香川県衛生研究所報  (26)

香川県衛生研究所

国立国会図書館雑誌記事索引 (28) 2000~;本タイトル等は最新号による;大きさの変更あり;5号(昭和51年度) - 28号(平成12年度);以後廃刊

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 概要 1. 沿革 / / p1~1
  • 概要 2. 職員の配置状況 / / p1~1
  • 概要 3. 業務分担 / / p2~2
  • 概要 4. 職員の異動 / / p3~3
  • 概要 5. 庁舎及び施設の概要 / / p4~5
  • 概要 6. 主要備品 / / p6~6
  • 概要 7. 経理状況 / / p7~8
  • 概要 8. 業務概要 / / p9~15
  • 概要 9. 学会・論文等の報告 / / p16~16
  • 概要 10. 講演・研修の概要 / / p17~17
  • 概要 11. 衛生研究所規則 / / p18~18
  • 急性食中毒発生時の迅速分析法の検討 (1) -アジ化ナトリウム- / 藤田久雄
  • 毛利孝明
  • 西岡千鶴
  • 吉田明美
  • 砂古口博文
  • 黒田弘之 / p19~24
  • 水道水質検査におけるICP質量分析の導入について / 砂古口博文
  • 藤田久雄
  • 毛利孝明
  • 黒田弘之 / p25~30
  • ICP-MS分析におけるマトリックスの影響について--As,Se,Sbの場合 / 砂古口博文
  • 藤田久雄
  • 毛利孝明
  • 黒田弘之 / p31~35
  • 低濁度測定時の精度管理について / 藤田久雄
  • 秋山睦美
  • 砂古口博文
  • 黒田弘之 / p36~39
  • 加工食品由来のパラオキシ安息香酸エステル類及びノルビキシンの一日摂取量について / 毛利孝明
  • 藤田久雄
  • 西岡千鶴
  • 吉田明美
  • 黒田弘之 / p40~45
  • 有機塩素化合物等による食品汚染の研究(第12報)香川県における流通農産物の残留実態について(1994~1998) / 西岡千鶴
  • 吉田明美
  • 藤田久雄
  • 毛利孝明
  • 黒田弘之 / p46~50
  • 生食用野菜の下痢原性大腸菌汚染状況(第3報) / 藤井康三
  • 砂原千寿子
  • 十川みさ子
  • 山中康代
  • 三木一男
  • 山西重機 / p51~52
  • 感染症発生動向調査におけるウイルス分離の現況 (1998) / 三木一男
  • 来美由紀
  • 亀山妙子
  • 山西重機 / p53~58
  • 1998/99シーズン香川県におけるインフルエンザの流行 / 亀山妙子
  • 三木一男
  • 山西重機 / p59~64
  • 感染症発生動向調査における病原細菌分離の現況 (1998) / 砂原千寿子
  • 山中康代
  • 藤井康三
  • 十川みさ子
  • 山西重機 / p65~69
  • 香川県衛生研究所における喀痰集検12年間の成績 / 山内豊子
  • 久保裕子
  • 池内清美
  • 辻厚子
  • 小林省二
  • 片山宏
  • 藤田甫 / p70~74

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 香川県衛生研究所報
著作者等 香川県衛生研究所
書名ヨミ カガワケン エイセイ ケンキュウジョホウ
書名別名 Report of the Kagawa Prefectural Institute of Public Health

Kagawaken eisei kenkyujoho
巻冊次 (26)
出版元 香川県衛生研究所
刊行年月 1998
ページ数
大きさ 30cm
ISSN 02896737
NCID AN00037890
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00040796
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想