日本医事新報  (1031)

日本医事新報社

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 1341) 1950.01~(通号: 1809) 1958.12 ; (通号: 3914) 1999.05.01~;本タイトル等は最新号による;130/131号から2540号までの並列タイトル: Japanese medical journal 178号まで旬刊;[1号] -

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 第二「空襲醫學」特輯號 / 三木良英
  • 防空醫人訓 空襲下醫人の心構 / 三木良英 / p3~3
  • 防空醫人訓 防空に對する心構 / 田中肥後太郞 / p4~4
  • 防空醫人訓 空襲實感 / 加藤寬二郞 / p4~5
  • 體驗篇 救急處置に關する偶感 / 名倉重雄 / p5~5
  • 體驗篇 空襲を受けて / 島信 / p5~6
  • 體驗篇 火焰を潜りて / 岡崎正見 / p6~7
  • 體驗篇 國土防衞に對する管見 / 井上門司 / p7~8
  • 體驗篇 空襲の體驗 / 小林正 / p8~8
  • 體驗篇 爆傷救護所感 / 木澤和 / p8~9
  • 體驗篇 體驗より得たる醫療救護對策 / 村岡正夫 / p9~9,11~13
  • 救護篇 空襲に對する本院の準備 / 佐々廉平 / p13~14
  • 救護篇 結核療養所の防空事業に就て / 田澤鐐二 / p14~15
  • 救護篇 傳染病院に於ける防空對策 / 內田三千太郞 / p15~17
  • 救護篇 癩療養所の防空及び救護對策 / 林芳信 / p17~18
  • 救護篇 精神病院と防空・消防施設 / 小峯茂之 / p18~19
  • 救護篇 時局雜感 / 松本本松 / p19~20
  • 救護計畫篇 非常時に於ける救護作業 / 中山壽彥 / p20~21
  • 救護計畫篇 防空救護の理想 / 服部彌二郞 / p21~22
  • 救護計畫篇 帝都防空の實踐 / 村上孝介 / p22~23
  • 援護篇 建築學上より觀たる病院施設の改善 / 平山嵩 / p23~24
  • 援護篇 戰時災害保護法に就て / 上野博 / p24~24
  • 說苑 箕作阮甫と「外科必續」 / 大鳥蘭三郞 / p25~26
  • 說苑 醫師會改組を前にして醫師隣組の結成を要望す / 都築加壽保 / p26~26
  • 說苑 地名人名の語源から醫學用語に及ぶ(上) / 下瀨謙太郞 / p26~28
  • 社說 / p29~29
  • 醫業廣告は是か非か / p29~29
  • 空襲に豫告なし / p29~29
  • 政治委員の顏觸れに就て / p29~29
  • 九州に女子醫專を設置しては如何 / p29~29
  • 新報 / p31~32
  • 近畿版 / p33~34
  • 關西醫師大會代表者會開かる / 後藤道伯 / p33~34
  • 中部版 / p35~35
  • 產報の厚生指導所近く開設 / p35~35
  • 市民病院豫防醫業部門へ轉進 / p35~35
  • 看護婦養成所卒業者へ足止め / p35~35
  • 關西醫師大會と愛知側の見解 / p35~35
  • 時感(藤井靜英氏) / 藤井静英 / p35~35
  • 調查欄 / O
  • 有田勝正
  • A
  • KA
  • 今井秀雄 / p39~45
  • 魚雷艇 / p32~32
  • 獨文欄 / p36~36
  • 學位授與 / p37~37
  • 人事消息 / p37~37
  • 彼氏の素描・石橋長英博士 / XY / p37~37
  • 滄海拾珠 / 相馬果村
  • 張温流
  • 荒木菊亭
  • 小畑宇城
  • 藤田澹葊 / p45~45
  • 誌上臨牀懸賞問題及解答 / KY
  • 杉爾生 / p46~46
  • 醫事案內欄 / p47~47

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本医事新報
著作者等 日本医事新報社
書名ヨミ ニホン イジ シンポウ
書名別名 Japan medical journal

Nihon iji shinpo
巻冊次 (1031)
出版元 日本医事新報社
刊行年月 1942-06
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03859215
NCID AN00185592
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018317
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想