月刊放送ジャーナル  11(10)(119)

放送ジャーナル社 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 29 (4) (通号: 311) 1999.05~;本タイトル等は最新号による;改題注記 : 「メディアjournal」の改題, 巻次を継承

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集/UHF・FM新免多局化と相互乗入れ / / p7~14,16~34,36~37,40~42,44~46
  • シリーズ・テレビ相互乗入れを考える (1) 民放テレビ相互乗入れ問題を問う 全国民放2局地区アンケート調査 / 安藤龍夫 / p7~14
  • 全国に見る民放UHF・FM新免多局化の現況 1府20余県に及ぶ実態と新たな問題 / 編集部 / p16~21
  • 自主調整軌道に乗るか仙台地区 商工会議所勢中心に発起人選考委 / / p22~22
  • 財界長老斡旋奏功の静岡地区 西部浜松地区の本社,代取容認か / / p23~23
  • 県知事が調停役返上の金沢地区 北陸3県広域化,非営利論もとひ出す / / p24~24
  • 11月予備免許到達の広島地区 松田代表で初ナイターFM局説も / / p25~25
  • 概ね一本化間近かの長崎地区 今里調停重複か,暫時冷却期間か / / p26~26
  • 九州南部UHF新免競願調整状況 予備免許到達の熊本 鹿児島は年内か / 編集部 / p27~31
  • 岡・高地区相互乗入れと第5新局割当発表! 2県4波~2県5波化を同時プラン化 / 編集部 / p42~42
  • (株)熊本県民テレビ一本化と予備免許の全容 予免条件・主たる株主・役員予定者など / 編集部 / p40~41
  • 57年秋開局目指すFM北海道 先発局と提携,50%自社制作志向 / / p44~45
  • 57年2月開局目指すFM愛媛 料金発表,いよいよ本番体制 / / p46~46
  • 特別資料 UHF・FM多局化のあゆみ (1)複数化から第3~第5局化まで (2)FM放送免許の経緯 / / p32~34
  • グラビア ACT,VTR車新設しテレビ制作業務を拡充 / / p36~
  • 多様化時代へ決意新たに民間放送30周年記念大会開催 民放の特性発揮し国民生活に貢献…と大会宣言 / / p48~49
  • 変貌する世界のメディア (54) ヨーロッパにおける放送ビジネスの動向 / 片方善治 / p50~53
  • CATV総点検 (7) 自主放送 / 小川光男 / p54~55
  • 松下電器もビデオセンター設立 赤坂に「NAV」開館,11月2日一般業務開始 / / p65~65
  • CATV北から南から「わが町わがテレビ」 / / p56~56
  • BOOK GUIDE 猪木俊一著・新評社刊「四畳半テレビ電波大作戦」 / 山本諭 / p57~57
  • MONTHLY MEMO / / p58~58
  • 行政時報 / / p60~60
  • ラ・テ月報 / / p62~63
  • ビデオ時評 / 矢 / p64~65
  • 新製品紹介 / / p66~67
  • 編集局 / A / p68~68
  • 既刊案内 / / p69~69

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 月刊放送ジャーナル
著作者等 放送ジャーナル社
書名ヨミ ゲッカン ホウソウ ジャーナル
書名別名 月刊

放送ジャーナル
巻冊次 11(10)(119)
出版元 放送ジャーナル社
刊行年月 1981-11
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03853810
NCID AN00074183
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00029544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想