臨床外科 = Journal of clinical surgery  20(10)

国立国会図書館雑誌記事索引 5(1):1950.1-38(12):1983.12 ; 56(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;11巻1号から25巻12号までの並列タイトル: Clinical surgery;[ ]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 食道アカラシアについて / 篠井 金吾 / 1331~1336<8477188>
  • 唾液腺撮影法〔グラフ〕 / 川島 健吉 / 1325~1330<8477187>
  • 閉塞性黄疸に対する経皮経肝胆道造影 ことに不成功例の検討 / 堀内 弘 / 1409~1419<8477199>
  • 腎性高血圧症の外科 / 上野 明 / 1337~1344<8477189>
  • ファイバースコープならびに胃カメラ所見についての臨床的考察 ことに胃切除後残胃所見について / 前田 昭二 / 1345~1351<8477190>
  • 胆道癌手術成績の向上策について / 大内 清太 / 1353~1362<8477191>
  • 最近における頭部外傷の統計 / 土田 富穂 / 1363~1373<8477192>
  • 緊急検査法 細菌検査 塗抹検査・培養検査・感受性検査 / 小酒井 望 / 1380~1381<8477193>
  • 排便障害と直腸肛門の検査 / 長洲 光太郎 / 1383~1386<8477194>
  • 診断のポイント 日本住血吸虫症に吐血をきたし,胃潰瘍よりの出血を疑つて手術した症例 / 松林冨士男・他 / p1387~1391<8477195>
  • 直腸脱の手術手技 / 盛 弥寿男 / 1392~1394<8477196>
  • 開放性損傷の治療-1- / 安冨 徹 / 1395~1397<8477197>
  • アンケート 虫垂炎の問題点 / 高山坦三
  • 四方淳一 / p1398~1400
  • 顔面痛-2- / 西邑 信男 / 1404~1407<8477198>
  • カンファレンス 胸水貯溜を合併した神経芽細胞腫 / 小島憲・他 / p1424~1430<8477201>
  • 外科領域に必要な泌尿器科的疾患-2-上部尿路結石症 / 宍戸 仙太郎 / 1431~1437<8477202>
  • 消化器疾患について外科への希望-1- / 山形 敞一 / 1438~1439<8477203>
  • 抗生物質使用上の注意-2- / 真下 啓明 / 1440~1441<8477204>
  • 麻酔器具の使い方-1- / 若杉 文吉 / 1442~1446<8477205>
  • "肝腎"の再認識 / 堀 原一 / 1449~1450<8477206>
  • 国際腎臓移植会議印象記 / 太田和夫 / p1451~1453
  • 患者と私 患者に接して40年(1)臨終と信仰 / 桂重次 / p1454~1455
  • "病室のいけ花を永持ちさせる簡単な方法" / 浦田卓 / p1456~1456
  • 家庭医の立場から / 秋月源二 / p1457~1457
  • Medical Notes / / p1459~1459
  • 外国文献 / / p1460~1463
  • 学会案内 / / p1362~1362,1391~1391,1446~1446
  • 次号予告 / / p1344~1344
  • 人事消息 / / p1407~1407
  • あとがき / 織畑秀夫
  • 島田信勝
  • 中谷隼男
  • 卜部美代志
  • 斉藤淏
  • 杉江三郎
  • 佐野圭司 / p1464~1464

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床外科 = Journal of clinical surgery
著作者等 医学書院
日本醫學雜誌株式會社
書名ヨミ リンショウ ゲカ = Journal of clinical surgery
書名別名 Clinical surgery

Journal of clinical surgery
巻冊次 20(10)
出版元 医学書院
刊行年月 1965-10
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 03869857
NCID AN00144777
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024436
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想