臨床と薬物治療  6(6)(33)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 15 (6) 1996.06~23 (4) (通号: 205) 2004.04;本タイトル等は最新号による;刊行頻度, 出版者, 大きさの変更あり;6巻3号 = 30号 (1987年5月)-23巻4号 = 205号 (2004年4月)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 序文 / 清水直容 / p1~1
  • 催眠剤,抗てんかん剤 / 三浦貞則
  • 竹内尚子 / p2~6
  • ミダゾラム / / p2~3
  • ゾピクロン / / p4~5
  • ブロマゼパム坐剤 / / p5~6
  • 精神神経用剤 / 神庭重信
  • 八木剛平 / p9~21
  • エチルロフラゼペート / / p9~10
  • クロバザム / / p11~12
  • マレイン酸テシプチリン / / p12~13
  • マジンドール / / p13~14
  • デカン酸ハロペリドール / / p15~16
  • 塩酸チアプライド / / p16~18
  • チミペロン注射剤 / / p18~19
  • フルトプラゼパム / / p19~21
  • 消炎鎮痛剤・抗リウマチ剤 / 安倍達 / p23~41
  • アルミノプロフェン / / p23~24
  • エトフェナマート軟膏 / / p24~25
  • フルルビプロフェン貼付剤 / / p25~26
  • 酢酸ハロプレドン / / p26~27
  • リポステロイド / / p27~28
  • テノキシカム / / p28~29
  • チオブタリット / / p29~30
  • スプロフェン / / p30~31
  • フロクタフェニン / / p31~32
  • ロキソプロフェンナトリウム / / p33~34
  • ケトプロフェン軟膏(ゲル) / / p34~35
  • ピロキシカム軟膏 / / p35~36
  • フェルビナク軟膏 / / p36~37
  • ロベンザリットニナトリウム / / p37~38
  • オーラノフィン / / p39~40
  • ヒアルロン酸ナトリウム / / p40~41
  • その他の神経系医薬品 / 中西孝雄 / p43~45
  • 塩酸チザニジン / / p43~44
  • 酒石酸プロチレリン / / p44~45
  • 強心剤 / 佐藤友英
  • 武士仁彦 / p46~47
  • デノパミン / / p46~47
  • 抗不整脈剤 / 早川弘一 / p49~51
  • 塩酸アプリンジン / / p49~51
  • 降圧剤・利尿剤 / 塩之入洋
  • 杉本孝一
  • 加藤佳史 / p53~65
  • アラセプリル / / p53~55
  • レンチアプリル / / p55~56
  • カプトプリル徐放剤 / / p57~58
  • 塩酸アモスラロール / / p59~60
  • 酒石酸メトプロロール徐放剤 / / p60~61
  • アゾセミド / / p61~62
  • マレイン酸エナラプリル / / p63~65
  • 脳循環代謝改善剤,脳血管拡張剤 / 黒岩義之
  • 東儀英夫 / p68~88
  • アニラセタム / / p68~70
  • 塩酸ビフェメラン / / p70~72
  • ニセルゴリン / / p72~74
  • イブピロジン / / p74~76
  • 塩酸インデロキサジン / / p76~78
  • プロペントフィリン / / p78~80
  • ペントキシフィリン徐放剤 / / p80~81
  • メシル酸ジヒドロエルゴトキシン徐放剤 / / p81~83
  • 塩酸ドパミン / / p83~84
  • フマル酸ニゾフェノン / / p84~86
  • イデベノン / / p86~88
  • 末梢血管拡張剤,末梢循環改善剤 / 宮澤幸久 / p90~93
  • リポPGE₁ / / p90~92
  • ジルメプロスト / / p92~93
  • 抗凝固剤,抗血小板剤 / 松田保 / p95~98
  • 塩酸オザグレル / / p95~96
  • アンチトロンビンIII / / p97~98
  • 抗アレルギー剤,呼吸器官用剤 / 牧野荘平
  • 池森享介
  • 福田健
  • 本島新司 / p101~114
  • レピリナスト / / p101~102
  • イブピロジン / / p102~103
  • 臭化フルトロピウム / / p104~105
  • テオフィリン徐放剤 / / p105~106
  • アモクサノックス / / p106~108
  • オキサトミド / / p108~109
  • 塩酸アゼラスチン / / p109~110
  • 塩酸クレンブテロール / / p111~112
  • 塩酸マブテロール / / p112~114
  • 消化性潰瘍剤,消化器官用剤 / 中村孝司 / p117~127
  • トリモプロスチル / / p117~118
  • ミソプロストール / / p118~119
  • 塩酸ベネキサートβシクロデキストリン包接化合物 / / p119~120
  • オルノプロスチル / / p120~121
  • スピゾフロン / / p121~122
  • チアミン・コバルト・クロロフィリンコンプレックス / / p122~123
  • マレイン酸トリメブチンマイクロカプセル / / p123~124
  • トロキシピド / / p124~125
  • 塩酸ロキサチジンアセタート / / p125~126
  • プラウノトール / / p126~127
  • 肝疾患用剤 / 上村朝輝 / p129~130
  • トリトカリン / / p129~130
  • 蛋白分解酵素阻害剤 / 竹内正 / p132~133
  • メシル酸ナファモスタット / / p132~133
  • ホルモン剤 / 諏訪珹三 / p134~135
  • 酢酸フルドロコルチゾン / / p134~135
  • 鉄剤 / 溝口秀昭 / p136~137
  • クエン酸第一鉄ナトリウム / / p136~137
  • 血液代用剤 / 門田俊夫
  • 玉熊正悦 / p139~140
  • フルオゾールDA / / p139~140
  • 糖尿病性合併症治療剤 / 堀田饒
  • 坂本信夫 / p141~143
  • エパルレスタット / / p141~143
  • 骨粗鬆症治療剤 / 藤田拓男 / p144~147
  • イプリフラボン / / p144~145
  • 合成サケカルシトニン / / p146~147
  • 抗悪性腫瘍剤〔化学療法剤1〕 / 古江尚 / p148~153
  • ラニムスチン / / p148~149
  • ピラルビシン / / p150~151
  • エトポシド / / p151~153
  • 抗悪性腫瘍剤〔化学療法剤2〕 / 小川一誠 / p154~157
  • 塩酸エピルビシン / / p154~156
  • ミトザントロン / / p156~157
  • 抗悪性腫瘍剤〔Interferon〕 / 渡辺直樹
  • 新津洋司郎
  • 漆崎一朗 / p158~163
  • IFN-α / / p159~161
  • IFN-β / / p161~162
  • インターフェロン-γ / / p162~163
  • ウイルス性肝炎治療剤 / 鈴木宏 / p165~168
  • 乾燥リコンビナントインターフェロン-αA / / p165~167
  • 乾燥インターフェロン-β / / p167~168
  • 免疫調節剤 / 松田重三 / p169~174
  • ウベニミクス / / p169~170
  • ノカルディアCWS / / p170~171
  • 塩酸レバミゾール / / p172~173
  • シゾフィラン / / p173~174
  • 抗生物質,化学療法剤 / 嶋田甚五郎 / p177~210
  • フロモキセフナトリウム / / p177~179
  • カルモナム / / p179~181
  • 硫酸イセパマイシン / / p181~182
  • 塩酸シプロフロキサシン / / p183~184
  • 塩酸レナンピシリン / / p184~186
  • トシル酸スルタミシリン / / p186~187
  • アスポキシシリン / / p188~189
  • イミペネム/シラスタチンナトリウム / / p190~191
  • セフテラムピボキシル / / p192~193
  • セファクロル徐放剤 / / p194~194
  • セフィキシム / / p195~196
  • セフチゾキシムナトリウム坐剤 / / p197~198
  • セフゾナムナトリウム / / p199~200
  • セフミノクスナトリウム / / p200~202
  • スルバクタムナトリウム/セフォペラゾンナトリウム / / p202~204
  • セフタジジム / / p204~205
  • セフトリアキソンナトリウム / / p206~207
  • セフピミゾールナトリウム / / p207~209
  • ロキタマイシン / / p209~210
  • 抗真菌剤 / 森健
  • 江部司
  • 池本秀雄 / p213~215
  • ケトコナゾール / / p213~215
  • 抗ウイルス剤 / 岡野善郎
  • 等泰三
  • 加地正郎 / p216~219
  • ブドウ球菌溶解物質 / / p216~217
  • イソプリノシン / / p218~219
  • 麻酔科領域 / 松川公一
  • 山本亨 / p221~225
  • セボフルラン / / p221~222
  • 臭化ベクロニウム / / p222~223
  • 臭化水素酸エプタゾシン / / p224~225
  • 産婦人科領域 / 高木繁夫 / p227~229
  • 塩酸リトドリン / / p227~229
  • 眼科用剤 / 宮永嘉隆 / p230~241
  • セフメノキシム点眼剤 / / p230~231
  • 塩酸ジピベフリン / / p232~233
  • プラノプロフェン点眼剤 / / p233~234
  • オフロキサシン点眼剤 / / p235~236
  • ヒアルロン酸ナトリウム / / p236~237
  • ヒアルロン酸ナトリウム眼科用液剤 / / p237~238
  • ブドウ糖塩類配合剤 / / p239~240
  • インドメタシン点眼剤 / / p240~241
  • 外皮用剤 / 武田克之 / p243~252
  • ブデソナイド / / p243~244
  • 吉草酸デキサメタゾン / / p245~246
  • ジフルプレドナート / / p246~248
  • 塩化リゾチーム / / p248~249
  • ビフォナゾール / / p250~251
  • プロピオン酸デキサメタゾン / / p251~252

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床と薬物治療
著作者等 ありい出版
ミクス
エルゼビアジャパン株式会社
書名ヨミ リンショウ ト ヤクブツ チリョウ
書名別名 Clinics & drug therapy
巻冊次 6(6)(33)
出版元 エルゼビア・ジャパン
刊行年月 1987-10
ページ数
大きさ 29cm
ISSN 09137505
NCID AN10080433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00056044
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想