新薬と治療  45(8)(394)

山之内製薬株式会社 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 13) 1954.01~(通号: 24) 1955.11;本タイトル等は最新号による;大きさ: 変更あり 刊行頻度: 変更あり;[1号]-217号 (1977年5/6月) ; v. 27, no. 7 = 218号 (1977年7月)-54巻6号 = 451号 (2004年12月/2005年1月);以後廃刊;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • まちかどの造形物 無題 / 山本鍾互
  • 五十嵐威暢 / p1~1
  • 特集 個人差を考慮した薬物療法のために / / p2~10
  • 1. 薬物代謝酵素--薬の効果・副作用に個人差がある理由 / 加藤隆一 / p2~5
  • 2. ここまでわかったチトクロームP450 / 鎌滝哲也 / p6~8
  • 3.グレープフルーツジュースはCa拮抗薬以外には影響しないか / 山添康 / p9~10
  • ドクターズ・アイ(34)外国崇拝 / 神保実 / p11~11
  • チーム医療への挑戦 / / p12~16
  • シリーズII/動きだしたPharmacists チーム医療の実践 / 斎藤文昭 / p12~13
  • シリーズI/薬剤管理指導業務は、いま… 副作用報告は服薬指導のバロメーター / 妻鹿久仁子 / p14~16
  • シリーズI/薬剤管理指導業務は、いま… 服薬指導の必要性 / 福田福平 / p15~15
  • Q&Aあんなこんなカルテから 貧血,凝固障害をともなった多発性脳梗塞の原因は? / 伊藤雄二 / p17~18
  • 医療チームの横顔(148)新しい循環器の教室づくりに努め,病態生理の解明と応用を進める<東海大学医学部内科学1(循環器)教室> / 椎名豊 / p19~21
  • 女医のこころ partII(34・最終回)終幕 / 大森安恵 / p22~23
  • 二人讃客(10)医療現場のコミュニケーション / 荒井蝶子
  • 高久史麿 / p24~28
  • 医のことば(82)文明化は梅毒化である(古語) / 荒井保男 / p29~31
  • Information (財)病態代謝研究会 平成7年度研究助成金等の交付者を決定 / / p32~36
  • Information 『新薬と治療』1995年総目次 / / p37~39
  • News from Yamanouchi 第6回こどもの健康フォーラムが開催されました / / p40~40
  • News from Yamanouchi 第4回「医療ルネサンス」シンポジウムも好評です / / p40~40
  • 表紙の眼 光太郎の巴里 (最終回) / 高村規 / p41~41

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 新薬と治療
著作者等 山之内製薬
山之内製薬株式会社
山之内薬株式会社
書名ヨミ シンヤク ト チリョウ
書名別名 New remedies and therapy

New remedies & therapy

Shin'yaku to chiryo
巻冊次 45(8)(394)
出版元 山之内製薬
刊行年月 1995-12
ページ数
大きさ 28cm
ISSN 05598664
NCID AN00123482
AN00275651
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00012520
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想