看護展望  20(10)(239)

国立国会図書館雑誌記事索引 26 (1) (通号: 308) 2001.01~;本タイトル等は最新号による;[1巻1号=1号] -

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集/教育の場で看護診断をいかに教えるか / / ~58
  • 看護診断の教育に携わる教師に望むこと / 大島弓子 / p18~22
  • 教員としての私のスタンスと学生への伝え方 / / p23~37
  • 看護診断ではなく看護過程を教授する NANDAの看護診断体系を組み入れた看護過程の具体的な授業の試案 / 黒田裕子 / p23~27
  • 単純化しスムーズな流れをつくる / 古橋洋子 / p28~31
  • 教員は学生に何を期待するのかを明確にすべき / 熊谷智子 / p32~37
  • 臨床実習における教員のかかわり 生きた看護診断とするために / / p38~58
  • 指導側の能動的な学習や姿勢こそ問われている / 大谷英子 / p38~47
  • 精神科領域の立場から / 柴田恭亮 / p48~51
  • 学生の理解度を把握しながらすすめる / 生田美苗
  • 川﨑純子 / p52~58
  • 看護部長からのメッセージ 小さな病院だからこそできることがあるのです / 河野總子 / p1~3
  • 看護管理質問箱 看護士だからといって特殊な部署ばかりに配属されるのだが / 上野正文 / p6~7
  • 看護教育質問箱 学生が患者と良い関係を構築できるよう援助するには? / 森千鶴 / p8~9
  • ニュース展望 インフォームド・コンセントの在り方に関する検討会報告書 / / p10~12
  • スケジュール / / p13~13
  • 教育・指導に活かすカウンセリング・プロセス (9) 各論II グループ・アプローチの過程(3)
  • 多様な課題とアイス・ブレーキング / 諏訪茂樹 / p14~16
  • 婦長のための問題解決術 (9) 主任に自らの役割を認識させるには? / 増子ひさ江
  • 川端大二 / p60~64
  • コンピュータ導入・活用のプロセス JR東京総合病院の場合 (3) 看護システムの実際と導入のメリット・デメリット / 竹本敬子・他 / p65~75
  • 授業活性化のワザとコツ 「手術を経験する患者の看護」の授業を創る 第三世代に向けて / 井上智子 / p76~79
  • シリーズ=人間と看護を考える 育てる 女性の職場教育をめぐって 1 / 嶋森好子
  • 笠井玲子 / p80~88
  • 教育レポート 学生の死生意識から看護教育を考える 短期大学看護学科学生の意識調査より / 内野幸子
  • 原田美佐 / p96~101
  • 調査レポート 臨床看護婦への放射線に関する研修の必要性とそのあり方 / 別所遊子
  • 草間朋子 / p102~106
  • 5年目ナースのもの思う日々 その研究発表にて / 金坂奈緒美 / p90~91
  • Books & Literatures 生と死をみつめなおすための本 / 中島修平 / p92~95
  • 投稿規定 / / p51~51
  • INDEX / / p107~111
  • 編集室 / 中村
  • 藤本 / p112~112

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 看護展望
著作者等 メヂカルフレンド社
書名ヨミ カンゴ テンボウ
書名別名 Japanese journal of nursing science

The Japanese journal of nursing science

Kango tenbo
巻冊次 20(10)(239)
出版元 メヂカルフレンド社
刊行年月 1995-09
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0385549X
NCID AN00046610
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00029855
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想