現代医療  17(3)

現代医療社

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 28 (増刊2) 1996.05~36 (12) 2004.12;本タイトル等は最新号による;v. 1, no. 1 (1969年4月)-36巻12号 (2004年12月);以後廃刊

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 治療シリーズII 虚血性心疾患 / / p1~19,21~51,53~57,59~84,87~100,103~112,115~136
  • 初診の技術と初期治療 / 金澤知博
  • 池田成昭 / p1~4
  • 移送時の注意と処置 / 木全心一 / p5~9
  • 急性期の薬物療法 狭心症 / 村上暎二
  • 竹越襄
  • 稲尾次郎 / p10~14
  • 急性期の薬物療法 中間型症候群 / 清見定道
  • 甲斐田良子
  • 伊吹山千晴 / p15~19
  • 急性期の薬物療法 心筋梗塞 / 横山光宏
  • 福崎恒 / p21~26
  • 不整脈の治療 / 白戸千昭
  • 石川恭三 / p27~31
  • 心不全の治療 / 河北成一
  • 井上亨
  • 大林靖典 / p32~37
  • ICT(冠状動脈内血栓溶解療法)--ICTにより再開通を得た急性心筋梗塞例における心筋salvageに関する考察 / 桑木絅一
  • 植田桂子
  • 井上清 / p38~46
  • PTCA / 鈴木紳
  • 遠藤真弘
  • 高林和佳子
  • 本田喬
  • 関口守衞
  • 広沢弘七郎
  • 広江道昭
  • 西岡隆文 / p47~51
  • 外科療法 / 山田崇之 / p53~57
  • 心筋梗塞合併症の治療 / 杉村修一郎
  • 小澤勝男 / p59~64
  • リハビリテーション / 田村康二 / p65~70
  • 薬物療法の進歩 冠拡張薬 / 籠島忠
  • 石川兵衞 / p71~76
  • 薬物療法の進歩 β-遮断薬 / 渡辺務
  • 小林正
  • 水谷登 / p77~84
  • 薬物療法の進歩 Ca拮抗薬 / 勝目紘
  • 伊地知浜夫 / p87~92
  • 薬物療法の進歩 末梢血管拡張剤療法 / 立木楷
  • 安井昭二 / p93~100
  • 薬物療法の進歩 昇圧薬 / 久萬田俊明
  • 楠川禮造 / p103~108
  • 薬物療法の進歩 抗凝血薬療法 / 鎌倉正英 / p109~112
  • 薬物療法の進歩 抗血小板凝集薬 / 玉地寛光
  • 兼本成斌 / p115~122
  • 薬物療法の進歩 抗不整脈薬 / 渡部良夫
  • 宮川明彦 / p123~130
  • 治療の進歩と問題点 / 戸山靖一
  • 鈴木恵子 / p131~136
  • 84京都プロスタグランジン会議に出席して / 北村諭 / p138~139
  • 84京都プロスタグランジン会議に出席して / 浅野孝雄 / p140~141
  • Clinical * experimental reports / / p143~156,158~173
  • 内科 ヒスタグロビン(Histaglobin)3バイアル法の成人気管支喘息に対する効果 / 足立満 ほか / p143~148
  • 内科 "Microgranular" acute promyelocytic leukemiaの1例 / 坂牧純夫 ほか / p149~153
  • 内科 両側水腎症を初発症状に発症した悪性リンパ腫の1例 / 高松健次 ほか / p158~161
  • 内科 糖尿病患者の慢性合併症におけるPGE₁の治療効果 / 道原博保 ほか / p168~173
  • 外科 末梢阻血症状に対するProstaglandin E₁点滴静注療法--特に適応と投与期間について / 阪口周吉 ほか / p162~167
  • 麻酔科 長期臥床患者の皮膚血流量に対するProstaglandin E₁の効果 / 種山千邦 ほか / p154~156

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 現代医療
著作者等 現代医療社
書名ヨミ ゲンダイ イリョウ
巻冊次 17(3)
出版元 現代医療社
刊行年月 1985-03
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 05337259
NCID AN00078413
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00007312
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想