日本医事新報  (2206)

日本医事新報社

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 1341) 1950.01~(通号: 1809) 1958.12 ; (通号: 3914) 1999.05.01~;本タイトル等は最新号による;130/131号から2540号までの並列タイトル: Japanese medical journal 178号まで旬刊;[1号] -

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 銷夏特集 『緑陰随筆』(2) / / p4~18,21~24,27~38,45~56,65~74,77~80,83~90
  • 東銀座だより-平板な厚生白書 / / p135~136
  • 人-大鶴正満氏 / / p135~135
  • 閑窓夜話(七六五) / 高橋毅一郎 / p136~136
  • 医事案内 / / p170~171
  • 画報 Culdoscopy(カラー) / 林基之 ほか / p21~24
  • 画報 X線写真ライブラリー / 中野昇 / p77~80
  • 続預血・献血・売血 / 田村博道 / p105~106
  • 郡市医師会が計画した郡民結核集団検診は事業として成り立つか / 川本勉 / p106~108
  • 赤痢の家族感染を防ごう / 輿石新 / p108~109
  • 私のベトナム観 / 劉文雄 / p109~110
  • 高橋功先生のモンボ・セレスタン少年呼び寄せの企てにお力をどうぞ! / 金田光雄 / p110~111
  • 医療は金のかかるものなり / 保坂俊三 / p111~111
  • 書評 David Yi-Yung Hsia他著『Inborn Errors of Metabolism』(1・2) / 北川照男 / p111~112
  • ニューズ / / p115~126,129~136
  • 基金の窓(7)診療報酬の請求事務(支払基金の現状4) / 東京都支払基金 / p125~125
  • 一週一話 非活動性膵島腫瘍 / 梅山馨 / p153~153
  • 私の考え方 ペニシリンの使用及びショックと医師の責任 臨床の立場から / 北原静夫 / p154~155
  • 私の考え方 ペニシリンの使用及びショックと医師の責任 法医学の立場から / 上野正吉 / p155~155
  • 質疑応答 / / p156~169

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本医事新報
著作者等 日本医事新報社
書名ヨミ ニホン イジ シンポウ
書名別名 Japan medical journal
巻冊次 (2206)
出版元 日本医事新報社
刊行年月 1966-08
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03859215
NCID AN00185592
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018317
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想