Nursing today = ナーシング・トゥデイ  7(5)(74)

日本看護協会出版会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 16 (1) (通号: 188) 2001.01~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;1巻1号 = 1号 (1986年4月)-29巻6号 = 351号 (2014年12月号);以後休刊

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 総特集 看護業務の改革に向けて!-人手不足、離職、バーンアウトから脱却し、専門職としての誇りを回復するために / / p4~77
  • 第1部/システム篇 / 山崎絆 / p5~59
  • (1)役割分担-他職種へ委譲すべき業務 / 山崎絆 / p5~7
  • (1)役割分担-他職種へ委譲すべき業務 / 久保田満子 / p7~10
  • (1)役割分担-他職種へ委譲すべき業務 / 井上千津子 / p10~11
  • (2)勤務体制-フレキシブルな交替制の導入 / 伊藤研 / p12~14
  • (2)勤務体制-フレキシブルな交替制の導入 / 島袋豊子 / p15~17
  • (2)勤務体制-フレキシブルな交替制の導入 / 東克子 / p17~20
  • (3)業務内容分析-ワーキング・スマート / 奥村元子 / p21~23
  • (3)業務内容分析-ワーキング・スマート / 越河六郎 / p23~24
  • (4)病院経営-外注化のメリット / 岩﨑榮 / p25~27
  • (4)病院経営-外注化のメリット / 川崎徳代 / p27~29
  • (5)病院構造-建築上のサポートシステム / 前島滋 / p30~32
  • (5)病院構造-建築上のサポートシステム / 中原保裕 / p33~34
  • (6)職場環境-生き生き働くための整備 / 宮崎雄二 / p51~55
  • (6)職場環境-生き生き働くための整備 / 江尻尚子 / p55~57
  • (7)政治改革-診療報酬、基準看護 / 西村周三 / p58~59
  • 第2部/実態把握篇 / / p60~73
  • 座談会/現場の私たちが考える"業務改革" / 宮子あずさ
  • 竹村里穂
  • 大倉貴子
  • 土川洋子 / p60~68
  • 読者アンケートにみる看護業務に関する問題点あれこれ / / p69~73
  • 第3部/将来篇 / / p74~77
  • 図解/本号特集記事と読者アンケートから考えた マグネット・ホスピタル / / p74~
  • 読者アンケートにみる「私が考える理想の病院」 / / p76~77
  • SERIAL 検査値いろいろ、読み方講座 手術のときの各種検査 (その2) / 佐藤純一 / p36~37
  • SERIAL Q&A・看護アセスメントに役立つ基礎医学の知識 ちょっと詳しい貧血の話 / 川人明
  • 須藤妙子 / p38~41
  • SERIAL 知っていると得をする薬の豆知識 薬の新人たち (その5) / 中原保裕 / p42~42
  • SERIAL ONE POINT LESSON 創傷ケアの科学 消毒薬は創に有効か / 塚田邦夫 / p43~43
  • SERIAL ワーキング・スマート-儀式化した日常ケアのムダを点検する 絆創膏 / 南由起子 / p44~47
  • SERIAL 御意見(有)用誌上フォーラム 離職後の復帰について / 小松寿江子
  • 柳沢絵梨子
  • 神田裕子
  • 楢崎淳子 / p48~50
  • あたたかい物語 / 駒松仁子 / p78~79
  • ニュース・ウォッチング / 村上紀美子 / p35~35
  • 読者からの手紙 / / p80~81
  • 次号予告/編集後記 / 田中
  • 石原
  • 佐藤 / p82~82

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Nursing today = ナーシング・トゥデイ
著作者等 日本看護協会
日本看護協会出版会
書名ヨミ Nursing today = ナーシング トゥデイ
書名別名 ナーシング・トゥデイ

Nursing today
巻冊次 7(5)(74)
出版元 日本看護協会出版会
刊行年月 1992-05
ページ数
大きさ 28cm
ISSN 09122974
NCID AN10085437
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00050086
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想