ターミナルケア  7(1)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 11 (1) 2001.01~14 (6) 2004.11;本タイトル等は最新号による;1巻1号から2巻12号までの並列タイトル: Japanese journal of terminal care;1巻1号から13巻6号までの出版者: 三輪書店;刊行頻度, 大きさの変更あり;増刊号とも;1巻1号 (Apr. 1991)-14巻6号 (Nov. 2004);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 モルヒネの副作用対策 / 高宮有介 / p4~52
  • 特集にあたって / 高宮有介 / p4~4
  • モルヒネの副作用の予測と対策 / 高宮有介 / p5~8
  • I モルヒネの副作用に対応するには / / p10~40
  • 便秘に対応する 医師としてできること / 小野充一,他 / p10~16
  • 便秘に対応する 看護婦としてできること / 梅田恵 / p17~21
  • 嘔気・嘔吐に対応する / 小穴正博 / p22~25
  • 眠気に対応する / 白土辰子 / p26~29
  • その他の副作用に対応する 医師としてできること / 的場和子 / p30~36
  • その他の副作用に対応する 看護婦としてできること / 近藤まゆみ / p37~40
  • II 副作用でモルヒネが使用できない場合には / 高宮有介 / p42~52
  • ブプレノルフィンとフェンタニルの使い方 / 池永昌之,他 / p43~48
  • エプタゾシンの使い方 / 松浦礼子,他 / p49~52
  • モルヒネを使いこなすために / / p9~41
  • モルヒネに対する不安をなくすには / 中山康子 / p9~9
  • 在宅でモルヒネを使うには / 西山照恵 / p29~29
  • モルヒネの副作用について説明するには / 鳥居芽 / p41~41
  • ペリスコープ 私のためのグリーフワーク / 波多江伸子 / p3~3
  • Welcome to Terminal Care 家族へのケアをどう考えるか? / 田村恵子 / p53~59
  • PCUデザインの鍵 こうしてよかった こうすればよかった 上尾甦生病院ホスピス / 嘉藤茂 / p60~61
  • 海外事情 カナダにおける子どものためのホスピスケア / 近藤里美 / p62~63
  • 海外文献抄録 化学療法に伴う不安と副作用に音楽と個人的なメッセージが及ぼす影響 / 手島恵 / p64~64
  • 海外文献抄録 良い死に方とは ホスピススタッフと患者の視点の比較 / 的場和子 / p64~64
  • REPORT 第20回日本死の臨床研究会 / 龍野真澄 / p71~71
  • REPORT オーストラリアの緩和ケア事情 キーワードはネットワーク / 編集室 / p72~74
  • 1冊の本 死後 / 八鍬収治 / p81~82
  • 岸本葉子のエッセイ 第1回「プロの技」 / 岸本葉子 / p82~83
  • 死亡患者の家族からみた終末期医療 遺族アンケート調査より / 角田三郎,他 / p84~91
  • ホスピス・緩和ケア病棟協議会ニュース No.3 / 林章敏
  • 田村恵子
  • 磯崎千枝子 / p65~68
  • 緩和ケア病棟承認施設一覧 / / p69~70
  • 今月訪れた緩和ケア病棟 / / p70~70
  • ターミナルケア・ネットワーク / 高田宗明 / p75~77
  • インフォメーション / / p21~21,25~25,52~52,78~80

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 ターミナルケア
著作者等 三輪書店
青海社
書名ヨミ ターミナル ケア
書名別名 Japanese journal of terminal care

The Japanese journal of hospice and palliative care
巻冊次 7(1)
出版元 青海社
刊行年月 1997-01
版表示 CD-ROM版
ページ数
大きさ 26cm
付随資料 GUIDE BOOK (冊 ; 18cm)
ISSN 09170359
NCID AA12585654
AN10353547
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00083836
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想