臨床免疫  25(5)(275)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I インターフェロンによる免疫系の調節 / / p547~577
  • インターフェロンシステム--概説 / 荒井澄夫,ほか / p547~553
  • インターフェロン・レセプターとシグナル伝達 / 斉藤早久良,ほか / p554~560
  • インターフェロン発現誘導の分子機構 / 渡辺伸昌 / p561~567
  • インターフェロンと他のサイトカインとの相互作用 / 今西二郎 / p568~572
  • インターフェロンによる接着分子・MHC発現調節 / 永井由美子,ほか / p573~577
  • 特集II 気管支喘息の発症機序をめぐる最近のトピックス / / p578~602
  • 気管支粘膜組織におけるサイトカイン産生 / 中島宏和,ほか / p578~582
  • 気管支喘息肺組織における接着分子の発現 / 大河原雄一,ほか / p583~588
  • 抗接着分子抗体による好酸球集積阻止の試み / 伊泊大造,ほか / p589~595
  • 気管支喘息における可溶性ICAM-1分子とその意義について / 茆原順一,ほか / p596~602
  • T細胞活性化におけるcostimulatory signal / 八木田//秀雄 / p603~610<3830075>
  • B細胞活性化におけるCD40分子の役割 / 野々山//恵章 / p611~615<3830074>
  • NK1.1⁺CD4⁺T細胞 / 荒瀬尚 / p616~622
  • 血管内皮細胞の老化におけるIL-1の意義--アンチセンスオリゴマーの活用 / 坪井五三美,ほか / p623~628
  • 造血幹細胞の増殖,分化におけるFGFの意義 / 奈良信雄 / p629~636
  • エイコサペンタエン酸は抗原提示細胞を抑制する / 山下直宏,ほか / p637~645
  • NK細胞由来細胞傷害タンパク :フラグメンチンによるDNA分断とアポトーシス / 内田温士,ほか / p646~650
  • μ-surrogate L鎖(μSLC)複合体によるL鎖遺伝子再構成の誘導 / 鍔田利恵子,ほか / p651~658
  • 腸管リンパ組織と神経ペプチド / 大久保暢之,ほか / p659~665
  • 骨代謝におけるサイトカインの関与--TGFβ,BMPについて / 野田政樹 / p666~670
  • 次号予告 / / 号末
  • バックナンバー / / 号末
  • 投稿規定 / / 号末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology
巻冊次 25(5)(275)
出版元 科学評論社
刊行年月 1993-05
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想