放送学研究  (39)

日本放送協会・放送文化研究所 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 3) 1962.09~(通号: 50) 2001;本タイトル等は最新号による;編者変遷: 日本放送協会放送文化研究所 (-9) → 日本放送協会総合放送文化研究所 (10-34) → 日本放送協会放送文化調査研究所 (35-40) → 日本放送協会放送文化研究所 (41-50);出版者変遷: 日本放送出版協会 (-42) → 丸善プラネット (43-50);刊行頻度の変更あり;1(1961) - 50(2001);以後廃刊;総目次: 50収載

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集・メディアと公共性の現在-放送と公共性・再考- / / p5~209<2940683>
  • はじめに / / p5~5
  • 市民的公共性への構造転換の可能性 / 佐藤 慶幸 / p7~22<2940684>
  • 知識人の現在と公共性 / 杉山 光信 / p23~44<2940685>
  • 戦前日本における新聞ジャ-ナリズムの変容と「公共サ-ビス」認識 / 塚本 三夫 / p45~64<2940686>
  • 公共サ-ビス放送--英国における論争 / アナン 卿
  • 石川 旺 / p65~86<2940687>
  • イギリスの放送における公共サ-ビスの理念--基本原理 / Broadcasting Research Unit
  • 前田 満寿美 / p87~127<2940688>
  • 放送の公共性と放送の自由--西ドイツの公共放送の場合 / 石川 明 / p129~150<2940689>
  • マスメディアの公共性とプライバシ- / 林 利隆 / p151~169<2940690>
  • テレビニュ-スの多様化とその内実 / 上滝 徹也 / p171~183<2940691>
  • テレビ編成の多様性と公共性 / 田村 穣生 / p185~209<2940692>
  • アメリカにおける「放送」の産業的形成--「放送」観の発生と変容を中心として / 水越 伸 / p211~238<2940741>

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 放送学研究
著作者等 日本放送協会放送文化研究所
日本放送協会放送文化調査研究所
日本放送協会総合放送文化研究所
書名ヨミ ホウソウガク ケンキュウ
書名別名 Studies of broadcasting

Hosogaku kenkyu
巻冊次 (39)
出版元 丸善
丸善プラネット
刊行年月 1989-03
ページ数
大きさ 21cm
ISSN 04395980
NCID AN0022634X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00021926
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想