JJNスペシャル  (39)

国立国会図書館雑誌記事索引 (69) 2001.04~;本タイトル等は最新号による;「看護学雑誌」の別冊;No.1(July 1986) -

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 本書を読まれるみなさんへ / 鈴木篤
  • 川島みどり / p5~5
  • 看護ケアとしての被覆・包帯法 / ~45
  • 被覆・包帯法の基礎 / 川島みどり / p8~13
  • 創部の被覆,包帯の歴史 / p8~10
  • ドレッシング法と包帯法の概念と目的 / p10~12
  • 看護ケアとしてのドレッシングと包帯法 / p12~12
  • 包帯装着の評価 / p13~13
  • 創傷の治癒過程と創傷処置 / 鈴木篤 / p14~21
  • 清潔な創部の止血と縫合 / p14~14
  • 汚染創のデブリードマンと創開放の意味 / p14~16
  • 感染防御と創傷治癒の阻害因子 / p16~18
  • 感染創における浸出液や膿の意味 / p18~20
  • 開放創の肉芽形成・表皮再生 / p20~21
  • 創傷治癒から瘢痕化・ケロイド予防まで / p21~21
  • 創傷状態に対応したドレッシング[1] / 鈴木篤 / p22~28
  • 清潔手術創 / p22~24
  • 準清潔手術の一次縫合創 / p24~28
  • 創傷状態に対応したドレッシング[2] / 鈴木篤 / p29~33
  • 新鮮汚染創 / p29~29
  • 新鮮化膿創 / p29~30
  • 壊死創 / p30~32
  • 難治性の開放創 / p32~33
  • 創傷状態に対応したドレッシング[3] / 鈴木篤 / p34~35
  • 浸出液が少ない第II度熱傷まで / p34~34
  • 浸出液の多い第II度熱傷 / p34~35
  • 焼痂がある第III度熱傷 / p35~35
  • 創傷状態に対応したドレッシング[4] / 鈴木篤 / p36~37
  • パウチング法 / p36~37
  • ハイドロ・コロイド・ドレッシング材の利用 / p36~36
  • 看護ケアとしてのドレッシングの基本手技 / 岩沢光子
  • 近藤弘子 / p38~43
  • ドレッシングの墓本 / p38~41
  • 軟膏処置の基本 / p42~43
  • 包帯交換車 / 加藤光宝 / p44~45
  • 包帯法の基礎 / ~55
  • 基本となる包帯の巻き方,とめ方,つなぎ方 / p48~55
  • 環行帯 / p48~48
  • らせん帯 / p49~49
  • 蛇行帯 / p49~49
  • 麦穂帯 / p50~50
  • 折転帯 / p51~51
  • 亀甲帯 / p52~53
  • 包帯のとめ方 / p54~55
  • 包帯のつなぎ方 / p55~55
  • 三角巾,多頭帯,T字帯の使い方 / ~71
  • 三角巾(1)頭部 / p58~59
  • 三角巾(2)上肢 / p60~61
  • 三角巾(3)胸部 / p62~65
  • 多頭帯(1)腹帯 / p66~67
  • 多頭帯(2)胸帯 / p68~69
  • T字帯 / p70~71
  • 部位別手技編 / ~177
  • 頭部,顔面,目,耳 / p74~91
  • 伸縮絆創膏による眼瞼の被覆 / p74~74
  • 伸縮絆創膏による耳朶の被覆 / p75~75
  • 伸縮絆創膏による耳後部の被覆 / p76~77
  • 伸縮包帯による耳後部の被覆 / p78~79
  • 胃管の固定 / p80~83
  • 頭部の小さい創の被覆 / p84~85
  • 伸縮絆創膏による後頸部,毛髪の生えぎわの被覆 / p86~87
  • 顔面全体の被覆 / p88~90
  • 頭部全体の被覆 / p91~91
  • 下顎,頸部 / p92~97
  • ガーゼと絆創膏による項部の被覆 / p92~93
  • ガーゼによる頸部全体の被覆 / p94~94
  • 気管切開部の保護 / p95~95
  • フレームカラー,ポリネックによる頸部の安静と固定 / p96~97
  • 肩,上肢 / p98~103
  • ストッキネットによる上肢の高挙 / p98~99
  • 伸縮絆創膏による腋窩の創の被覆 / p100~101
  • 伸縮包帯による上腕,肩,胸部の被覆 / p102~103
  • 手部,手関節 / p104~123
  • 伸縮包帯による母指の被覆 / p104~105
  • 伸縮絆創膏による母指の被覆 / p106~107
  • 伸縮絆創膏による母指,示指間の被覆 / p108~109
  • 伸縮包帯による手全体の被覆[1] / p110~112
  • 伸縮包帯による手全体の被覆[2] / p113~115
  • 伸縮絆創膏による肘の被覆 / p116~117
  • 副子,装具による手関節と手指の安静,固定 / p118~123
  • 胸部 / p124~127
  • 伸縮絆創膏による乳房の被覆 / p124~124
  • 伸縮ネット包帯による胸部の被覆 / p125~125
  • デゾー包帯法による鎖骨骨折時の固定 / p126~126
  • バストのバンドによる肋骨骨折時の固定 / p127~127
  • 腹部,腰部 / p128~135
  • 管の固定 / p128~131
  • 伸縮ネット包帯による腰部の被覆 / p132~133
  • プレパンツによる大腿部の被覆と固定 / p134~135
  • 背部 / p136~140
  • 粘着ドレッシングによる背部の被覆 / p136~136
  • ガーゼと絆創膏による背部の被覆 / p137~138
  • 硬膜外カテーテルの固定 / p139~140
  • 会陰部,肛門部 / p141~147
  • 伸縮絆創膏による直腸切断術直後の会陰部の被覆 / p141~142
  • ガーゼと吸収パッドによる肛門部の被覆 / p143~143
  • 伸縮絆創膏による肛門周囲感染創の被覆 / p144~145
  • 伸縮絆創膏による会陰部・肛門周囲の被覆 / p146~146
  • ガーゼによる包茎手術創の被覆 / p147~147
  • 下肢 / p148~167
  • 伸縮絆創膏による膝の被覆 / p148~149
  • 弾性包帯による膝の被覆,安静,固定 / p150~151
  • 伸縮包帯による大腿の被覆 / p152~153
  • 大腿切断端の被覆 / p154~156
  • ハイドロ'コロイド・ドレッシングによる下腿の被覆 / p157~157
  • ロバートジョーンズの包帯による膝の安静と固定 / p158~159
  • 副子,装具による下肢の安静と固定 / p160~161
  • 創外固定器による下肢の安静,固定,脚延長 / p162~163
  • ギプスによる下肢の安静と固定 / p164~165
  • テーピングによる膝の安静と固定 / p166~167
  • 足部,足関節 / p168~177
  • 伸縮包帯による母趾の被覆 / p168~170
  • 伸縮絆創膏による母趾の被覆 / p171~172
  • 伸縮包帯による踵部,足関節の安静と固定 / p173~174
  • テーピングによる足部の安静と固定 / p175~177
  • 牽引 / ~187
  • 牽引療法 / p180~181
  • 頭頸部直達牽引(クラッチフィールド牽引) / p182~182
  • 頭頸部介達牽引(グリソン牽引) / p183~183
  • トラクションバンドによる下肢の牽引 / p184~187
  • その他のケース / ~196
  • カテーテル,ドレーン挿入部の固定と被覆 / 鈴木篤 / p190~191
  • 中心静脈カテーテル挿入部の被覆 / p190~190
  • 胸腔ドレーン挿入部の固定 / p190~191
  • 術後腹腔ドレーンの被覆 / p191~191
  • 腹腔内感染ドレナージの場合の被覆 / p191~191
  • 消化管のドレッシング / 鈴木篤 / p192~193
  • 胃瘻・腸瘻チューブ挿入部の被覆 / p192~192
  • 消化管液(腸液,胆汁,膵液)の浸出部の被覆 / p192~193
  • 熱傷のケア / 近藤弘子 / p194~194
  • 熱傷処置の基本 / p194~194
  • 保存的局所療法としての各種ドレッシング法 / p194~194
  • 創傷のホームケア指導 / 岩沢光子
  • 近藤弘子 / p195~196
  • 創傷のある患者の心理と社会生活 / p195~195
  • どういう場合にホームケアの対象となるか / p195~195
  • ホームケアのポイント / p195~195
  • 指導の実際 / p195~196
  • 外来での事例 / p196~196
  • 資料 / 杉本郁子 / p197~199
  • 包帯の種類と特徴 / p197~197
  • 絆創膏の種類と特徴 / p198~198
  • ガーゼの種類 / p199~199
  • 吸収パッド(あて綿)の種類 / p199~199
  • NOTE / 鈴木篤 / p16~28
  • 創傷に関する用語の解説 / p16~16
  • ドレッシングの概念と用語,分類の基本 / p25~25
  • 閉鎖性ドレッシング(close dressing)の実際 / p27~27
  • 開放創に対するドレッシング / p27~27
  • 軟膏療法の適応と種類 / p28~28
  • 生体被覆材(biological dressing)・人工皮膚によるドレッシング / p28~28

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 JJNスペシャル
著作者等 医学書院
書名ヨミ JJN スペシャル
書名別名 JJN special
巻冊次 (39)
出版元 医学書院
刊行年月 1994-05
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 09123741
NCID AN10039371
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00050570
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想