最新醫學 = The medical frontline  22(1)(250)

国立国会図書館雑誌記事索引 5 (1) 1950.01~5 (11) 1950.11 ; 10 (1) 1955.01~;本タイトル等は最新号による;56巻5号以降の並列タイトル: The medical frontline;[ ]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 基礎医学二十年の歩み-その1- / / p4~4,5~14,15~98,99~99
  • 血液型学20年の歩み / 古畑//種基 / 5~6<8216550>
  • 微生物遺伝学とともに / 渡辺//力 / 6~7<8216551>
  • 放射線生物学と医学との接点 / 菅原//努 / 7~8<8216552>
  • 遺伝生化学につかれた男 / 吉川//秀男 / 8~9<8216553>
  • ガンの染色体研究20年 / 吉田//俊秀 / 9~10<8216554>
  • 腎臓組織特異抗原 その性状・発生 / 岡田//節人 / 10~11<8216555>
  • 私の胎生病理学への道 / 村上//氏広 / 11~13<8216556>
  • 染色体研究の回想 / 牧野//佐二郎 / 13~14<8216557>
  • 核の微細構造 / 安澄//権八郎 / 15~16<8216559>
  • 細胞定量と細胞化学との間 / 山田//正興 / 16~17<8216560>
  • 電子顕微鏡による細胞化学の歩み / 小川//和朗 / 17~18<8216561>
  • 細胞生物学への歩み / 水平//敏知 / 18~19<8216562>
  • 電子顕微鏡と生物物理 / 品川//嘉也 / 19~20<8216563>
  • 分泌の形態学に関する最近の進歩 / 黒住//一昌 / 20~22<8216564>
  • 解剖学領域における消化吸収研究の歩み / 山元//寅男 / 22~23<8216565>
  • 結合組織線維の研究 / 新島//迪夫 / 23~24<8216566>
  • 心臓刺激伝導系 / 大塚//長康 / 24~25<8216567>
  • 神経分泌 / 佐野//豊 / 25~26<8216568>
  • 甲状腺の微細構造をめぐって / 藤田//尚男 / 26~27<8216569>
  • ランゲルハンス島に細胞を追って / 藤田//恒夫 / 27~28<8216570>
  • 胸腺研究をめぐって考えること / 伊藤//隆 / 28~29<8216571>
  • 20年の経過と回顧 / 大江//規玄 / 29~30<8216572>
  • in vitroでのシナップス形成の夢 / 中井//準之助 / 30~31<8216573>
  • 大脳辺縁系研究の発展 / 小池上//春芳 / 31~32<8216574>
  • 自律中枢とともに25年 / 伴//忠康 / 33~34<8216575>
  • リンパ学から神経解剖学へ / 岡本//道雄 / 34~35<8216576>
  • 浅肩甲下動脈(新称)系の変異と意義 / 山田//致知 / 35~36<8216577>
  • 今迄の研究の進展など / 西村//秀雄 / 36~37<8216578>
  • 先天異常研究の想い出 / 三上//美樹 / 38~39<8216579>
  • 人類遺伝学 ことに集団遺伝学 / 田中//克己 / 39~40<8216580>
  • 解剖学とともに / 山田//英智 / 40~41<8216581>
  • 病理学総論の所在 / 飯島//宗一 / 42~43<8216583>
  • 病理形態学の一つの課題 / 諏訪//紀夫 / 43~44<8216584>
  • 来たるべき世代における医学発展の礎石として / 浜本//祐二 / 44~45<8216585>
  • 超微形態病理学の発展 / 小野江//為則 / 45~46<8216586>
  • 病理学と電子顕微鏡 / 梶川//欽一郎 / 46~47<8216587>
  • 超薄切片の思い出 / 渡辺//陽之輔 / 47~48<8216588>
  • 酵素組織細胞化学 / 武内//忠男 / 48~50<8216589>
  • 酵素組織化学の開拓 / 高松//英雄 / 50~51<8216590>
  • 日本における螢光抗体法の基礎的研究の歩み / 川村//明義 / 51~52<8216591>
  • 螢光抗体法のもたらしたもの 生物学と免疫学と形態学の接点 とくに自己免疫と交叉反応性 / 浜島//義博 / 52~53<8216592>
  • 動物実験の黎明 / 野村//達次 / 53~54<8216593>
  • 無菌生命の基礎医学への利用 / 宮川//正澄 / 55~56<8216594>
  • 菌と動物と細胞 / 牛場//大蔵 / 56~57<8216595>
  • 腸粘膜面をめぐって / 佐々木//正五 / 57~58<8216596>
  • 炎症の形態と概念 / 北村//四郎 / 58~59<8216597>
  • 炎症の機序 形態学と生化学をむすぶための試み / 林//秀男 / 59~60<8216598>
  • 敗血症物語 / 岡林//篤 / 60~61<8216599>
  • 胸腺研究をめぐって / 横路//謙次郎 / 61~62<8216600>
  • 私の胸腺研究の出発 / 小林//忠義 / 62~63<8216601>
  • 二群のリンパ球 / 花岡//正男 / 64~65<8216602>
  • 免疫グロブリンの知見 / 右田//俊介 / 65~66<8216603>
  • 抗グロブリン試験をめぐって / 松橋//直 / 66~67<8216604>
  • 網内系研究の20年 / 小島//瑞 / 67~68<8216605>
  • 細胞免疫のことども / 三橋//進 / 68~69<8216606>
  • 結核免疫研究の一つの歩み / 橋本//達一郎 / 69~70<8216607>
  • 細胞性免疫の研究から免疫抑制法の検討まで / 秋山//武久 / 70~72<8216608>
  • 移植および移植免疫,その基礎と応用 / 相沢//幹 / 72~73<8216609>
  • 臓器組織と免疫生物学的応答 / 藤本//輝夫 / 73~74<8216610>
  • 自家腫瘍に対する免疫反応 / 吉田//孝人 / 74~75<8216611>
  • ウイルス癌の免疫 / 小林//博 / 75~76<8216612>
  • マウスのRNA型腫瘍ウイルスの研究 / 螺良//義彦 / 76~77<8216613>
  • アデノウイルス12型の遺産 / 矢部//芳郎 / 77~78<8216614>
  • 癌ウイルス研究の20年 / 伊藤//洋平 / 78~79<8216615>
  • 病理形態学と機能との関連について / 翠川//修 / 79~80<8216616>
  • 放射線障害と共に16年 / 広瀬//文男 / 81~82<8216617>
  • 結核に曳かれて20年 / 影山//圭三 / 82~83<8216618>
  • 私の微小循環研究のあらまし / 中田//勝次 / 83~84<8216619>
  • In vitroでの髄鞘形成を中心として / 米沢//猛 / 84~85<8216620>
  • 副腎と共に歩んで / 笹野//伸昭 / 85~86<8216621>
  • 肝臓病の病理 / 志方//俊夫 / 86~87<8216622>
  • 深在性真菌症の組織学的診断 / 奥平//雅彦 / 87~88<8216623>
  • 無題 / 植竹//久雄 / 88~90<8216624>
  • ウイルス粒子の形態学に至るまで / 保坂//康弘 / 90~91<8216625>
  • クロマトとセンダイ / 石田//名香雄 / 91~92<8216626>
  • 電子顕微鏡による狂犬病ウイルスの研究 / 松本//清一 / 92~93<8216627>
  • 生ワクチンの開発 / 奥野//良臣 / 93~94<8216628>
  • 細菌の微細構造と機能に関するわれわれの研究の歩み / 高木//篤 / 95~96<8216629>
  • 菌体内毒素研究の展望 / 本間//遜 / 96~97<8216630>
  • 抗生物質とともに / 梅沢//浜夫 / 97~98<8216631>
  • 臨床の中の基礎医学 臨床病理学 / 仁木//偉瑳夫 / 98~99<8216632>
  • 螢光法によるCatecholamineおよびSerotoninの組織化学的検出 その方法と応用 / 藤原//元始 / 100~119<8216633>
  • 腹膜灌流を行った重症尿毒症の一症例 / 三瀬//淳一 / 120~125<8216634>
  • 新生児期重症筋無力症 新生児特続性重症筋無力症の同胞例の報告をかねて / 松本//寿通 / 126~133<8216635>
  • 妊娠と糖尿および糖尿病 / 後藤//由夫 / 134~144<8216636>
  • Trimipramineの分裂病に対する使用経験 無為,感情鈍麻を対象として / 小片//富美子 / 145~149<8216637>
  • 臨床検査組合せによる腎疾患診断精度向上の試み パターン認識から電子計算機による判定まで / 阿部//裕 / 150~161<8216638>
  • 胃癌の所属リンパ節におけるSinus histiocytosisについて / 大森//幸夫 / 162~171<8216639>
  • 日本の肺癌増加に占める診断発見率上昇の意義 / 小林//博 / 172~175<8216640>
  • 甲状腺機能亢進症におけるSteroid Hormoneの代謝 Steroid Hormoneの同時抽出法及び14C-CortisolによるCortisol分泌測定法を用いて / 大藤//真 / 176~180<8216641>
  • Gargoylismの1剖検例 / 金子//博 / 181~190<8216642>
  • ほんのしようかい 吉利和著「内科診断学」 / 高安正夫 / p191~191

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 最新醫學 = The medical frontline
著作者等 最新医学社
最新醫學社
書名ヨミ サイシン イガク = The medical frontline
書名別名 The medical frontline

Saishin igaku
巻冊次 22(1)(250)
出版元 最新医学社
刊行年月 1967-01
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03708241
NCID AA12706850
AN00094908
AA12405537
AA12106853
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00009103
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想