新潮  27(3)

国立国会図書館雑誌記事索引 45 (9) 1948.09~;本タイトル等は最新号による;[1巻1号 (明治37年5月)]-43巻6号 ; 23年1号-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 寫實主義と理想主義との問題 / / p2~13
  • 用語の正しい槪念を定めてから / 野上豐一郞 / p2~5
  • 個人の特質、性情、傾向に起因する事 / 田山花袋 / p6~7
  • 內部的寫實主義から / 岩野泡鳴 / p7~10
  • 二元的觀方と一元的觀方 / 中村星湖 / p11~13
  • ある母 / 武者小路實篤 / p42~58
  • 不幸な偶然 / 里見弴 / p59~71
  • 愛に就ての問題 / 小川未明 / p14~16
  • 凡ての者な孤獨なり / 加藤一夫 / p17~23
  • 室中偶語(5)最近の創作 / TK生 / p24~25
  • 有島武郞氏の印象 人の印象 (八) / / p26~37
  • 極めて人間的なる人 / 足助素一 / p26~30
  • ノーブルな性質の人 / 長與善郞 / p30~31
  • 兄さんのやうな感じ / 小山內薰 / p31~32
  • 敎師としての武郞氏 / XYZ / p32~34
  • 世を達觀した聖者風 / 尾島菊子 / p34~36
  • 札幌時代の有島君 / 吹田順助 / p36~37
  • ジプシイガアルに / 生田春月 / p38~39
  • 不同調 / X / p40~41
  • 文壇新潮 / 森田草平
  • 昇曙夢
  • 澤木梢
  • 森田恒友
  • 米川正夫
  • 三富朽葉
  • 前田晁
  • 有島武郎
  • 島崎藤村
  • 安房鳥
  • 加藤朝鳥
  • 本間久雄
  • 木下杢太郎
  • 島村民藏
  • 新關良三
  • 徳田秋聲
  • 茅野昌栖 / p72~85
  • 燕と雀 / 吉植庄亮 / p86~86
  • 亞麻の花 / 佐伯新一郞 / p87~87
  • 兵舎七月 / 山田葩夕 / p88~88
  • 恒寥集 / 小川水明 / p89~89
  • 最近思潮講話(22)アンリイ・ボルドウ氏の傳統主義 / 內藤濯 / p90~96
  • 現在の文壇と白樺派の運動 / 赤木桁平 / p97~102
  • 現歌壇の人々 / 靑木純一 / p103~105
  • 志賀直哉氏の藝術 / 相島種夫 / p106~107
  • 田端日記 / 芥川龍之介 / p108~112
  • 噂の噂 / 兎の耳 / p113~113
  • 一すぢの寂しさ / 谷口武 / p114~114
  • 晝のうしほ / 坂崎靜夫 / p115~115
  • 文壇諸家年譜(20)芥川龍之介-馬場孤蝶 / / p116~118
  • 口繪 芥川龍之介氏 /
  • 口繪 ボルドオ氏と其の筆蹟 /
  • 本文挿載寫眞 有島武郞氏の家庭 / / p29~29
  • 本文挿載寫眞 有島武郞氏の自畫像 / / p33~33
  • 文叢 散文 / 佐藤貞二
  • 塚本龜太郎
  • 太田桃村
  • 平林耕二郎
  • 本田芝生
  • 京静二
  • 中條輝 / p119~132
  • 文叢 新秋九人集 (短歌) / 松浦敬
  • 伊藤津音雄
  • 森安太郎
  • 森繁雄
  • 八木映二
  • 渋谷濤沫
  • 米田黃秋
  • 小山好
  • 安部東里堂 / p133~134
  • 文叢 讀者論壇 / 藤森淳三
  • 渋谷濤沫
  • 灰田虐風
  • 塚本龜太郎
  • 岡島亦雄
  • 萩寺光二郎
  • 照井夢想案
  • 港よふ吉
  • 長野丘果
  • 榎本文太郎
  • 若山龍之助
  • 佐々木春瞳 / p135~146
  • 文叢 短歌 (金子薰園選) / 金子薫園 / p147~154
  • 文叢 俳句 (內藤鳴雪選) / 内藤鳴雪 / p155~157
  • 新刊紹介 / / p158~159
  • 記者便り / / p160~160

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 新潮
著作者等 新潮社
書名ヨミ シンチョウ
書名別名 Shincho
巻冊次 27(3)
出版元 新潮社
刊行年月 1917-09
ページ数
大きさ 21cm
NCID AN00122038
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00012331
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想