ホルモンと臨床  38(11)

医学の世界社

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1953.08~;本タイトル等は最新号による

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 小児内分泌学の進歩'90 (その1) / / p1~1,3~7,9~31,33~61
  • はじめに / 加藤精彦 / p1~1
  • 糖尿病性腎症の進展における血漿レニン測定の意義 / 雨宮伸 / p3~7
  • 小児期発見インスリン非依存型糖尿病患者(NIDDM)の予後 / 大谷敏嘉 / p9~12
  • 性行動の分化に及ぼす胎生期アンドロゲンの役割 / 佐藤保 / p13~18
  • 尿中17α-Hydroxyprogesterone排泄に関する基礎的検討 / 柴田幸信 / p19~24
  • 2点測定による日本人学童の骨年齢の特性について / 中込美子 / p25~28
  • QCTによる小児脊椎海綿骨骨塩量測定法の検討 / 古藤しのぶ / p29~31
  • 思春期前の罹病期間はIDDMのMicrovascular Diseaseの発現および死亡率に影響を与えるか / 大木由加志 / p33~38
  • 低レニン性低アルドステロン症(SHH)を呈したIDDM小児例 / 横山哲夫 / p39~44
  • 遺伝性(家族性)成長ホルモン単独欠損症(IGHD)の遺伝子解析 / 宮田市郎 / p45~50
  • 健常乳児およびクレチン症マススクリーニング精査対象児における甲状腺高周波超音波断層法の検討 / 大西尚志 / p51~56
  • 阻害型TSH受容体抗体による新生児一過性甲状腺機能低下症の出生前診断 / 原田正平 / p57~61
  • 基礎と臨床 乳腺症に対するDanazolの臨床第II相試験 / 弥生恵司 / p63~72
  • 基礎と臨床 高血圧症による鼻出血および骨塩量増加を呈した多囊性卵巣症候群の1例 / 大田喜一郎 / p73~77
  • 基礎と臨床 徐放性ブロモクリプチン製剤(PLO-MR)の末端肥大症における効果 / 塚本信弘 / p79~86
  • 基礎と臨床 大豆オリゴ糖の糖尿病患者への甘味料としての適用 / 山東博之 / p87~91
  • 基礎と臨床 上部消化管X線検査の前処置における遺伝子組み換え法によるグルカゴン(GL-G)の臨床効果と安全性 / 篠村恭久 / p93~102
  • 測定法 新しい甲状腺自己抗体測定法(direct radioimmunoassay)による抗サイログロブリン抗体,抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体測定の検討 / 岸谷譲 / p103~109
  • 測定法 モノクロナール抗体を用いたIRMA法による腎性上皮小体機能亢進症症例の血清Bone Gla-protein値の検討 / 高見博 / p111~114
  • 測定法 "ガンマコートTSH IRMA"の基礎的検討 / 久保啓子 / p115~120
  • 測定法 磁気分離法を用いるEIA法(セロザイム)により測定した血中estradiol,progesteroneの正常月経周期内ならびにclomiphene服用後の卵胞期内変動について / 田中俊誠 / p121~123

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 ホルモンと臨床
著作者等 医学の世界社
書名ヨミ ホルモン ト リンショウ
書名別名 Horumon to rinsho
巻冊次 38(11)
出版元 医学の世界社
刊行年月 1990-11
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00457167
NCID AN00231838
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00022416
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想