臨床免疫  24(2)(260)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I 最近の注目すべき話題 / / p169~239
  • 多能性幹細胞の単離と培養の可能性 / 岡田誠治,ほか / p169~176
  • 樹状細胞分化因子について / 高橋聖之,ほか / p177~182
  • 抗CD3抗体によるアロ抗原特異的T細胞トレランスの誘導 / 長澤正之 / p183~188
  • ヘルペスウイルス(HHV-6)によるCD4分子の発現誘導--AIDS発症の補助因子か / 堀内三吉,ほか / p189~195
  • IgG-Fc部の糖鎖とマクロファージFcレセプター / 能勢眞人 / p196~206
  • 抗リン脂質抗体の対応抗原 / 松浦栄次,ほか / p207~214
  • HSPと自己反応性 / 松﨑吾朗 / p215~219
  • MHCクラスIIGVHRの特徴 / 藤原道夫,ほか / p220~225
  • 臓器移植後におけるリンパ系悪性腫瘍の発生 / 丸山俊昭,ほか / p226~231
  • 経鼻接種インフルエンザワクチン / 田村慎一,ほか / p232~239
  • 特集II サイトカインの注目すべき側面 / / p240~308
  • Th1とTh2の抗原反応におけるIL-1依存性の相違 / 川野豊 / p240~248
  • IL-1/TNF一αによるヒト絨毛性ゴナドトロピンの分泌調節 / 松崎昇,ほか / p249~256
  • ループスマウスマクロファージにおけるIL-1発現異常 / 小林清一,ほか / p257~262
  • IL-1レセプター・アンタゴニストの臨床的応用の可能性 / 鈴木博史 / p263~266
  • IL-6,IL-2遺伝子導入癌細胞による抗腫瘍効果 / 北原美佐,ほか / p267~275
  • IL-6の骨吸収作用と骨芽細胞における産生の制御 / 宮浦千里,ほか / p276~282
  • LAK細胞活性のサイトカインによる調節
  • IL-4およびIL-7の役割 / 内田温士,ほか / p283~288
  • 寄生虫感染におけるIgE産生の制御機構--特にサイトカインの関与 / 山岡國士 / p289~294
  • G-CSF投与による固形腫瘍増殖の亢進 / 瀬川耕太郎,ほか / p295~301
  • TNFによる乾癬の治療 / 竹松英明,ほか / p302~308
  • 次号予告 / / 号末
  • 免疫薬理投稿規定 / / 号末
  • バックナンバー / / 号末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology
巻冊次 24(2)(260)
出版元 科学評論社
刊行年月 1992-02
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想