安・不眠への対応 / 大野裕
  • 百瀬知雄
  • 浅井昌弘 / p28~32
  • 呼吸困難と看護の立場 / 鑓水理恵子
  • 丸口ミサエ / p33~37
  • 新連載 事例検討 CLINICAL DOCUMENT--「死にたい」と訴える患者への対応を考える / 癌研緩和ケア研究会・定例勉強会 / p40~44
  • Report 第22回死の臨床研究会--基調講演"悪い知らせを伝える実践的方法論"を中心に / 佐藤英俊
  • 阿部まゆみ / p46~47
  • CARE NOW--がん看護のいま ガン研療友会--ストーマケアの発展とともに歩んできたオストメイトの会 / / p49~51
  • 海外がん看護事情 イギリス篇(1)イギリスにおける緩和ケア-診断時から終末期までの一貫した継続看護 / 阿部まゆみ / p54~55
  • 連載講座 JJCCレクチャー 投稿論文の書き方(連載第3回)原著論文の書き方(1) / 小笠原知枝 / p58~69
  • 海外誌から 翻訳・転載 治療法による乳がん患者の倦怠の相違--Oncology Nursing Forum 25(5)から / 松木光子 / p71~77
  • 職場だより 倫理的問題に取り組む / 近藤まゆみ / p39~39
  • 今月のことば 厚生省「がん検診の有効評価に関する研究班」報告書 / 久道茂 / p45~45
  • エッセー / / p1~37,39~47,49~56
  • ひと 癌になって思うこと / 俵萠子 / p1~1
  • 思い出の症例 長命だった末期がん患者 / 武田文和 / p56~56
  • 書評 BOOK『大腸がんカウンセリング』 / 諸田直美 / p53~53
  • 書評 BOOK『癌治療の副作用対策』 / 神田清子 / p53~53
  • INFORMATION / / p52~52,18~18,22~22,27~27,32~32,69~69
  • 投稿規定/次号予告/バックナンバーのご案内 / / p78~79
  • 編集後記 / 垣添忠生 / p80~80

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 がん看護
著作者等 南江堂
書名ヨミ ガン カンゴ
書名別名 Japanese journal of cancer care
巻冊次 4(1)(14)
出版元 南江堂
刊行年月 1999-01
ページ数
大きさ 28cm
ISSN 13420569
NCID AN10536558
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00104381
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想