臨床と薬物治療  16(1)(118)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 15 (6) 1996.06~23 (4) (通号: 205) 2004.04;本タイトル等は最新号による;刊行頻度, 出版者, 大きさの変更あり;6巻3号 = 30号 (1987年5月)-23巻4号 = 205号 (2004年4月)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 脳梗塞の予防-その実際 / / p1~20,23~30,32~35,37~39,41~47,49~53
  • 特集にあたって / 高木誠 / p1~1
  • 脳梗塞の病型診断とその意義 / 峰松一夫 / p2~4
  • 脳梗塞の発症予防 高血圧 / 長田乾 / p5~8
  • 脳梗塞の発症予防 糖尿病 / 杉原浩 / p9~12
  • 脳梗塞の発症予防 脂質代謝異常 / 足立智英
  • 山口修平 / p13~16
  • 脳梗塞の発症予防 心房細動 / 奥田聡
  • 伊藤栄一 / p17~20
  • 脳梗塞の発症予防 一過性脳虚血発作 / 橋本洋一郎
  • 大林光念
  • 木村和美 / p23~27
  • 脳梗塞の発症予防 無症候性脳梗塞 / 岩本俊彦 / p28~30
  • 脳梗塞の発症予防 無症候性頸動脈狭窄 / 稲福徹也 / p32~35
  • 脳梗塞の再発予防 抗血小板薬の作用と使い方 / 濱本真 / p37~39
  • 脳梗塞の再発予防 抗凝固薬の作用と使い方 / 早川功 / p41~44
  • 脳梗塞の再発予防 脳梗塞の病型分類別の再発予防策--治療薬を中心に / 星野晴彦 / p45~47
  • 新しい血栓症治療薬 / 内山真一郎 / p49~53
  • 今月の薬剤 ACE阻害薬 / / p80~93
  • 治療計画のための薬理学 / 橋本潤一郎
  • 今井潤 / p80~84
  • 薬剤選択のレファランス 文献にみる薬剤データ比較一覧 / 徳洲会病院薬剤部 / p85~87
  • 添付文書による副作用一覧 / 『臨床と薬物治療』編集部 / p88~91
  • 私の選んだ常備薬 / / p92~93
  • アラセプリル,塩酸ベナゼプリル / 三谷一裕 / p92~92
  • 塩酸イミダプリル,塩酸テモカプリル / 中村葉二 / p93~93
  • 食品アレルギ-と医療の対応 / 池沢//善郎 / 55~60<4108305>
  • 専門外来 私の処方設計(13)43歳で発症し,トリヘキシフェニジル,ドロキシドパ増量で病状を維持しえている経過16年のパーキンソン病の一例 / 鎌倉恵子 / p66~68
  • シリーズ・診療室から(16)日常の臨床からみた胆道・膵臓疾患の相関性について / 玉沢佳巳 / p71~73
  • アレルギー・フィールドノート(1)日本人の鼻アレルギー有病率-日光と北海道を比較して- / 三好彰
  • 程雷
  • 三邉武幸 / p61~64
  • 臨床医による新薬の評価 クエン酸タンドスピロン / 水津信之 / p75~76
  • 臨床医による新薬の評価 乾燥BCG(膀胱内用) / 山田泰之
  • 佐々木昌一 / p77~78
  • バックナンバー / / p94~94
  • 次号予告 / / p95~95
  • 編集部より / I
  • S
  • H / p96~96

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床と薬物治療
著作者等 ありい出版
ミクス
エルゼビアジャパン株式会社
書名ヨミ リンショウ ト ヤクブツ チリョウ
書名別名 Clinics & drug therapy
巻冊次 16(1)(118)
出版元 エルゼビア・ジャパン
刊行年月 1997-01
ページ数
大きさ 29cm
ISSN 09137505
NCID AN10080433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00056044
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想