アレルギー科  10(3)(57)

アレルギー科編集委員会 編

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 19 (4) (通号: 112) 2005.04~21 (6) (通号: 126) 2006.06;本タイトル等は最新号による;1巻1号通巻1号(平成8年1月)~21巻6号通巻126号(June 2006)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 アレルゲンの分子医学(構造,診断・治療への応用) / / p173~214
  • 減感作療法への応用を目的とした"アレルゲン・エンジニアリング"--遺伝子工学的に改変したダニ主要アレルゲンDer f2におけるIgEエピトープの破壊とT細胞エピトープの温存 / 高井敏朗 / p173~178
  • ダニ抗原特異ヒトIgE産生B細胞の特徴とCD47分子による調節 / 野間剛 / p179~184
  • スギ花粉症におけるワクチン開発 / 阪口雅弘,ほか / p185~190
  • 食品アレルゲン構造とIgE抗体 / 宇理須厚雄,ほか / p191~195
  • 牛乳,卵アレルゲンのエピトープ解析と,ペプチドを用いたアレルギー制御の戦略 / 星岡明,ほか / p196~201
  • コメアレルゲン / 白畑實隆,ほか / p202~209
  • 特異的減感作療法の最近の動向 / 奥平博一 / p210~214
  • 活性化Vα14NKT細胞によるTh2反応抑制機構 / 山下政克,ほか / p215~220
  • FcεRIのシグナル伝達とアダプター分子LAT / 木村輝明 / p221~226
  • TGF-βは気管支喘息における気道炎症,気道過敏性を抑制する / 中尾篤人 / p227~231
  • IgEトランスジェニックマウスにおけるFcεRIの高発現 / 久保秀一,ほか / p232~238
  • アトピー性皮膚炎モデルマウス(NC/Ngaマウス)におけるケモカイン,ケモカインレセプターの発現 (特に皮膚病変部) / 東直行,ほか / p239~246
  • IL-5遺伝子発現制御におけるBcl-6の機能 / 有馬雅史 / p247~254
  • 次号予告 / / 号末
  • 投稿規定 / 伊藤幸治
  • 今野昭義
  • 玉置邦彦
  • 羅智靖 / 号末
  • バックナンバー / / 号末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 アレルギー科
著作者等 科学評論社
アレルギー科編集委員会
書名ヨミ アレルギーカ
書名別名 Allergology

Arerugika
巻冊次 10(3)(57)
出版元 科学評論社
刊行年月 2000-09
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 13417584
NCID AN10507298
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00103828
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想