臨床免疫  29(5)(323)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I リンパ球の自己制御表面分子 / / p537~561
  • CTLA-4によるT細胞活性化の抑制 / 大木伸司,ほか / p537~542
  • Fasの発現によるリンパ球のアポトーシス誘導 / 高山大 / p543~549
  • Fcγレセプターを介するB細胞の抑制 / 高井俊行,ほか / p550~555
  • MHCクラスIレセプターによるNK活性の抑制 / 斉藤彰一,ほか / p556~561
  • 特集II 炎症と免疫応答のクロストーク / / p562~597
  • PAF / 本田善一郎 / p562~569
  • プロスタノイド / 佐野統 / p570~578
  • NOとIDDM / 谷口直之 / p579~584
  • フリーラジカル / 佐藤英介,ほか / p585~591
  • ケモカイン :10年の歴史と今日の話題 / 吉村禎造 / p592~597
  • 外来性抗原の処理と提示 / 木南//英紀 / 598~603<4207219>
  • 自己抗原としてのDNA依存性プロテインキナーゼ / 八木孝司,ほか / p604~609
  • 四肢リンパ浮腫に対するリンパ球動注療法の作用機序 / 吉栖正典,ほか / p610~615
  • ヒトIL-5遺伝子転写とアレルギー--IL-5特異的転写因子の存在について / 森晶夫,ほか / p616~623
  • ストレス惹起アポトーシスにおけるセラミド--SAPK/JNKカスケードの関与 / 水島昇 / p624~630
  • Fas異常とヒトリンパ球増殖症候群 / 大野一郎,ほか / p631~637
  • NK細胞およびNK1.1⁺T細胞活性化におけるNKR-P1分子の機能 / 荒瀬規子,ほか / p638~644
  • サイトカインによるCOX-2の発現調節機構 / 遠藤健,ほか / p645~650
  • Bcl-2/Baxとアポトーシス / 太田邦雄,ほか / p651~659
  • HTLV-Iによる神経病変の発症機序 / 大矢宰,ほか / p660~666
  • 次号予告 / / 号末
  • バックナンバー / / 号末
  • 投稿規定 / / 号末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology

Rinsho men'eki
巻冊次 29(5)(323)
出版元 科学評論社
刊行年月 1997-05
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想