日本病跡学雑誌  (26)

日本病跡学懇話会 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 51) 1996.05~;本タイトル等は最新号による;出版地の変更あり;出版者変遷: 日本病跡学懇話会 (-16号);頒布者変遷: 金剛出版 (22号-72号);[ ]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集・自殺と病跡 / / p2~39
  • シンポジウム「自殺と病跡」にあたって / 大原健士郎 / p2~2
  • 川端康成--死生感と自殺 / 稲村博 / p3~10
  • 芥川龍之介の自殺に関する家族病理と精神病理 / 岩井寛 / p11~17
  • 三島由紀夫--偏執性異常性格者の病跡と自殺 / 梶谷哲男 / p18~23
  • ゴッホの自殺 / 徳田良仁 / p24~31
  • 太宰治・境界例者の自殺 / 米倉育男 / p32~38
  • 司会者の感想 / 大原健士郎 / p39~39
  • 特別講演 アーサー・コナン・ドイルの無意識--シャーロック・ホームズ物語への投影 / 小林司 / p40~50
  • ドクトル大石誠之助の病跡学的研究--「甘え」の視点からの考察 / 岩崎正夫 / p51~62
  • 漱石の作品にみる「体格」と「性格」 / 高橋正雄 / p63~70
  • 手塚治虫論(3)--『火の鳥』の生命観 / 早野泰造 / p71~77
  • 石川啄木の歌稿ノート「暇ナ時」の分析--とくに集中的大量作歌について(4) / 大沢博 / p78~84
  • 訪古叢談 (5)・乃木静子と殉死 / 王丸勇 / p86~87
  • 新刊紹介 王丸勇著:精神科医からみた日本の英雄 王丸勇著:病跡学・史学閑談 塩崎淑男著:パトグラフィー研究 / 吉村博任 / p88~88
  • 書評 吉村博任著:泉鏡花の世界--幻想の病理-- / 中谷陽二 / p89~89
  • 書評 長谷川泉編:病跡からみた作家の軌跡 / 小見山実 / p90~90
  • 第30回日本病跡学会総会を担当して--裏話あれこれ / 米倉育男 / p91~91
  • 学会だより / / p92~93
  • 日本病跡学会会則 / / p94~94
  • 投稿規定 / / p95~95
  • 編集後記 / M. K. / p95~95
  • 投稿に関してのお願い / / p87~87
  • 学会開催と演題募集のお知らせ / / p70~70

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本病跡学雑誌
著作者等 日本病跡学会
日本病跡学懇話会
書名ヨミ ニホン ビョウセキガク ザッシ
書名別名 Japanese bulletin of pathography

Nihon byosekigaku zasshi
巻冊次 (26)
出版元 日本病跡学会
毎日学術フォーラム
刊行年月 1983-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 02858398
NCID AN00196679
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00036657
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想