Brain and nerve  38(9)

国立国会図書館雑誌記事索引 32(1):1980.1-35(11):1983.11 ; 53(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: 脳と神経 (32巻1号-58巻12号);タイトル関連情報変遷: 神経研究の進歩 (59巻1号-67巻12号);32巻1号-;総目次あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 感覚神経路の多重性 / / p815~852
  • 感覚神経路の多重性 序論 / 川村祥介 / p815~817
  • 体性感覚系の多重性神経路 / 伊藤和夫 / p819~834
  • 聴覚系の多重性 外側毛帯下丘求心線維系の解析 / 工藤基 / p835~844
  • 系統発生からみた感覚路の多重性 視覚系を中心として / 伊藤博信 / p845~852
  • 慢性肝不全ラットの大脳皮質におけるグルタミン酸の代謝動態 / 伊藤公晴・他 / p853~857
  • ラット脳局所虚血モデル 2. 脳梗塞巣の計測と脳血流パターンの検討 / 田村晃・他 / p859~863
  • 左房内粘液腫の実質性脳転移 / 森本一良・他 / p865~869
  • 可逆性脳虚血症状を呈したCockayne症候群の1例 / 白崎直樹・他 / p871~875
  • 虚血脳の可逆性に関する実験的検討 虚血程度とその持続時間 / 溝井和夫・他 / p877~884
  • 脳浮腫の数学モデルと頭蓋内圧の最適制御 / 熊谷頼佳 / p885~891
  • TRHの代謝物,histidyl-proline diketopiperazine (HPD)による3-アセチルピリジン運動失調症ラットの歩行改善効果について / 倉橋幸造・他 / p893~898
  • 海外文献抄録 / 大友英一
  • 大橋博司 / p899~901
  • 症候学メモ(21)抽象的症候と具象的症候 / 平山惠造 / p858~858
  • 書評 大熊輝雄著「脳波判読step by step入門編・症例編」 / 福山幸夫 / p818~818
  • 第16回日本神経放射線研究会御案内 / / p864~864
  • 投稿規定 / / p902~902
  • 次号予告 / / p891~891
  • 編集後記 / 金光晟 / p903~903

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Brain and nerve
著作者等 医学書院
書名別名 神経研究の進歩

脳と神経
巻冊次 38(9)
出版元 医学書院
刊行年月 1986-09
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 18816096 (v. 59, no. 1)
NCID AN00144970
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00033410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想