精神分析研究 = The Japanese journal of psycho-analysis  40(5)

日本精神分析学会

国立国会図書館雑誌記事索引 40 (3) 1996.07~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;[v. 1, no. 1]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集「児童治療の理論と実践」 / / p403~517<4108269>
  • 特集号刊行にあたって / 小此木啓吾
  • 北山修 / p403~404
  • 講演と討論の記録 児童精神分析と児童精神療法--その共通点と相違点,遊びとその臨床 / Paulina F. Kernberg / 405~418<4108270>
  • 英国の児童精神分析の理論と実際--クライン派の児童分析を中心にして / 木部 則雄 / 419~434<4108271>
  • プレエディプス期からエディプス期への移行を橋渡しする父親について--吃音児との遊戯療法の経験から / 山崎 篤 / 435~443<4108272>
  • 児童治療における象徴の理解と言語的介入の工夫について--豊かな象徴を示した8歳男児の遊戯療法から / 三木 都 / 444~462<4108273>
  • 自閉的な子どもとの治療的かかわり(その1)自己感の発達をともにし,象徴的表現が芽生えるまで / 森 さち子 / 463~492<4108274>
  • 児童治療における重症のパ-ソナリティ障害をもった親とのかかわり / 小此木 啓吾
  • 深津 千賀子 / 493~508<4108275>
  • 遊びの真剣さを促す治療者の役割 / 平野 直己 / 509~517<4108276>
  • 第4回「デルフィー国際精神分析シンポジウム」に参加して / 岩崎徹也 / p518~519
  • フレッド・パイン著斎藤久美子・水田一郎監訳「臨床過程と発達--精神分析的考え方・かかわり方の実際(1)(2)」 / 小此木 啓吾 / 520~522<4108277>
  • 書評 松木邦裕著「対象関係を学ぶ一クライン派精神分析入門」 / 権成鉉 / p523~524
  • 第4回多文化間精神医学会ご案内 / / p434~434
  • 医薬品副作用被害救済制度について / / p522~522

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 精神分析研究 = The Japanese journal of psycho-analysis
著作者等 日本精神分析学会
日本精神分析学会編集委員会
書名ヨミ セイシン ブンセキ ケンキュウ = The Japanese journal of psycho-analysis
書名別名 The Japanese journal of psycho-analysis
巻冊次 40(5)
出版元 日本精神分析学会
刊行年月 1996-11
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 05824443
NCID AN00128318
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00033216
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想