臨床婦人科産科  46(7)

国立国会図書館雑誌記事索引 4(1):1950.1-37(12):1983.12 ; 55(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;[1巻1号]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 今月の臨床 卵巣がん 疫学から治療まで / / p768~772,774~778,780~816,818~824,826~881
  • 疫学と動向 / / p768~772,774~778
  • 1. 卵巣がんの動向 / 薬師寺道明 / p768~769
  • 2. 癌マッピング--頻度と死亡率 / 園田降彦 / p770~772
  • 3. リスクファクター / 森満,他 / p774~775
  • 4. 年齢別にみた発生頻度と特徴 / 佐藤信二 / p776~778
  • 分類 / / p780~788
  • 5. 臨床病理学的分類--新分類(日産婦)の改定要点 / 中島伸夫 / p780~781
  • 6. 臨床進行期分類(FIGO)--新分類の改訂要点 / 落合和徳 / p782~784
  • 7. TNM分類(UICC) / 中島久良 / p786~788
  • 診断 / / p789~801
  • 8. 早期診断は可能か--スクリーニングの効率的方法 / 菊池義公 / p789~793
  • 9. 問診,内・外診のチェックポイント / 根岸能之 / p794~796
  • 10. 卵巣癌の術前細胞診 / 杉下匡 / p797~799
  • 11. 超音波診断法--実施上の留意点 / 嘉村敏治 / p800~801
  • 良・悪性の鑑別の要点 / / p802~816
  • 12. 超音波診断法 / 野田恒夫
  • 安達進 / p802~805
  • 13. CT検査法 / 高橋康一,他 / p806~809
  • 14. MRI検査法 / 小西郁生 / p810~812
  • 15. 腫瘍マーカー / 宇田川康博,他 / p813~816
  • 術中・術後診断 / / p818~824,826~830
  • 16. 開腹所見のみかた / 池田正典 / p818~820
  • 17. 術中細胞診 / 北條智
  • 吉川裕之 / p821~824
  • 18. 迅速診断の意義と限界 / 並木恒夫 / p826~827
  • 19. 術後摘出標本の取り扱い / 井筒俊彦 / p828~830
  • 手術療法 / / p831~840
  • 20. 卵巣癌の基本術式 / 安田允 / p831~833
  • 21. 上皮性卵巣癌に対する保存的手術 / 西田敬 / p834~835
  • 22. 腫瘍縮小手術の適応条件 / 関谷宗英 / p836~837
  • 23. Second look operationの適応と意義 / 西村治夫
  • 大蔵尚文 / p838~840
  • 化学・放射線療法 / / p841~873
  • 24. 化学療法剤の種類 / 滝沢憲 / p841~845
  • 25. 寛解導入療法の効果的レジメ / 西田正人 / p846~848
  • 26. 維持化学療法のあり方 / 井上正樹 / p849~851
  • 27. Neoadjuvant Chemotherapyの導入とその背景 / 平林光司 / p852~853
  • 28. 卵巣癌の免疫療法は有効か / 上坊敏子
  • 西島正博 / p854~856
  • 29. ホルモン療法は有効か / 金沢浩二,他 / p857~859
  • 30. 卵巣癌に対する腹腔内化学療法 / 清水敬生 / p860~864
  • 31. 卵巣癌に対する動注療法 / 清水敬生
  • 荷見勝彦 / p865~867
  • 32. 化療副作用対策の新しい展望 / 波多江正紀 / p868~870
  • 33. 術後照射の適応と現況 / 永井宣隆 / p871~873
  • 予後 / / p875~881
  • 34. 組織型と予後 / 梅咲直彦 / p875~877
  • 35. 臨床進行期別予後 / 梅咲直彦 / p878~881
  • カラーグラフ 胎盤の生理と病理(第7回)臍帯の病理 / 中山雅弘
  • 虫明聡太郎 / p763~765
  • 症例 高インヒビン血症を示した顆粒膜細胞腫の一例 / 中島敬和,他 / p882~885
  • メルボルン便り 体外授精児の精神身体発達の行方 / 堀口文 / p886~887
  • Q and A MRSAと産婦人科診療の現況 / 松田静治 / p889~889
  • Q and A ITP合併産婦の分娩様式 / 齊藤良治 / p890~890
  • Q and A 胎児性フィブロネクチンについて / 川越慎之助 / p890~891
  • 昨日の患者 帝切準備間に合わず全足位で経腟分娩 / 舘野政也 / p778~778
  • 厚生省だより 「これからの母子医療に関する検討会」の最終報告から / 上家和子 / p874~874
  • Obstetric News アプガースコアと新生児予後 / 武久徹 / p785~785
  • Obstetric News 予定日超過妊娠の管理 米国周産期学会員のアンケート調査 / 武久徹 / p796~796
  • Obstetric News 羊水量推定(AFI)は何日間隔で行うべきか? / 武久徹 / p833~833
  • Current Practice エストロクゲンの使用は心臓疾患を減少させる--10年間の追跡調査の結論 / 矢沢珪二郎 / p788~788
  • Current Practice 小児の急性腹症に超音波検査を / 矢沢珪二郎 / p799~799
  • Current Practice 増加する敗血症 / 矢沢珪二郎 / p816~816
  • Current Practice Estrogen as Mood Enhancer / 矢沢珪二郎 / p820~820
  • Current Practice 若い女性の乳房腫瘤は待たずに速やかに組織診断を / 矢沢珪二郎 / p824~824
  • Current Practice 妊婦の喫煙は子宮外妊娠を増加させる / 矢沢珪二郎 / p848~848
  • 書評 / 福島和昭 / p812~812
  • 投稿規定 / / p885~885
  • 次号予告 / / p881~881
  • あとがき / 鈴木秋悦 / p892~892

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床婦人科産科
著作者等 医学書院
日本醫學雜誌株式會社
書名ヨミ リンショウ フジンカ サンカ
書名別名 Clinical gynecology and obstetrics
巻冊次 46(7)
出版元 医学書院
刊行年月 1992-07
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869865
NCID AN00253965
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024482
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想