救急医学 = The Japanese journal of acute medicine  21(13)(250)

へるす出版 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 9 (7) 1985.07~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;臨時増刊号あり;1巻1号 = 1号 (1977年5月)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 脳蘇生の可能性をさぐる / 有賀徹 / p1653~1747<4355735>
  • エディトリアル 救急医学と脳蘇生について / 有賀徹 / p1653~1654
  • 脳浮腫と脳腫脹 / 伊藤 梅男 / 1655~1664<4355737>
  • 神経細胞死 / 塩田 清二 / 1665~1668<4355738>
  • 神経再生 / 古川 昭栄
  • 新田 淳美 / 1669~1673<4355739>
  • 脳血流代謝モニタリング / 畝本 恭子
  • 中林 基明 / 1676~1679<4355741>
  • 重症脳障害患者の脳蘇生と電気生理学的モニタリング
  • 病態解析と予後判定 / 塩貝 敏之 / 1680~1690<4355742>
  • 心肺脳蘇生法 / 岡元 和文
  • 菊田 浩一
  • 久木田 一朗 / 1691~1695<4355743>
  • 薬物療法 / 新井 達潤
  • 足立 尚登 / 1697~1700<4355744>
  • 低体温療法 / 岡田 保誠
  • 杉田 学
  • 繁田 正毅 / 1701~1706<4355745>
  • 蘇生後脳症への挑戦 / 小浜 啓次
  • 青木 光広
  • 福田 充宏 / 1709~1715<4355747>
  • 重症頭部外傷への挑戦
  • 頭皮上脳波の平坦化と脳蘇生の可能性 / 金 弘
  • 唐沢 秀治 / 1716~1720<4355748>
  • 重症くも膜下出血への挑戦 / 佐藤 章 / 1721~1727<4355749>
  • 重症脳梗塞への挑戦 / 小川 彰
  • 土肥 守 / 1731~1736<4355750>
  • 遷延性意識障害の治療 / 山本 隆充
  • 片山 容一 / 1737~1742<4355751>
  • リハビリテ-ションと長期予後 / 奥 憲一 / 1743~1747<4355752>
  • 心電図演習 ・31 / 大濱永俊 / p1750~1754
  • 学会報告 第4回国際神経外傷シンポジウム / 池田幸穂 / p1755~1755
  • 海外報告 オ-ストラリアにおけるRoyal Flying Doctor Service(RFDS)および急患搬送の現状と日本への導入の必要性 / 小浜 正博 / 1756~1759<4355733>
  • 外傷性胃損傷の検討 / 磯谷 正敏
  • 山口 晃弘
  • 北川 雄一 / 1760~1762<4355734>
  • 症例報告 腰痛に対する筋肉注射からの感染が原因と考えられた多臓器不全の1例 / 小田佳代子 他 / p1763~1766
  • 症例報告 小児進行性頭蓋骨骨折の1症例 / 伊藤陽子 他 / p1767~1770
  • 症例報告 心室細動に至ったライター燃料ガス吸引の1例 / 目崎亨 他 / p1771~1773
  • お知らせ / / p1673~1673,1690~1690,1706~1706,1720~1720
  • バックナンバー / / p1754~1754
  • 投稿規定 / / p1775~1775
  • 次号予告 / / p1776~1776
  • 第21巻総目次・執筆者名索引・key word索引 / / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 救急医学 = The Japanese journal of acute medicine
著作者等 へるす出版
書名ヨミ キュウキュウ イガク = The Japanese journal of acute medicine
書名別名 The Japanese journal of acute medicine

Kyukyu igaku
巻冊次 21(13)(250)
出版元 へるす
刊行年月 1997-12
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 03858162
NCID AN00053627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00030226
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想