精神分析研究 = The Japanese journal of psycho-analysis  20(2)

日本精神分析学会

国立国会図書館雑誌記事索引 40 (3) 1996.07~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;[v. 1, no. 1]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 1. 導入期の不安と治療構造 / 福田秀次 / p51~52
  • 2. あるヒステリー症者の分析 / 安岡誉
  • 久保義彦
  • 山本典史 / p52~52
  • 3. 一分裂病者の入院精神療法過程 / 斉藤篤 / p53~53
  • 4. 一慢性分裂病者の精神療法過程--治療者認知をめぐって / 平野功 / p54~56
  • 5. 精神分裂病の精神療法--一症例に見る患者の同一化と治療者の逆転移 / 田村敏昭 / p56~59
  • 6. 「育ててもらう」と強迫的態度 / 荒木富士夫 / p60~60
  • 7. 境界例治療の一例 / 織田尚生
  • 藤井省三
  • 田中雄三 / p60~60,61~61
  • 8. 境界例患者の不安と治療の終結--2人の分析医での治療反応の相違 / 田辺健一 / p61~62
  • 9. 精神病の集団精神療法--その方法的工夫と対象関係について / 森省二
  • 坪井弘次
  • 佐藤信幸 / p62~63
  • 10. 妄想型分裂病者の投影的同一視と自我の統合--攻撃性の解釈技法において / 中里弘 / p63~65
  • 11. 精神分裂病の精神療法過程に於るoedipus的状況--逆転移洞察過程と中立的態度を中心として / 中村瑠木子 / p65~66
  • 12. 二重拘束と治療的距離のとりかた / 坂口信貴 / p66~67
  • 13. 精神分裂病者の持つ"Das Unheimliche"について / 坂本健二 / p67~67
  • 14. 日本人の初期経験--比較文化的検討に関する予備報告 / 古沢頼雄 / p68~68
  • 15. 心身症に対する交流分析(その3) / 杉田峰康 / p68~68,69~69
  • 16. 三世代にわたる対人力動を基盤にした-思春期青年の混乱 / 堤啓 / p69~70
  • 17. 初老期女性患者の父親固着とそれからの離脱 / 奥村幸夫 / p70~71
  • 18. Dying Patientの精神分析的アプローチ(2)胃癌であることを知った中年男子の夢分析 / 河野博臣 / p71~72
  • 19. 自由連想を経過するうちに、治療場面に頻発した多彩な強迫症状の意味するもの / 小林和 / p72~73
  • 20. 或る強迫神経症の精神分析(第一報) / 中野良平 / p73~74
  • 21. 頻発する行動化と抑うつ反応--強迫神経症の精神力動の一側面 / 牛島定信 / p74~74,75~75
  • 1. 強迫神経症の症状理解と治療技法をめぐって / 赤座叡 / ~77
  • 2. 強迫神経症二態 / 植村彰 / p77~78
  • 3. 強迫神経症の治療経験とその理解 / 乾吉佑 / p78~79
  • 4. 強迫神経症と強迫性格--投影法テストと精神療法の照合から / 馬場礼子 / p79~81
  • 5. 精神分析的にみた強迫神経症--Freud.Sとその後 / 小此木啓吾 / p81~82
  • 6. 強迫の意味するもの / 西園昌久 / p82~83

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 精神分析研究 = The Japanese journal of psycho-analysis
著作者等 日本精神分析学会
日本精神分析学会編集委員会
書名ヨミ セイシン ブンセキ ケンキュウ = The Japanese journal of psycho-analysis
書名別名 The Japanese journal of psycho-analysis
巻冊次 20(2)
出版元 日本精神分析学会
刊行年月 1975-09
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 05824443
NCID AN00128318
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00033216
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想