ホルモンと臨床  36(5)

医学の世界社

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1953.08~;本タイトル等は最新号による

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 成長ホルモン分泌低下症の診断 / / p1~5,7~11,13~19,21~30,31~35,37~65,67~71,73~77,79~90
  • GHRH試験からみた下垂体GH分泌予備能と成長障害度の関係 / 梶原荘平 / p1~5
  • 下垂体性小人症におけるGRFとGHの分泌動態 / 白川悦久 / p7~11
  • GH欠乏性小人症および体質性小人症におけるPropranolol,ヒトGHRFの単独および同時負荷試験の意義 / 千原和夫 / p13~19
  • 小児期における成長ホルモン分泌刺激試験としての運動負荷試験の定量化について / 八木秀樹 / p21~26
  • 成長ホルモン分泌能検査としてのHCGテストの有用性 / 大山建司 / p27~30
  • Daytime GH生理的分泌動態の検討 / 藤枝憲二 / p31~35
  • 昼間6時間の成長ホルモン分泌プロフィルの診断的有用性について / 玉井伸哉 / p37~40
  • 低身長児における成長ホルモンの24時間分泌リズムの解析 / 奥野晃正 / p41~44
  • 下垂体性小人症および他の原因による成長障害における尿中IGF-I/Sm Cの測定 / 横谷進 / p45~48
  • 超高感度EIAによって測定される尿中GHの安定性と存在様式 / 服部尚樹 / p49~52
  • 下垂体性小人症の診断における超高感度EIAによる早朝一回尿中GH測定の意義 / 加藤讓 / p53~56
  • 低身長者における尿中成長ホルモン測定の有用性 / 助川泉 / p57~60
  • 下垂体性小人症における尿中成長ホルモン / 冨田博 / p61~65
  • 入眠後GH検査と尿中GH測定の検討 / 今田進 / p67~71
  • 成長ホルモン分泌低下症の診断における尿中hGHと尿中IGF-Iの有用性 / 田中敏章 / p73~77
  • GROWTH HORMONE NEUROSECRETORY DYSFUNCTION / Barry B.Bercu / p79~90
  • 基礎と臨床 縦隔腫瘍を呈した非機能性上皮小体囊腫の一治験例 / 川島吉之 / p91~93
  • 基礎と臨床 多発性腺腫による原発性アルドステロン症の一例と本邦報告例のまとめ / 森岡由紀 / p95~100
  • 基礎と臨床 糖尿病性自律神経障害とQTc間隔との関連性について / 宇井政彦 / p101~103
  • 基礎と臨床 1α(OH)D₃大量療法が著効した成人型低燐酸血症性ビタミンD抵抗性骨軟化症の一例 / 田中克典 / p105~108
  • 測定法 小児科領域におけるPTHキット「ヤマサ」の基礎的および臨床的検討 / 西山宗六 / p109~114
  • 測定法 EIAによる高感度TSH測定法の基礎的,臨床的検討 / 斉藤一二三 / p115~118

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 ホルモンと臨床
著作者等 医学の世界社
書名ヨミ ホルモン ト リンショウ
書名別名 Horumon to rinsho
巻冊次 36(5)
出版元 医学の世界社
刊行年月 1988-05
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00457167
NCID AN00231838
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00022416
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想