臨床外科 = Journal of clinical surgery  13(7)

国立国会図書館雑誌記事索引 5(1):1950.1-38(12):1983.12 ; 56(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;11巻1号から25巻12号までの並列タイトル: Clinical surgery;[ ]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 胆嚢症の外科的療法の限界 / 松倉//三郎 / 585~601<10136614>
  • 胆嚢症の内科的治療の限界 / 田坂//定孝 / 603~608<10136615>
  • 癲癇の外科的治療の限界 / 陣内//伝之助 / 609~615<10136617>
  • 癲癇 / 沢//政一 / 617~624<10136616>
  • 術後急性肺虚脱の発生機序 / 八田//秋 / 625~632<10136609>
  • 血管縫合材料としてのタンタルム線 / 本間//保一 / 633~640<10136607>
  • 硬膜外麻酔 / 西邑//信男 / 641~648<10136608>
  • Waterhause-Friederichsen症候群 / 長洲//光太郎 / 649~660<10136601>
  • 胃切除後の胃腸吻合について / 大井//実 / 661~686<10136604>
  • 胃・十二指腸の外科に必要なる検査法 / 飯島//登 / 687~690<10136603>
  • 癌によるイレウス1053例について / 渋谷//彰一 / 691~699<10136606>
  • 新しい局所麻酔研究法 / 西邑//信男 / 701~704<10136610>
  • 整形外科領域に於ける「セデス注」の使用経験 / 渡辺//昭一 / 705~708<10136613>
  • 新合成局所麻痺剤エピロカインの臨床使用経験 / 高橋//長雄 / 709~717<10136612>
  • 開腹手術時に於ける輸液の効果 / 登内//真 / 719~731<10136605>
  • Sodium 5-allyl-5-(1-methylbutyl)-2-thiobarbiturate(イソゾール)の直腸麻酔に就て / 稲田//潔 / 733~735<10136600>
  • 新局所麻酔剤Epirocaineの使用経験 / 森//甲三 / 737~739<10136611>
  • あとがき / H / p740~740

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床外科 = Journal of clinical surgery
著作者等 医学書院
日本醫學雜誌株式會社
書名ヨミ リンショウ ゲカ = Journal of clinical surgery
書名別名 Clinical surgery

Journal of clinical surgery

Rinsho geka
巻冊次 13(7)
出版元 医学書院
刊行年月 1958-07
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 03869857
NCID AN00144777
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024436
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想