精神科看護  25(5)(70)

日本精神科看護協会 [編集]

国立国会図書館雑誌記事索引 28 (1) (通号: 100) 2001.01~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度, 出版地の変更あり;編者変遷: 日本精神科看護協会 (1巻1号-1巻2号) → 日本精神科看護技術協会 (3号-37巻3号);出版者変遷: 日本精神科看護協会 (1巻1号-1巻2号) → 日本精神科看護技術協会 (3号-v. 29, no. 12);臨時増刊号あり;1巻1号=1号(昭和49年10月) ; 1巻2号=2号 ; 3号 - 68号 ; 25巻4号=69号(1998年6月) -;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 家族看護研究所 渡辺裕子さん / 太田知子
  • 森裕貴 / p1~4
  • 巻頭言 / 鈴木啓子 / p5~5
  • 特集 アドボカシー / / p8~41
  • 欧米での精神障害者のアドボカシーの発展から学べること / 池原毅和 / p8~12
  • 初めての院内患者権利擁護(PA)活動を通して / 小林信子 / p13~17
  • 当事者団体と報道の連携 / 安藤明夫 / p18~22
  • 保護室病棟における患者の権利を擁護した看護 / 釜英介 / p23~27
  • 地域社会におけるアドボカシーの取り組み / 郭春生
  • 宇佐美しおり / p28~30
  • 当事者の求める権利擁護 / 山口弘美 / p31~33
  • 保護室体験から考えた権利擁護 / 安田愛 / p34~36
  • 日本における精神障害者のアドボカシー / 位田浩 / p37~41
  • 平成9年度精神科認定看護婦・看護士11名合格 / 菊池ヨシ子
  • 島村清子
  • 森由里
  • 菊地宏昭
  • 小竹洋子
  • 間文彦
  • 高橋政代
  • 高橋みち子
  • 千葉信子
  • 天岡憲子
  • 山元恵子 / p42~47
  • 看護婦・看護士養成制度に関する意識調査 / 松尾真規子
  • 森田千恵子
  • 末安民生
  • 鈴木啓子
  • 田中正廣
  • 為金義博
  • 藤野ヤヨイ
  • 山内真知子 / p48~52
  • 精神看護学の教育カリキュラム(2)大学カリキュラムにおける精神看護学の位置づけと教育展開 / 近澤範子 / p54~59
  • 臨床に役立つ看護研究(2)研究テーマの設定 / 森千鶴 / p60~63
  • 自立を支えるケア技術(2)精神科看護婦(士)のケアリング行動の特徴 / 畦地博子 / p64~67
  • 海外では,いま… クラブハウス方式に学ぶ《アメリカ》 / 長谷川雅美 / p68~69
  • ナースのための医療経済(2)短期入院外来診療は得か / 藤野ヤヨイ / p70~71
  • 精神科治療構造論(その2) / 武井満 / p72~74
  • リレーエッセイ(2) / 吉野淳一 / p75~75
  • 本との話 「心を病む人々への六章」「つい誰かに話したくなる雑学の本」 / 湯沢治雄 / p76~77
  • ニュースクリップ / 仲地珖明 / p78~79
  • レポート-私たちの実践 家族と寄り添う看護者としての歩み / 渡辺裕子 / p80~82
  • 近頃気になるこの言葉(2)セルフヘルプグループ / 佐藤優子 / p83~83
  • インフォメーション / / p12~12,41~41
  • 「精神科看護」投稿規定 / / p53~53
  • 日精看専門学会・看護制度フォーラム案内 / / p27~27,30~30
  • 編集室 / C.M / p84~84

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 精神科看護
著作者等 日本精神科看護協会
日本精神科看護技術協会
精神看護出版
『精神科看護』編集委員会
書名ヨミ セイシンカ カンゴ
書名別名 Japanese journal of psychiatric nursing

The Japanese journal of psychiatric nursing

Seishinka kango
巻冊次 25(5)(70)
出版元 精神看護
刊行年月 1998-07
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 09105794
NCID AN00127971
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00042024
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想