Brain and nerve  39(10)

国立国会図書館雑誌記事索引 32(1):1980.1-35(11):1983.11 ; 53(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: 脳と神経 (32巻1号-58巻12号);タイトル関連情報変遷: 神経研究の進歩 (59巻1号-67巻12号);32巻1号-;総目次あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Polycystic kidney剖検例におけるウイリス動脈輪の病理学的検討 / 池田秀敏・他 / p909~913
  • Lidocaineの脳浮腫および局所神経機能におよぼす効果 / 室田武伸・他 / p915~921
  • 片側顔面痙攣におけるblink reflexの検討 特にsynkinetic responseの経路について / 永廣信治・他 / p923~929
  • フェニトインの細胞性免疫への影響 / 岡本裕・他 / p931~936
  • 脳血管写追跡により病変進行を示したintracranial fibromuscular dysplasiaの2例 / 藤本俊一・他 / p937~945
  • 慢性硬膜下血腫におけるtissue plasminogen activator活性の意義 / 望月龍二 / p947~952
  • Colloid cystの組織起源について Immunoperoxidase study / 柴田太一郎・他 / p953~958
  • 脳死診断に不可欠の無呼吸テストについて / 横山徹夫・他 / p959~963
  • 頭蓋内腫瘍におけるβ₂-microglobulinの臨床的意義 Carcinoembryonic antigenとのcombination assayも含めて / 鈴木康夫・他 / p965~970
  • ネコ扁桃核内キスカリン酸微量注入により誘発される辺縁系部分発作の特徴 / 貝嶋光信・他 / p971~976
  • Levodopa,bromocriptine,trihexyphenidylが奏効したakinetic mutismの1例 / 渡引康公・他 / p977~982
  • 頭部外傷性昏睡,直後痙攣および死亡率に対する神経伝達物質の影響 実験的研究 / 佐々木司・他 / p983~990
  • MRIによる髄液循環動態の観察 脳脊髄液腔のsignal void phenomenon / 大原茂幹・他 / p991~996
  • 海外文献抄録 / 大友英一 / p998~999
  • 症候学メモ(33)安全ピンの効用 / 平山惠造 / p946~946
  • 書評 二木立・上田敏著「脳卒中の早期リハビリテーション」 / 高木誠 / p914~914
  • 書評 大西晃生・納光弘・岡崎春雄訳「臨床神経学の基礎第2版」 / 里吉営二郎 / p922~922
  • 書評 竹内一夫編集「標準脳神経外科学第4版」 / 平川公義 / p945~945
  • 第1回老年脳神経外科研究会 / / p913~913
  • 第24回日本脳波・筋電図技術講習会 / / p936~936
  • 第8回日本脳神経外科コングレスご案内 / / p964~964
  • 1988 Congress of the International Medical Society of Motor Disturbances (ISMD)開催のご案内 / / p964~964
  • 第4回よこはま21世紀フォーラム"老化の科学" / / p997~997
  • 投稿規定 / / p1000~1000
  • 次号予告 / / p990~990
  • 編集後記 / 高倉公朋 / p1001~1001

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Brain and nerve
著作者等 医学書院
書名別名 神経研究の進歩

脳と神経
巻冊次 39(10)
出版元 医学書院
刊行年月 1987-10
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 18816096 (v. 59, no. 1)
NCID AN00144970
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00033410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想