月刊ナーシング = Nursing  6(7)(68)

国立国会図書館雑誌記事索引 21 (1) (通号: 257) 2001.01~;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of nursing (1巻1号-8巻13号)→ The Japanese journal of nursing, Nursing (9巻1号-15巻6号);1巻1号 = 1号 (1981年4月)-;1巻1号から29巻11号までの出版者: 学習研究社;29巻12号から35巻11号までの頒布者: 学研マーケティング

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 看護に生かすコミュニケーション・スキル / / ~951
  • 巻頭インタビュー 人としての"かかわりあい"を深めるコミュニケーション 共感的な理解者になるために / 木戸幸聖 / p850~856
  • ともに同じことをし,ともに楽しみを探す 脳血栓で言葉を失ったヤスエおばあちゃんと仲間たちのコミュニケーション / 編集部 / p858~861
  • 患者は語る 心の扉をたたいた言葉 荒れ狂う私を背負って夜桜をみに連れ出してくれたナースの背の温かさが語りかけたもの / 大石邦子 / p862~865
  • 患者は語る 失われたコミュニケーションを取り戻すまで 声も文字も表情・身ぶりまでも失った私が"50%の自己表現"を獲得するまで / 安井信朗 / p866~870
  • どの命も,かけがえのないたった1つの命です その命を尊ぶ,温かい心で患者の心に接してほしい / 小林完吾 / p872~875
  • クリニカル・レポート 「1」重度失語症患者とのコミュニケーション達成のためのケア・プロセス 日常生活行為の回復段階に対応した"待つコミュニケーション・スキル"を考える / 遠藤尚志 / p878~884
  • クリニカル・レポート 「2」全失語・失行・失認をきたした老人脳梗塞患者との非言語的コミュニケーション 基本的ニードの充足過程に対応したアプローチを試みて / 佐田幸子
  • 久保静江 / p885~890
  • 永久に"声を失った"患者とのコミュニケーションを考える 甲状腺癌で気管切開術を受けたSさんとのかかわりを通して / 宝田さよ子 / p892~895
  • クリニカル・レポート 「3」ALS患者に安心のコミュニケーションをもたらす"ナースコール"の工夫 試行錯誤のなかでみつけた残存機能を生かして / 伊藤ゆり・ほか / p899~905
  • クリニカル・レポート 「4」意思伝達機能が障害されている在宅ALS患者へのコミュニケーション・ケア タイプライターの導入と家族への支援を中心に / 関谷栄子
  • 牛込三和子 / p906~911
  • クリニカル・レポート 「5」"聞こえない・しゃべれない"患者といかにコミュニケーションをはかるか 四肢麻痺のある聾啞者に絵カードと統一ゼスチャーを試みて / 林田恵美子・ほか / p914~918
  • クリニカル・レポート 「6」集中治療・拘束状況下にある重篤患者とのコミュニケーション・スキルを考える ICUに入室した回復度の異なる2事例を通して / 原田和子 / p919~924
  • ワンポイント 患者さんのこんな"ひと言" 食事についていろいろなことを聞くのは,本当は経管栄養にするかどうか検討しているからではないですか? / 竹谷英子 / p925~925
  • 学びの場からのレポート / / p928~938
  • 「1」肌と肌とが"ふれあう"看護の大切さについて 人工呼吸器装着患者・Sさんとのかかわりを通して学んだこと / 小川真理 / p928~932
  • 「2」患者に関心を注ぎ"訴えを受容"していく態度の大切さについて かたくなだった幻覚妄想患者とのふれあいを通して学んだこと / 長谷川久子 / p933~938
  • 調査レポート 特別養護老人ホーム利用者のコミュニケーションに関する検討 "語りあうこと"その実態と意義を考える / 多田敏子・ほか / p940~945
  • ミニファイル 表情のコミュニケーション 自殺したアイドル歌手の"表情"の読み方・読まれ方 / 石川元 / p912~913
  • ミニファイル まなざしのコミュニケーション "まなざしが生命を育み癒す瞬間,傷つけゆがめる瞬間 / 渡辺直樹 / p926~927
  • 赤ちゃんは泣き声でなにを訴えている? ME分析でわかった乳児の"泣きわけ"コミュニケーション / 小林健二 / p946~948
  • 病床での学びから 重篤なアナフィラキシー・ショック患者のニードに関する自己体験 / 馬場昌子 / p955~962
  • 臨床に生かしたい"くすり"の話 -3 くすりで病気は治せるのでしょうか? / 中原保裕 / p966~969
  • ベッドサイド・ケアを再考する "疾患をもつ患者"によくみられる問題状況とデイリー・ケアの展開 (7) THR(人工股関節全置換術)を受ける変形性股関節症患者-術前・術後の筋力面の問題状況から / 森川美代子
  • 岡田八千恵
  • 松田明子 / p971~977
  • ベッドサイドを科学する -18 ドレナージの調節中枢は"1本のガラス管"にあり?! / 平田雅子 / p978~982
  • 巻末連載 ベッドサイドのリハビリテーション ADLからQOLへ 視覚に障害をもつ患者のQOL向上のために
  • 視力障害のある患者の看護 / 大川弥生 / 巻末No.1~12
  • 3月号案内 / / p896~896
  • 4月号案内 / / p949~949
  • 4月臨時増刊号案内 / / p965~965
  • 5月号案内 / / p983~983
  • 7月号予告・編集室 / 中村 / p984~984

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 月刊ナーシング = Nursing
著作者等 学研メディカル秀潤社
学習研究社
書名ヨミ ゲッカン ナーシング = Nursing
書名別名 The Japanese journal of nursing

Nursing
巻冊次 6(7)(68)
出版元 学研プラス
学研メディカル秀潤社
刊行年月 1986-06
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03898326
NCID AN00357348
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00035099
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想