月刊放送ジャーナル  13(11)(142)

放送ジャーナル社 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 29 (4) (通号: 311) 1999.05~;本タイトル等は最新号による;改題注記 : 「メディアjournal」の改題, 巻次を継承

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I CATV広告メディア論 / / p7~10,12~16,18~36,38~42
  • 広告媒体としてのCATVの実情と可能性 アメリカにおけるケーブルテレビCMの実態 / 松平恒 / p7~10
  • CATVインフォマーシャル番組考 味の素KKお料理&お買物情報広告効果調査より / 味の素広告部
  • 電通マーケティング局媒体分析部 / p12~16
  • 日本のCATV・CM放送の現況 広告料金・制作体制・年間売上げetc<本誌調査概要> / S / p18~19
  • 特集II 第9回「日本CATV大賞」自主番組コンクール CATVの本質はやはり"地域性"にあり 審査会から贈賞式・発表会までコンクールのすべて / 編集部 / p20~27
  • CATV自主番組コンクールの審査にあたって / / p28~36
  • CATVに迫るもの / 磯村英一 / p28~28
  • 地域性から普遍性へ / 伊藤酒造雄 / p29~29
  • 入賞作品に社会的な光を / 片方善治 / p29~30
  • 人々に何を訴えるか / 金子覚 / p30~31
  • CATVの原点とは何か / 小松崎清介 / p31~32
  • 地域との密着感を大切に / 立石雄三 / p32~32
  • 多チャンネルの本質を見た / 藤岡伸一郎 / p32~33
  • 詩とローカリズムの精神 / 柳治郎 / p33~34
  • 地域メディアの3つの条件 / 山田実 / p34~35
  • 編成の基本はコミュニティ型 / 山本諭 / p35~36
  • "地域"の意味にかなって / 村上昌 / p36~36
  • 第9回「日本CATV大賞」入賞の喜び / / p38~42
  • 受賞の喜びを島の人々と / 小形嘉奈子 / p38~38
  • 大人の心を開かせなければ / 佐藤洋治 / p38~39
  • CATVとして市民権を得た / 奥住英二 / p39~40
  • 地域に生きるCATVの必然 / 砂川健次 / p40~40
  • 市民総参加型の番組を主流に / 大野裕志 / p40~41
  • 大島典子さんの退社の花道に / 猪木俊一 / p41~42
  • 住民と行政のパイプ役として / 向井利彦 / p42~42
  • グラビア 第9回「日本CATV大賞」贈賞式・発表会 / / p44~
  • 基幹都市・福岡に本格的CATV誕生 2チャンネル・リースで開局した西日本ケーブルテレビ / 編集部 / p48~51
  • CATVレポート コミュニティメディアとしてのCATVの課題 CATV研究資料センター第3回公開セミナー報告 / 山本諭 / p52~56
  • CATVの普及に伴う産業・社会へのインパクト 郵政省の調査報告書概要 / 編集部 / p58~61
  • 変貌する世界のメディア (75) FCC対メディア産業動のき / 片方善治 / p62~65
  • ビデオ・トピックス 業務用ビデオにCG本格採用作品登場 / / p73~73
  • 新刊紹介 特撮CMとコンピュータグラフィックス / / p73~73
  • CATV北から南から「わが町わがテレビ」 / / p66~66
  • MONTHLY MEMO / / p67~67
  • 行政時報 / / p68~69
  • ラ・テ月報 / / p70~71
  • ビデオ時評 / 矢 / p72~72
  • 新製品紹介 / / p74~75
  • 編集局 / S / p76~76
  • 既刊案内 / / p77~77

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 月刊放送ジャーナル
著作者等 放送ジャーナル社
書名ヨミ ゲッカン ホウソウ ジャーナル
書名別名 月刊

放送ジャーナル
巻冊次 13(11)(142)
出版元 放送ジャーナル社
刊行年月 1983-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03853810
NCID AN00074183
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00029544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想