Brain nursing = ブレインナーシング  3増刊号(32)

国立国会図書館雑誌記事索引 17 (1) (通号: 212) 2001.01~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;1巻1号-7巻3号 (1991年3月) ; 75号 (1991年春季) ; 7巻4号 = 76号 (1991年4月)-;出版地の変更あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 脳神経疾患患者の自立と社会復帰 / / p1~1,9~11,13~19,21~27,29~238,240~288
  • 監修のことば / 高倉公朋 / p1~1
  • 巻頭論文 「1」 脳神経外科と社会復帰 / 高倉公朋 / p9~11
  • 巻頭論文 「2」 神経内科と社会復帰 / 荒木淑郎 / p13~19
  • 巻頭論文 「3」 リハビリテーションと社会復帰--主に神経疾患を対象に / 長谷川恒雄 / p21~27
  • 看護研究・事例を通して考える 自立と社会復帰へ向けての援助 / / ~228
  • 脳神経外科看護における援助の継続--社会復帰へ向けての継続看護の方法論と実践 / 紙屋克子 / p30~36
  • ADL自立への援助 / / p37~103
  • (1) 嚥下障害患者の食事援助に関する一考察 / 牛渡悦子
  • 佐藤洋子
  • 室井トシエ
  • 渡辺あかり / p37~49
  • (2) 植物状態患者の経口摂取への援助 / 赤羽えみ
  • 篠原とし子 / p50~56
  • (3) 排泄の自立への援助--ポータブルトイレの改良を試みて / 氏家久美子
  • 八重樫妹子
  • 伊藤恵美子 / p57~61
  • (4) 排尿自立への援助--膀胱訓練と留置カテーテル抜去を通して考える / 小野多美子
  • 石田美恵
  • 桑原まさ子
  • 高山京子
  • 原千佳子 / p62~65
  • (5) HAM患者の排尿自立への援助 / 網屋タエ子
  • 赤松名和子
  • 植山直美
  • 立野恵子
  • 武市佳子
  • 玉井恵子
  • 中村ゆかり
  • 川原真喜子
  • 田畑さよ子 / p66~71
  • (6) 脊髄髄内,髄外腫瘍患者のADL自立に向けて / 品地智子
  • 中村祥子
  • 城美奈子 / p72~82
  • (7) 復学に向けてのADL自立への援助--周期的に落ち込みを繰り返し,精神的にも不安定な患者を通して / 廣島逸子
  • 板橋公子 / p83~90
  • (8) 脳挫傷で重度障害をもった患者のADL拡大 / 青沼京子
  • 小林由華
  • 佐藤博子
  • 高綱裕美
  • 高橋安津子
  • 橋本いづみ
  • 三井田恭子 / p91~94
  • (9) 閉じ込め症候群を呈した患者へのアプローチ--コミュニケーションの方法を工夫して / 堀池淑重 / p95~98
  • (10) 医療従事者に対して拒絶を示す失語症患者の看護--入院から退院までのプロセスを通して / 高橋菊枝
  • 鈴木保子
  • 星野七重
  • 山本寿美子
  • 田高紀子
  • 金川叔子
  • 古伯麻紀
  • 昆野奈緒美
  • 阿部智美
  • 渡辺弘子
  • 佐藤麻弓
  • 星良子
  • 川村八恵
  • 梁田友子 / p99~103
  • 看護の継続と連携 / / p104~180
  • (1) 脳腫瘍患者の在宅療養をめぐって / 浅野妙子 / p104~111
  • (2) 重度障害患者の継続看護--地域医療機関との連携を通じて / 多田陽子
  • 中谷喜世
  • 上田喜久代
  • 三宅徹也 / p112~119
  • (3) 病棟と訪問看護婦との連携--高度技術を要する退院患者への援助 / 杉本万理子
  • 鳥居淳子
  • 栗田田鶴子
  • 松井順子
  • 近藤千恵子
  • 上野桂子 / p120~126
  • (4) 病棟と保健婦との継続看護 / 神坂百合子 / p127~131
  • (5) 医療チームにおける連携を考える--自宅退院困難な高齢者患者の看護を通して / 太田久子
  • 米倉由美子 / p132~136
  • (6) 在宅ケアに向けての医療チームの連携アプローチ / 北村しのぶ
  • 高沢洋子
  • 石田隆
  • 中川加代子 / p137~141
  • (7) 右片麻痺・失語症の患者の家庭復帰--リハビリとの連携を中心に / 舩崎ひさみ
  • 斉藤桂子
  • 山田善枝
  • 上田友子
  • 金城智恵子
  • 西山志津子 / p142~147
  • (8) 患者自立へ向けてのケー[ス]ワーカーとの連携 / 町田智子
  • 泉和恵
  • 福澤本子 / p148~153
  • (9) 本院・分院の連携による継続看護 / 工藤修子
  • 菊地美和子 / p154~158
  • (10) リハビリテーション看護のよりよい連携--春髄腫瘍により対マヒとなった症例の継続を追って / 山下令子
  • 佐々木とし子
  • 三沢君江
  • 新妻静子
  • 荒川京子
  • 斎藤カツ子 / p159~167
  • (11) 2施設における脳挫傷患者の自立への援助と連携 / 小林薫
  • 三島やえ子
  • 薮下泰世
  • 橋本千穂子
  • 幸福秀和
  • 加藤裕子
  • 本田綾子
  • 久保直子 / p168~180
  • 退院へ向けての指導・援助 / / p181~228
  • (1) 在宅診療に備えての退院時看護援助について / 川村佐和子
  • 長沢つるよ / p181~184
  • (2) 脳卒中高齢患者の家庭復帰へ向けて--外泊訓練を行って / 高木茂 / p185~190
  • (3) パーキンソン病患者の退院へ向けての援助 / 芦田美子
  • 緒方涼子
  • 渡辺和代
  • 高戸サチヱ / p191~200
  • (4) 片麻痺患者の自立と退院へ向けて / 坂本ひろみ
  • 鈴木恵
  • 松井絹枝
  • 真鍋弥生
  • 山川依江
  • 今田真智子 / p201~207
  • (5) 退院時の家族への援助--姉夫婦宅への退院を通して / 横田典子
  • 西野葉子
  • 多田由佳
  • 藤倉理砂 / p208~212
  • (6) 若い主婦の家庭復帰へ向けての援助--家族指導を行った一例を通して / 佐藤恵子
  • 大嶋順子
  • 久保静江 / p213~217
  • (7) 植物症状態患者の家族への退院指導の実際 / 渡辺藤恵
  • 新宅美恵子
  • 名越典子
  • 大床美保子
  • 光畠八重子
  • 安田義子 / p218~222
  • (8) 脳外科病棟における家族のかかわりの一指導方法--患者の身の回りの世話を通じて / 佐々木尚子
  • 檜森理智子
  • 今井瑞穂
  • 植津勝則
  • 近藤美幸
  • 守田麻子
  • 佐藤千恵子
  • 藤田晴美
  • 金沢良美 / p223~228
  • 社会復帰と医療ソーシャルワーカーの役割 / 山口ハツヨ / p229~238
  • 脳神経疾患患者の活用できる社会資源 / 室田人志 / p240~256
  • 写真でみる看護介助の実際 脳血管障害患者のADL指導 / 藤原康治
  • 久保幸子
  • 青木喜子 / p257~272
  • (1) ベッドポジショニング / / p258~258
  • (2) 坐位への起き上がり / / p259~260
  • (3) 車椅子への移乗動作と車椅子ポジショニング / / p261~262
  • (4) トイレ動作 / / p263~264
  • (5) 更衣動作 / / p265~269
  • (6) 食事動作 / / p270~271
  • (7) 自主訓練・レクリエーション他 / / p272~272
  • 体験を通して語る・患者の声 医療・看護に望むこと / / ~287
  • もっと優しい心で / 横田三郎 / p274~279
  • 信頼できる人間性 / 三好弘 / p280~283
  • 難しい失語症患者の社会復帰 / 田村利男 / p284~287

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Brain nursing = ブレインナーシング
著作者等 メディカ出版
書名ヨミ Brain nursing = ブレイン ナーシング
書名別名 ブレインナーシング
巻冊次 3増刊号(32)
出版元 メディカ
刊行年月 1987-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 09108459
NCID AN10067639
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00042417
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想