日本法医学雑誌 = The Japanese journal of legal medicine  46補冊

国立国会図書館雑誌記事索引 3 (6) 1949.11~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;補冊号あり;2巻1号 (Jan. 1948)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 法医学実務における法医中毒学(特別講演) / 小嶋//亨 / p35~39<3776924>
  • 民事鑑定から見た医学教育(特別講演) / 若杉//長英 / p40~44<3776925>
  • 歯牙からの分子生物学的研究と検屍(特別講演) / 山本//勝一 / p45~47<3776926>
  • Structural Problems--The Muddle of our International Societies(招待講演) / Wolfgang@@Bonte / p48~49<3776927>
  • Forensic Medicine at the Humboldt-University in Berlin(招待講演) / Gunter@@Geserick / p50~51<3776928>
  • Thanatochemistry--its Present and Future(招待講演) / E.Villanueva@@Canadas / p52~54<3776929>
  • 教育講演 法医解剖観察法について--とくに窒息死を中心として / 中園一郎 / p55~56
  • 教育講演 正常と異常 病理組織学の立場から / 中沼安二 / p57~57
  • 招待講演 The Value of Bacteriological Investigations within the Scope of Forensic Autopsies--The Toxic Shock Syndrome (TSS) im Humans / Volkmar SCHNEIDER / p59~59
  • 招待講演 Pathophysiology of Hypoxia: Findings Focussed on Pulmonary Surfactant / Tsutomu KOBAYASHI / p60~62
  • A-1 Medicolegal Diagnosis of "Asphyxia"--the Pathophysiology / Akiko SAWAGUCHI / p63~63
  • A-2 The Course of Respiration and Circulation in Death due to Various Types of Asphyxia / Noriaki IKEDA
  • Hiroshi TAKAHASHI
  • Tsuneo SUZUKI / p64~64
  • A-3 Application of Hemoglobin Analysis by CO-oximeter to Medico-legal Diagnosis of Asphyxia / Tohru OHSHIMA
  • Tatsunori TAKAYASU
  • Toshiko SAWAGUCHI
  • Jun NISHIGAMI
  • Taizo NAGANO / p65~65
  • A-4 Fire Death and Hypoxic Death / Keiichi YAMAMOTO / p66~66
  • A-5 Re-evaluation of Death by Asphyxia based on Cerebral Blood Flow(VII)--on the Information on Electric Potentials obtained from Deep Electroenphalographic Electrodes / Jun-ichi KOTANI
  • Akiko SAWAGUCHI
  • Tadataka FUNAO
  • Shigenobu NAKAYAMA
  • Nobuko NAKADA
  • Aeko KOSHIZAWA / p67~67
  • A-6 On the Obstruction of Arteries and Air Passage in Hanging / Koichi TERAZAWA
  • Takehiko TAKATORI / p68~68
  • A-7 Studies on Asphyxia:Morphological Examination of Human Lung by Means of Electron Microscopy and Immunohistochemistry / Masahiko MORITA
  • Noriko TABATA
  • Takuya IKEDA
  • Jun-ichi AZUMI
  • Seiji OHTANI / p69~69
  • A-8 Pathological Approaches to SIDS I. Special Emphasis on the Histopathological Differences between SIDS and Asphyxia / Yasuo BUNAI
  • Isao OHYA
  • Bernd BRINKMANN / p70~70
  • A-9 Diagnosis of Asphyxia on the Sudden Infant Death--Prone Sleeping Position and Vomit Aspiration / Yoshinobu SATO
  • Bunten KAGEHARA
  • Toshiji MUKAI
  • Takahiko ENDO / p71~71
  • A-10 A Case of Protracted Suffocation / Michioki NAITOW
  • Yukari HIPATA
  • Macoto HAMAJIMA
  • Hiroyuki ITUH / p72~72
  • A-11 Around Pressure Mark on the Neck / Hiroshi WATANABE / p73~73
  • 招待講演 Some observations on the use of monoclonal antibodies for the detection of red cell antigens in stain material. / P J Lincoln
  • Pascolini H Watts
  • Z Zhang / p75~77
  • 招待講演 Production and Application of Recombinant Monoclonal Antibody Molecules. / Takeshi Watanabe / p78~78
  • M-1 Efficient Methods for Preparation of Monoclonal Antibodies(MoAbs)for Forensic Applications / Yoshiohiro TAMAKI
  • Tetsuko KISHIDA / p79~79
  • M-2 Application of Commercially Available Monoclonal Blood Grouping Reagents to Forensic Materials / Hitoshi MAEDA
  • Makio IMURA / p80~80
  • M-3 Comparison of Specific Reactivity of Monoclonal and Polyclonal ABH Reactive Antibodies / Ken FURUKAWA
  • Tamiko NAKAJIMA
  • Takasumi MATSUKI
  • Yoshikazu IGARASHI / p81~81
  • M-4 Blood Grouping of Minute Samples Using Monoclonal Anti-A,B Antibody. / Yasuhiro Aoki
  • Mikiko Nagae
  • Masayuki Nata
  • Kaoru Sagisaka / p82~82
  • M-5 A Novel Method for Blood Group Typing with the Aid of Monoclonal Antibody Immobilized Dyed Microspheres / Shin YAZAWA
  • Hitoshi OHKAWARA
  • Tamiko NAKAJIMA
  • Osamu HOSOMI
  • Akira TAKEYA
  • Ken FURUKAWA / p83~83
  • M-6 Application of Monoclonal Antibodies to Blood Grouping of Mixed Body Fluids / Akihiko KIMURA
  • Tsutomu TSUJI / p84~84
  • M-7 Production of Anti-Sulfonated DNA/Anti-Peroxidase Bispecific Monoclonal Antibody / Yoshihiro TAMAKI
  • Tetsuko KISHIDA
  • Masako FUKUDA / p85~85
  • M-8 Application of Anti-seminal γ-Glutamyl Transpeptidase Monoclonal Antibodies to Forensic Science / Sumiko ABE
  • Kouichi HIRAIWA / p86~86
  • M-9 Monoclonal Antibodies Against Haptens / Takehiko TAKATORI / p87~87
  • 1 血液中燃焼ガス成分の証明 炭化水素分析 / 森永眞利
  • 原健二
  • 影浦光義
  • 稗田洋子
  • 柏村征一 / p89~89
  • 2 血清及び尿中テトロドトキシンの測定 / 青木公子
  • 吉田武美
  • 黒岩幸雄
  • 山本登 / p90~90
  • 3 メタンフェタミンの心臓に及ぼす影響 / 服部裕之 / p91~91
  • 4 覚醒剤投与ラット心筋のミオシンアイソザイムの検索 / 藤谷登
  • 袖崎賢一郎
  • 的場梁次 / p92~92
  • 5 EMIT(R)を用いた尿中Cocaine代謝物(Benzoylecgonine)の簡易定量法 / 梶原正弘
  • 渡邉貞一
  • 須藤孝子
  • 柏手宏允
  • 岡田健夫
  • 蔭原聞天
  • 佐藤喜宣 / p93~93
  • 6 乱用薬物のラットに対する回避学習行動阻害について / 菱田繁
  • 山村武彦
  • 羽竹勝彦
  • 谷口忠昭
  • 大内晴美
  • 南貴子
  • 宮澤昭彦
  • 新熊傳治 / p94~94
  • 7 密輸覚せい剤の薬物指紋とその法科学および犯罪学的応用 / 長井辰男 / p95~95
  • 8 乱用性薬物間の相互作用に関する研究--大麻成分と中枢系薬毒物について / 山本郁男
  • 渡辺和人
  • 西上潤
  • 大島徹
  • 永野耐造 / p96~96
  • 9 GSTπ遺伝子5'-フランキング領域の新しいVNTRマーカー / 原田勝二
  • 中村貴子
  • 三澤章吾 / p97~97
  • 10 33.15,33.6プローブを用いた日本人のDNAフィンガープリント / 保里昌彦
  • 神山清文
  • 高城和子
  • 名倉賢治 / p98~98
  • 11 Dinucleotide Repeat Polymorphismの法医人類学的応用 / 黒崎久仁彦
  • 三澤章吾
  • 木内政寛
  • 植田信太郎 / p99~99
  • 12 PCR法を用いた簡便なsingle-locus VNTR検出法とその親子鑑定への応用 / 千葉正悦
  • 武藤亨
  • 広瀬康子
  • 内ヶ崎西作
  • 大野曜吉
  • 塚本昭次郎
  • 押田茂實
  • 中林啓記 / p100~100
  • 13 法医試料からのHLA-DNAタイピング DRB1遺伝子型について / 太田正穂
  • 本田克也
  • 猪子英俊
  • 福島弘文 / p101~101
  • 14 semi-nested PCRを用いた微量DNAからのHLA-DQA1型の判定 / 打樋利英子
  • 山本敏充
  • 小島俊典
  • 玉木敬二
  • 勝又義直 / p102~102
  • 15 HLA classI領域におけるDNA多型 / 進藤祥子
  • 吉岡尚文
  • T.DOG
  • C.VENET
  • P.PONTAROTTI
  • B.CROUAU / p103~103
  • 16 補体成分C4雑種アロタイプのPCR法による解析 / 鈴木広一
  • 伊東重徳
  • 田村明敬
  • 藤田清司
  • 宮崎時子
  • 溝井泰彦 / p104~104
  • 17 PCR法によるDNAの特異的増幅法の検討--法医学的試料への対応 / 福井謙二
  • 高津光洋 / p105~105
  • 18 凶器と推定された索状物からのDNA分析 / 吉井富夫
  • 秋山勝則
  • 田村一雄
  • 石山昱夫
  • 塚本哲 / p106~106
  • 19 PCRによる血液および血痕からの性別判定に関する法医学的研究 / 仙波昌三
  • 山本雄二
  • 矢野朱
  • 守屋文夫
  • 宮石智
  • 石津日出雄 / p107~107
  • 20 HPLCを用いたDNA分析による性別判定の試み / 笠井謙多郎
  • 長野亨 / p108~108
  • 21 Rhポリペプチド鎖の遺伝子解析 / 梶井英治
  • 岩本禎彦
  • 土田修一
  • 近江俊徳
  • 池本卯典 / p109~109
  • 22 アルコール代謝酵素遺伝子型(第III報) / 山本健二
  • 上野易弘
  • 山田光子
  • 足立順子
  • 福永龍繁
  • 溝井泰彦
  • 龍野嘉紹 / p110~110
  • 23 single locus DNA probeを用いた半同胞鑑定 / 那谷雅之
  • 大平徹
  • 青木康博
  • 長江美紀子
  • 勾坂馨
  • 木林和彦
  • 恒成茂行 / p111~111
  • 24 Gc型のDNAタイピング / 伊東重徳
  • 鈴木広一
  • 松井清司
  • 岩田美佐
  • 溝井泰彦 / p112~112
  • 25 合成糖タンパク質を標準とした唾液中のへABO血液型物質の定量 / 王保捷
  • 秋山和子
  • 副島美貴子
  • 木村博司 / p113~113
  • 26 混合凝集反応によって示されたO型血清由来抗A,B抗体の二機能的活性 / 吾郷一利
  • 小片守
  • 津金澤督雄 / p114~114
  • 27 HPLCによるIgM抗体の精製と分析 / 鷺盛久
  • 小暮正久 / p115~115
  • 28 Endoglycosidase処理による血液型関連糖鎖抗原構造のヒト各組織での組織化学的解析 / 伊藤信彰
  • 石谷昭子
  • 河原信吾
  • 平野佳成
  • 廣田忠臣 / p116~116
  • 29 免疫組織化学的方法による指紋からのABO式血液型検出についての検討 / 林子清
  • 大島徹
  • 高安達典
  • 永野耐造
  • 賈靜濤 / p117~117
  • 30 酵素免疫測定法によるヒト及び臓器の識別同定:骨格筋損傷の免疫学的検討(第2報)--筋形質膜蛋白Dystrophinの精製 / 松田洋和
  • 瀬尾泰久
  • 髙濱桂一 / p118~118
  • 31 臓器特異的抗体2.ヒト脳ミオシン / 中島彰一
  • 宇田知司
  • 安田誠治
  • 大澤資樹
  • 辻力
  • 木村章彦
  • 松村末夫 / p119~119
  • 32 Inter-α-trypsin inhibitorの遺伝的多型について / 原田彰
  • 梅津和夫
  • 鈴木庸夫 / p120~120
  • 33 乳児急死例における膵臓組織像 / 向井敏二
  • 大城尚伸
  • 玉城尚
  • 内間栄行
  • 宇根裕代
  • 森永泰正
  • 永盛肇 / p121~121
  • 34 小児急性細気管支炎はSIDSの原因たりうるか? / 土井幹雄
  • 大橋教良
  • 斎藤久子
  • 竹田一則
  • 三澤章吾 / p122~122
  • 35 乳幼児突然死症候群の死因に関する免疫組織化学的アプローチ / 張維東
  • 鈴木裕子
  • 山田良広
  • 森啓
  • 高取健彦 / p123~123
  • 36 溶血性ショックの病態生理 / 平岩幸一
  • 栗崎恵美子
  • 郡司啓文 / p124~124
  • 37 エンドトキシンショックに関する研究(第2報)菌体毒素(LPS)投与ラットの肝臓における腫瘍壊死因子およびロイコトリエンの局在 / 長野亨
  • 北敏郎
  • 田中敏子
  • 新宅貴久栄
  • 田中宣幸 / p125~125
  • 38 心肥大度の評価 / 重田聡男
  • 新垣百合朝
  • 村田須美枝
  • 中村愼
  • 高津光洋 / p126~126
  • 39 雌雄ラットにおける脳モノアミンおよび代謝物と性ホルモンの関係 / 道解公一
  • 角田健司
  • 蔡敏昌
  • 渡辺正二
  • 渡辺富雄 / p127~127
  • 40 高温条件下における血小板機能とその脂質変化 / 水谷洋子
  • 伊藤要子
  • 山田髙路 / p128~128
  • 41 ヒト組織におけるプロテアソノームの局在--免疫組織化学的研究 / 徳永逸夫
  • 原田寛子
  • 前岩道彦
  • 武市早苗 / p129~129
  • 42 石膏模型上における乳歯の大きさからみた性別判定 / 竹内俊裕
  • 松井暢孝
  • 網干博文
  • 堤博文
  • 川上龍美
  • 小室歳信
  • 竹井哲司 / p130~130
  • 43 アミノ酸ラセミ化法によるセメント質からの年齢推定(2) / 大谷進
  • 杉本治雄
  • 山崎光信
  • 菅野均
  • 山本勝一 / p131~131
  • 44 骨組織の法医学的研究(第7報)縄文人頭骨の組織学的走査電顕的観察 / 福島亨
  • 藤田昌宏
  • 石橋宏 / p132~132
  • 45 ヒト恥骨結合部の超軟X線像からの年齢推定--コンピュータ画像解析からの年齢推定式(IX) / 巽信二
  • 佐野嘉則
  • 小西聡
  • 杉山静征
  • 吉村昌雄 / p133~133
  • 46 ELISA-ABC法による微量血痕からの人血証明とABO式血液型判定 / 斉藤茂
  • 常盤和雄 / p134~134
  • 47 血痕経過日数の判定(第3報)--MCPD法 / 藤田義彦
  • 山本尚美 / p135~135
  • 48 土壌に混じた血液からの血こん及び血液型検査の検討 / 五十嵐善一 / p136~136
  • 49 ガラスプレートを用いる血液・体液斑の解離法による血液型検査 / 目黒ひとみ
  • 吉岡尚文 / p137~137
  • 50 精液と精液斑におけるGGTP型判定 / 木村由紀子
  • 小松紀
  • 木戸啓
  • 大矢正算 / p138~138
  • 51 モノクローナル抗A・抗B・抗H抗体の法医鑑識への応用--鑑定資料(膣液、精液)について / 小櫛富夫
  • 尾形早映子
  • 菊池哲 / p139~139
  • 52 レーザー光熱変換分光分析法による免疫学的反応の測定 / 木村博子
  • 松沢茂隆
  • 北森武彦
  • 澤田嗣郎 / p140~140
  • 53 微量糞便の分析について--GC/MSによる / 高津正久
  • 中西俊雄
  • 橋本敬
  • 下田修
  • 本村浩之
  • 二宮利男 / p141~141
  • 54 法医学的試料鑑定への色彩色差計導入の試み(続報) / 四宮薫
  • 織本千年
  • 四宮孝昭 / p142~142
  • 55 高速液体クロマトグラフィーによるプロピオン酸系解熱鎮痛消炎剤の微量分析 / 篠塚達雄
  • 黒田直人
  • 栗原克由
  • 武井節子
  • 柳田純一 / p143~143
  • 56 抗ヒスタミン剤とその類似化合物の正イオン・負イオン質量分析と迅速分離法 / 妹尾洋
  • 熊沢武志
  • 鈴木修
  • 浅野稔 / p144~144
  • 57 メガボアカラムGC-NPDによる薬毒物の一斉高感度分析(2)--バルビツール酸系薬剤について / 寺田賢
  • 安田雅志
  • 若杉長英 / p145~145
  • 58 代謝物によって証明した有機燐系農薬中毒死 / 屋敷幹雄
  • 宮崎哲次
  • 岩崎泰昌
  • 小嶋亨
  • 坂井紘治
  • 平賀正文 / p146~146
  • 59 マロン酸アルデヒドを指標とした脂質過酸化レベルとパラコート毒性(第3報) / 富田正文 / p147~147
  • 60 コバルトおよびアルコール投与ラットのコバルト、アルコール吸収の変動と脂質過酸化について(2)反復投与後の影響 / 伊藤敦子
  • 竹下智子
  • 渡部美千子
  • 岡宮育代
  • 伊藤順通 / p148~148
  • 61 β-カルボリンの生体内生成に関与する因子--ラットを用いた実験 / 足立順子
  • 小川裕美
  • 菱田繁
  • 羽竹勝彦
  • 大内晴美
  • 上野易弘
  • 龍野嘉紹 / p149~149
  • 62 β-カルボリンの中枢神経毒性発現機構 / 松原和夫
  • 赤根敦
  • 福島正充
  • 香川昌人
  • 高橋節典
  • 塩野寛
  • Michael A. Collins / p150~150
  • 63 ヒスタミン拮抗薬の体内分布とその死後変化 / 今村徹
  • 永田武明
  • 木村恒二郎
  • 工藤恵子
  • 浦川成美 / p151~151
  • 64 側座核ドーパミン及びセロトニン動態変化とアルコール摂取行動について / 吉本寛司
  • 古村節男
  • 河村啓司 / p152~152
  • 65 アルコールの腸管吸収に関する実験的研究(第4報) / 篠原豊彦
  • 飴野清
  • 飴野節子
  • 福家千昭
  • 霧生孝弘
  • 十川和彦
  • 井尻巖 / p153~153
  • 66 硫化水素の法医中毒学的研究(第3報) / 山本好男
  • 山田光子
  • 兼正晃
  • 福永龍繁
  • 西克治 / p154~154
  • 67 死後変化に関する組織学的研究(第6報)--画像解析システムによる数量化 / 古川理孝
  • 船尾忠孝 / p155~155
  • 68 脳波自動解析システムによる鼻腔誘導脳波の検討(2) / 沖井裕
  • 河本圭司
  • 橋本孫一
  • 齋藤正己
  • 上田政雄
  • 石田哲朗 / p156~156
  • 69 損傷の生活反応判定についての研究--局所のLDHアイソザイムパターンを中心として / 岩佐峰雄
  • 高部福太郎
  • 前野善孝
  • 井上博之 / p157~157
  • 70 圧痕反応における骨格筋染色像の電顕的基礎 / 川口直彦
  • 向田政博 / p158~158
  • 71 免疫組織化学法による皮膚における生前出血と死後変色の鑑別 / 木林和彦
  • 古澤世理子
  • 恒成茂行 / p159~159
  • 72 酵素抗体法による19剖検例の心筋虚血病変に関する法医病理学的検討 / 朱宝利
  • 大島徹
  • 林子清
  • 永野耐造 / p160~160
  • 73 血管造影による出血部位の検索 / 藤倉隆
  • 小湊慶彦
  • 滝澤久夫 / p161~161
  • 74 日本人のウィリス動脈輪の形態・分岐に関する研究(1) / 栗原克由
  • 黒田直人
  • 篠塚達雄
  • 村井達哉
  • 村井直子
  • 山口吉嗣
  • 舟山真人
  • 松尾義裕
  • 徳留省悟
  • 中村俊彦
  • 木村壽子
  • 乾道夫
  • 柳田純一 / p162~162
  • 75 耳介損傷痕の成因鑑定--挫創痕か銃創痕か / 黒須明
  • 高橋雅典
  • 上山滋太郎 / p163~163
  • 76 列車による死亡者の損傷と運転者の目撃証言 検屍28例の分析 / 橋本良明
  • 中西祥徳
  • 長崎靖 / p164~164
  • 77 外傷性内頸動脈閉塞2剖検例 / 小島原將直
  • 武市早苗
  • 瀬戸良久
  • 斉藤剛
  • 辻彰子
  • 池田典昭 / p165~165
  • 78 夜間路上横臥者轢過事故分析 / 草野五男
  • 山本秀孝
  • 羽場喬一 / p166~166
  • 79 高令者の交通事故の法医学的解析 / 山内春夫
  • 出羽厚二
  • 藤田一
  • 児玉安司
  • 小野政孝
  • 内藤笑美子 / p167~167
  • 80 東京都監察医務院における30年間の乳児解剖例 / 舟山眞人
  • 黒田直人
  • 徳留省悟
  • 中村俊彦 / p168~168
  • 81 死因と世相 その3 / 雨宮愛
  • 鳥山直樹
  • 伊藤恵里子
  • 東城泰弘
  • 稲村啓二
  • 相原弼徳
  • 嶋田光哉
  • 津田征郎
  • 西丸與一 / p169~169
  • 82 スーパーインポーズ法(第25報) / 石橋宏
  • 福島亨 / p170~170
  • 83 画像処理技術を応用した頭蓋からの顔貌復元に関する研究 / 宮坂祥夫
  • 君島哲夫
  • 吉野峰生
  • 佐藤元
  • 三宅文太郎
  • 瀬田季茂 / p171~171
  • 84 市販イメージライターソフトウェアーを使ったパーソナルコンピューターでの指紋比較の検討 / 後藤公彦
  • 池本卯典
  • 富田功一 / p172~172
  • 85 酵素抗体法によるヒト歯牙組織内ABO式血液型抗原分布の検討 / 緒方惟幸
  • 井村万亀雄
  • 吹田和徳
  • 前田均 / p173~173
  • 86 Labelled Streptavidin Biotin法によるヒト頭毛のABO式血液型判定 / 内村裕光
  • 恒成茂行 / p174~174
  • 87 微量血痕についての各種検査法による人血証明の比較 / 新津ひさえ
  • 常盤和雄
  • 桂秀策 / p175~175
  • 88 抗ヒトミオグロビン抗体を使用したダブルサンドイッチELISAによるヒト筋肉組織の証明 / 北尾孝司
  • 宮石智
  • 守屋文夫
  • 山本雄二
  • 石津日出雄 / p176~176
  • 89 鼻汁のSDS-ポリアクリルアミドゲル電気泳動による分析 / 伊藤幸夫
  • 小林了
  • 松沢茂隆 / p177~177
  • 90 ヒト血清タンパク質中に証明された新しい遺伝的多型形質 プロテインCインヒビター(PCI) / 安田年博
  • 灘野大太
  • 岸紘一郎 / p178~178
  • 91 唾液塩基性プロリンリッチプロテインの遺伝的多型 / 寺田仁志
  • 水口清
  • 花岡洋一
  • 鈴木和男 / p179~179
  • 92 肺気腫を呈したα₁-アンチトリプシン欠損の一家系 / 湯浅勲
  • 岡田吉郎
  • 杉本勇二
  • 服巻保幸 / p180~180
  • 93 Research on the Age Estimation using Tooth Attrition on Chinese Han Nationality(yunnan) / Hong Wei.Song
  • Jing Tao.Jia / p181~181
  • 94 日本人における寿命の遺伝性について / 米村勇
  • 佐藤慶太
  • 周懐谷
  • 中嶋八良
  • 支倉逸人 / p182~182
  • 95 雲仙普賢岳の火砕流による大量災害死について / 今井忠之
  • 小嶺朝海
  • 北村修
  • 深江鉄男
  • 中園一郎
  • 吉田邦靖 / p183~183
  • 96 ロサンゼルス地区での検死制度と臓器移植におけるその役割 / 黒須三恵
  • 渡辺日章
  • トーマス T. 野口 / p184~184
  • P-1 日本人集団において歯科的所見が特定個人と一致する確率計算法について / 橋本正次
  • 清水努
  • 鈴木和男 / p185~185
  • P-2 歯科的所見からの個人識別(第4報) / 堤博文
  • 小野塚清史
  • 高橋登世子
  • 小室歳信
  • 竹井哲司 / p186~186
  • P-3 ELISAによる歯石からのABO式およびLewis式血液型判定 / 小室歳信
  • 向山レイ
  • 八重樫潤
  • 山本奨
  • 滝沢伸行 / p187~187
  • P-4 手掌領域に出現する紋理の同一個体内の左右差--特に第II,第III,第IV指間紋について / 富田ゆかり
  • 長谷場健
  • 渡辺日章 / p188~188
  • P-5 顎骨からのハバース管の形態学的研究 / 山本勝一
  • 宇都宮丈児
  • 佐藤千尋
  • 山本茂、大谷進
  • 吉沢英樹
  • 見明清
  • 上松博子 / p189~189
  • P-6 象牙質のアスパラギン酸ラセミ化反応速度に関する研究 / 中村隆志
  • 大谷進 / p190~190
  • P-7 高速液体クロマトグラフィーによる血痕の経時的検査 / 熊谷礼子
  • 桂生代
  • 桂秀策 / p191~191
  • P-8 高速液体クロマトグラフィーによる血痕の陳旧度判定(第2報) / 井上博之
  • 岩佐峰雄
  • 前野善孝
  • 高部福太郎 / p192~192
  • P-9 血痕からの血液型判定(第4報) / 森田香 / p193~193
  • P-10 糖尿病死後診断のための溶血試料中糖化血清蛋白の定量法の検討 / 赤根敦
  • 塩野寛
  • 松原和夫
  • 田部浩一
  • 福島正充
  • 高橋節典
  • 中村博明
  • 長谷川正紀
  • 香川昌人 / p194~194
  • P-11 数種の体液におけるシスタチンの泳動像の比較と組織特異的発現に関する考察 / 新谷益朗
  • 水口清
  • 鈴木和男 / p195~195
  • P-12 ヒトおよび各種動物毛の二次元電気泳動法による分析 / 永井淳
  • 蒋秀妍
  • 大谷勲 / p196~196
  • P-13 ヒト毛髪中の微量元素濃度 / 山本好男
  • 山田光子
  • 福永龍繁
  • 西克治 / p197~197
  • P-14 ヒト臓器中の微量元素濃度 / 山本好男
  • 山田光子
  • 福永龍繁
  • 西克治 / p198~198
  • P-15 α-hANP分析の法医学的適応 / 鳥山直樹
  • 雨宮愛
  • 伊藤恵理子
  • 東城泰弘
  • 稲村啓二
  • 相原弼徳
  • 山本茂
  • 嶋川光哉
  • 津川征郎
  • 西丸與一 / p199~199
  • P-16 ABO式血液型の遺伝子型決定へのアプローチ / 松木孝澄
  • 中島たみ子
  • 古川研 / p200~200
  • P-17 ヒトO型赤血球膜固定化プレートを用いたA及びB型合成酵素活性の測定の検討 / 西島洋憲
  • 小暮正久 / p201~201
  • P-18 A型抗原の欠落した胃癌細胞株の分離とその性状 / 小湊慶彦
  • 藤倉隆
  • 畑伸秀
  • 滝澤久夫
  • 西野主眞 / p202~202
  • P-19 免疫組織化学用染色システムを用いたホルマリン固定臓器の血液型判定法(IV) / 原正昭
  • 永野康子
  • 矢部勝弘
  • 齋藤一之
  • 村井達哉
  • 渡辺博司 / p203~203
  • P-20 霊長類消化管における血液型関連抗原分布の免疫電顕的観察 / 河原信吾
  • 伊藤信彰
  • 石谷昭子
  • 平野佳成
  • 廣田忠臣 / p204~204
  • P-21 ヒト脳脊髄液中のABO式血液型抗原の存在の検討 / 小暮正久
  • 西島洋憲
  • 山崎健太郎
  • 鷺盛久
  • 桑木泰裕
  • 五味三佐子
  • 赤尾結花 / p205~205
  • P-22 VB₁₂-Sepharoseに吸着される唾液の型物質について / 岡田正江
  • 向田政博 / p206~206
  • P-23 JSM-890走査型電子顕微鏡によるラテックス凝集反応の観察(3)金コロイド反射電子像による抗原,抗体の証明 / 木村博子
  • 王慧茹
  • 東秀子
  • 西江弘 / p207~207
  • P-24 南西諸島におけるGc型の遺伝子頻度について / 梶原正弘
  • 内間栄行
  • 向井敏二
  • 永盛肇
  • 岡田健夫
  • 佐藤喜宣 / p208~208
  • P-25 精液斑からのトランスフェリン(TF)型判定 / 灘野大太
  • 澤崎一三
  • 安田年博
  • 岸紘一郎 / p209~209
  • P-26 精液のアルファ-1-アンチトリプシン(PI)型 / 澤崎一三
  • 安田年博
  • 灘野大太
  • 岸紘一郎 / p210~210
  • P-27 α₂HS-glycoproteinに関する研究 / 新岡顕尚
  • 早狩誠
  • 北武 / p211~211
  • P-28 アンチトロンビンIII(ATIII)の遺伝的多型(続報) / 西向弘明
  • 湯浅勲
  • 首藤誠
  • 四宮孝昭
  • 末永和之 / p212~212
  • P-29 パプアニューギニアにおけるオーストラロメラネシアンの血清遺伝学的研究 / 古澤世理子
  • 東朋子
  • 恒成茂行 / p213~213
  • P-30 ソビエト連邦における少数民族、エベンキ族及びブリアート族の多型形質について / 鈴木広一
  • 石本剛一
  • V. P. ウィーベ
  • A. I. マジーン
  • A. イルニツキー
  • A. P. デレヴィヤンコ
  • 松本秀雄
  • 溝井泰彦 / p214~214
  • P-31 トリアジン系除草剤の迅速分離法とキャピラリーガスクロマトグラフィー / 熊沢武志
  • 妹尾洋
  • 鈴木修 / p215~215
  • P-32 有機塩素系農薬の日本人体内蓄積・分布に関する研究(X)--最近15年間の経年的推 / 野田裕司
  • 山田正
  • 三ッ国洋一
  • 山口真由
  • 杉山靜征
  • 吉村昌雄 / p216~216
  • P-33 高速液体クロマトグラフ質量分析計によるパラコートとジクワットの同時分析について / 吉田学
  • 綿引利充
  • 時安太久磨
  • 石田哲朗 / p217~217
  • P-34 ParaquatとDiquatの体内動態に関する実験的研究(第4報)--ParaquatとDiquatの代謝産物について / 福家千昭
  • 飴野清
  • 霧生孝弘
  • 篠原豊彦
  • 飴野節子
  • 十川和彦
  • 木下博之
  • 井尻巌 / p218~218
  • P-35 パラコート、ジクワット中毒におけるヒト及びラット血清中のアスコルベートラジカルの変動 / 南方かよ子
  • 鈴木修
  • 浅野稔 / p219~219
  • P-36 パラコート中毒におけるサーバイバルカーブの評価 / 池淵淳
  • Proudfoot AT
  • 岡田吉郎 / p220~220
  • P-37 抗ダイコート抗体の作製とその法医学的応用(第3報) / 呉博韜
  • 都丸泰寿
  • 高取健彦
  • 寺沢浩一 / p221~221
  • P-38 ジフェニルメタン系抗ヒスタミン剤のガスクロマトグラフィー表面電離検出器による検出 / 山本伸一
  • 服部秀樹
  • 高島英二
  • 岩田昌也
  • 山田髙路 / p222~222
  • P-39 ミクロカラムLC/FAB-MSによるセフェム系抗生物質の分析 / 佐藤啓造
  • 小林克章
  • 水野靖
  • 青木稔
  • 勝又義直 / p223~223
  • P-40 死体内セファロスポリン系抗生物質濃度の経時的変化 / 稗田洋子
  • 影浦光義
  • 原健二
  • 柏村征一 / p224~224
  • P-41 アルコール酸化抑制剤によるエタノール代謝物の動態 / 塚本昭次郎
  • 羽鳥孝郎
  • 内ヶ崎西作
  • 名児耶忠章
  • 嶋村政男
  • 三枝洋子 / p225~225
  • P-42 現場で採取された血液中エタノール濃度の評価に関する基礎的研究(IV) / 山本彰一
  • 池田晴彦
  • 太田正孝
  • 山口和哉
  • 辻力
  • 加納晴三郎 / p226~226
  • P-43 飲酒後の呼気中アルコール濃度のピーク値の経時変化に関するモデル化とシミュレーション / 原田寛子
  • 徳永逸夫
  • 前岩道彦 / p227~227
  • P-44 急性エタノール投与ラット脳の³¹P-MRSおよび¹H-MRS / 平川慶子
  • 植草協子
  • 林田眞喜子
  • 仁平信
  • 渡辺日章 / p228~228
  • P-45 メプロバメートの脳濃度に及ぼす長期エタノール投与の影響 / 守屋文夫
  • 佐藤彰一
  • 宮石智
  • 山本雄二
  • 菅晋
  • 伊藤晃
  • 石津日出雄 / p229~229
  • P-46 アルコール摂取と胎児奇形(第3報) / 浮田勝男
  • 和澤仁
  • 中村智恵美
  • 福井有公
  • 塩田浩平 / p230~230
  • P-47 剖検死体からの薬毒物の検索--リドカインの検出 第2報 / 谷口忠昭
  • 菱田繁
  • 羽竹勝彦
  • 大内晴美
  • 南貴子
  • 田中郁人 / p231~231
  • P-48 トルエン乱用者におけるS-ベンジル-N-アセチルシステインの尿排泄(第2報) / 高橋節典
  • 福島正充
  • 長谷川正紀
  • 赤根敦
  • 松原和夫
  • 塩野寛 / p232~232
  • P-49 GC/MSによるアヘンアルカロイドおよびメコン酸の同時分析 / 宮田嘉彦
  • 安藤皓章 / p233~233
  • P-50 ヒトおよび実験動物における覚せい剤濃度 / 小野内栄子
  • 杉田義弘
  • 柳沢裕子
  • 長井辰男 / p234~234
  • P-51 長期覚醒剤連用によるラット脳での過酸化脂質の増加 / 袖崎賢一郎
  • 藤谷登
  • 的場梁次 / p235~235
  • P-52 異物カルボニル化合物代謝酵素の法医中毒学的研究(II)肝および腎カルボニル還元酵素の性状と組織学的局在 / 松浦一也
  • 蒋秀妍
  • 武内康雄
  • 大谷勲 / p236~236
  • P-53 食・毒キノコの鑑別スクリーニング法の検討(第2報) / 権守邦夫
  • 目黒ひとみ
  • 吉岡尚文 / p237~237
  • P-54 救急患者および剖検試料におけるトキシ・ラボ®スクリーニング / 西上潤
  • 高安達典
  • 大島徹
  • 澤口聡子
  • 中谷剛
  • 斉藤和則
  • 永野耐造 / p238~238
  • P-55 質量分析法による剖検試料中未知化合物の化学構造推定について(1事例から) / 原健二
  • 影浦光義
  • 稗田洋子
  • 柏村征一 / p239~239
  • P-56 パンクロニウム静注による自殺例 / 屋敷幹雄
  • 宮崎哲次
  • 岩崎泰昌
  • 小嶋亨 / p240~240
  • P-57 ホウ酸中毒死の一例 / 宮崎哲次
  • 屋敷幹雄
  • 岩崎泰昌
  • 小嶋亨
  • 吉田哲 / p241~241
  • P-58 最近5年間の東京都監察医務院における覚醒剤中毒者における剖検例 / 水澤郁文
  • 松尾義裕
  • 遠藤任彦
  • 青木公子
  • 黒岩幸雄 / p242~242
  • P-59 溺死体の死体所見に関する統計的考察 特に溺死肺重量と胸腔内滲出液について / 牧角俊郎
  • 山崎康彦
  • 古野潤治 / p243~243
  • P-60 交通事故外傷と肝疾患の死亡に対する影響度 / 黒木尚長
  • 増井美保
  • 若杉長英 / p244~244
  • P-61 当教室で扱った薬毒物中毒死の現況と変遷 / 伊藤敦子
  • 渡部美千子
  • 竹下智子
  • 島田誠
  • 島田優子
  • 伊藤順通 / p245~245
  • P-62 千葉大学医学部法医学教室における最近20年間の司法解剖例の統計的考察 / 木内政寛
  • 佐藤弥生
  • 木村康 / p246~246
  • P-63 山口県における過去5年間の自殺統計 / 山崎康彦
  • 牧角俊郎 / p247~247
  • P-64 福岡県内の自殺例について / 伊藤洋子
  • 上村繁雄
  • 神田芳郎
  • 木村博司 / p248~248
  • P-65 最近10年間の佐賀県下における自殺例の疫学的研究 / 境野正武
  • 尾形親
  • 的場梁次
  • 松村父征生 / p249~249
  • P-66 ³²P-ポストラベル法の法医学への応用(第2報) / 都丸泰寿
  • 長尾正崇
  • 呉博韜
  • 寺沢浩一
  • 高取健彦 / p250~250
  • P-67 DNAフインガープリンテイング(Cold法の普及) / 出羽厚二
  • 内藤笑美子
  • 山内春夫
  • 木南凌 / p251~251
  • P-68 Single locus probeを用いたDNA多型の法医遺伝学的応用 / 東城泰弘
  • 土田修濁
  • 池本卯典
  • 相原弼徳
  • 山本茂
  • 津田征郎
  • 西丸與一 / p252~252
  • P-69 シングルローカスブローブ(MS1,MS31,MS43a,G3)による日本人の対立遺伝子出現頻度 / 神山清文
  • 高城和子
  • 保里昌彦
  • 名倉賢治 / p253~253
  • P-70 M13ファージDNA断片をインサートとするDNAフィンガープリント用ユニバーサルプローブ / 福田昌子
  • 岸田哲子
  • 玉置嘉広 / p254~254
  • P-71 培養リンパ球を用いたDNAフィンガープリント / 玉城尚
  • 内間栄行
  • 宇根裕代
  • 仲里稔
  • 向井敏二
  • 永盛肇 / p255~255
  • P-72 パラフィン包埋組織から抽出したDNAによる性別判定 / 安積順一
  • 池田卓也
  • 森田匡彦 / p256~256
  • P-73 PCR法を利用した性別判定 / 北川光
  • 向井博之
  • 田口由起
  • 加藤郁之進 / p257~257
  • P-74 PCR法による性別判定--汚染や加熱された生物試料を中心に / 中西祥徳
  • 長崎靖
  • 高橋直子
  • 渡辺芳久
  • 橋本良明 / p258~258
  • P-75 ABO式血液型に関するPCR法の法医学的応用 / 那谷雅之
  • 青木康博
  • 長江美紀子
  • 趙渠・勾坂馨 / p259~259
  • P-76 人、c-fes/fps proto-oncogfne(FES)の4塩基繰り返しによる多型性のPCR法を用いた検討 / 勝浦康江
  • 前岩道彦 / p260~260
  • P-77 PCR法の唾液斑での検討(第2報) / 兼正晃
  • 山田光子
  • 山本好男
  • 福永龍繁
  • 西克治
  • 向井博之 / p261~261
  • P-78 混合体液斑からのDNA精製とPCR法を用いたMCT118型分析及びHLA DQα型分析 / 吉田日南子
  • 笠井賢太郎
  • 坂井活子
  • 向山明孝 / p262~262
  • P-79 血痕および精液斑からのPCR増幅・逆位Dot-Blot法を用いたHLADQα型検出 / 坂井活子
  • 笠井賢太郎
  • 吉田日南子
  • 水野なつ子
  • 向山明孝 / p263~263
  • P-80 PCR法を用いたDNA増幅によるHLADQαタイピングに及ぼすヒト組織の紫外線及び温熱曝露の影響 / 横田信
  • 井村万亀雄
  • 樋口豊治
  • 前田均 / p264~264
  • P-81 PCR-SSCP法によるRhポリペプチド遺伝子多型の検出 / 岩本禎彦
  • 梶井英治
  • 土田修一
  • 近江俊徳
  • 小山田隆
  • 池本卯典 / p265~265
  • P-82 硬組織DNAによる白骨死体の個人識別とその多変量解析 / 本田克也
  • 針原伸二
  • 平井百樹
  • 福島弘文
  • 中村貴子
  • 三澤章吾 / p266~266
  • P-83 腐敗、焼損を伴ったバラバラ死体におけるDNA分析 / 辻彰子
  • 斉藤剛
  • 小島原将直
  • 瀬戸良久
  • 池田典昭
  • 武市早苗
  • 石井直明 / p267~267
  • P-84 Polyerase Chain Reaction(PCR)法およびダイレクトシークエンス法を用いた人獣鑑別法 / 土田修一
  • 池本卯典 / p268~268
  • P-85 死斑の研究(IV)免疫組織化学によるヒトヘモグロビンの局在 / 田畑典子
  • 池田卓也
  • 森田匡彦 / p269~269
  • P-86 死斑の定量的測定--近赤外光を利用した死斑測定器の試作 / 井上仁
  • 井上晃孝
  • 岡田吉郎
  • 伏見良隆
  • 松岡節 / p270~270
  • P-87 屍体液のUV像構成成分に関するHPLCによる定量分析--心のう液 / 杉江秀明
  • 船尾忠孝
  • 栗原文男 / p271~271
  • P-88 小型画像処理装置による皮下出血の判定 / 大野曜吉
  • 古川一雄
  • 内ヶ崎西作
  • 押田茂實
  • 大城尚伸 / p272~272
  • P-89 損傷の生活反応についての研究:損傷局所のC3a及びC3adesArgについて(第2報) / 前野善孝
  • 高部福太郎
  • 森諭香
  • 岩佐峰雄
  • 井上博之 / p273~273
  • P-90 交通事故における歩行者傷害 とくに下肢損傷について / 岩楯公晴
  • 本田克也
  • 黒崎久仁彦
  • 三澤章吾
  • 山崎健太郎
  • 堀口尚
  • 大橋教良
  • 小野古志郎 / p274~274
  • P-91 窒息における組織血流量(肝・腎・筋)の研究(I) / 小笠原壽
  • 中田伸子
  • 山下ケサ子
  • 越澤亜江子
  • 澤口彰子 / p275~275
  • P-92 血小板機能の窒息診断への応用 / 大上治
  • 中村茂基
  • 越智順子
  • 小笠原壽恵
  • 澤口彰子 / p276~276
  • P-93 肥大型心筋症による突然死:剖検例の統計的,病理学的検討 / 村井達哉
  • 齋藤一之
  • 黒田直人
  • 舟山眞人
  • 徳留省悟
  • 中村俊彦
  • 村井直子
  • 原正昭
  • 矢部勝弘
  • 渡辺博司 / p277~277
  • P-94 PCR法によるパラフィン切片からのウイルス診断 / 福島弘文
  • 太田正穂
  • 本田克也
  • 勝山善彦 / p278~278
  • P-95 リン酸アルミニウムによる神経原線維変化の実験的作成 / 龍野嘉紹
  • 山本好男
  • 山田光子
  • 藤原敏
  • 西村明儒
  • 中川加奈子
  • 柳田泰義
  • 中西孝一 / p279~279
  • P-96 法医剖検脳の免疫組織化学的検討(II) / 北村修
  • 久保真一
  • 岩崎稔
  • 廣瀬渉
  • 中園一郎 / p280~280
  • P-97 脳組織における抗生物質の免疫組織化学的検出 / 向田政博
  • 高田雄三
  • 山崎紀子
  • 永瀬茂代 / p281~281
  • P-98 培養脳神経細胞の神経毒性研究への応用 パラコートの脳内アミノ酸への影響 / 遠藤任彦
  • 渡辺泰雄
  • 原修一 / p282~282
  • P-99 クモ膜下出血の血管反応性に及ぼす効果について / 羽竹勝彦
  • 菱田繁
  • 李家文
  • 日笠久美
  • 谷口忠昭
  • 大内晴美
  • 南貴子 / p283~283
  • P-100 ラット脳室内β-endorphin投与による呼吸・循環動態の変化--その性差について / 角田健司
  • 黒岩康子
  • 道解公一
  • 李暁鵬
  • 秋谷行雄
  • 渡辺富雄 / p284~284
  • P-101 緊縛性ショック死の実験的研究(IV) / 浜島誠
  • 平田ゆかり
  • 内藤道興 / p285~285
  • P-102 ハチ刺傷によるショックの免疫学的研究--ハチ毒特異IgEおよびIgG4抗体と臨床症状 / 飴野節子
  • 飴野清
  • 福家千昭
  • 篠原豊彦
  • 霧生孝弘
  • 十川和彦
  • 井尻巌 / p286~286
  • P-103 ヒト血液中のLTB₄に関する研究 / 柳澤裕子
  • 小野内栄子
  • 杉田義弘
  • 長井辰男 / p287~287
  • P-104 Peroxidaseを用いた蛋白質の検出について / 梅津和夫
  • 鈴木庸夫 / p288~288
  • P-105 酵素免疫測定法によるヒト及び臓器の識別同定:心損傷の免疫学的検討(第1報)--心筋トロポニンIの精製 / 末冨勝敏
  • 髙濱桂一 / p289~289
  • P-106 酵素免疫測定法によるヒト及び臓器の識別同定:腸管損傷の免疫学的検討(第1報)--スクラーゼ・イソマルターゼの精製 / 湯川修弘
  • 髙濱桂一 / p290~290
  • P-107 ヒト肝ミクロゾームにおける薬物代謝の酵素系--死後変化と肝障害の指標として / 山崎元彦
  • 若杉長英 / p291~291
  • P-108 溺死体における胸腔液量と死後経過時間に関する研究 / 伏見良隆
  • 山本直人
  • 井上仁
  • 松岡節 / p292~292
  • P-109 釘による右冠状動脈穿孔に起因した心タンポナーデの一例 / 津金澤督雄
  • 小片守
  • 吾郷一利
  • 吾郷美保子
  • 中島弘志 / p293~293
  • P-110 自動車の外側面による圧死の2剖検例 / 黒須明
  • 高橋雅典
  • 長井敏明
  • 上山滋太郎 / p294~294
  • P-111 腹部皮下出血の形状と成傷器 / 栗原克由
  • 黒田直人
  • 篠塚達雄
  • 柳田純一 / p295~295
  • P-112 腸間膜裂創による死亡2例 / 入澤淑人
  • 吉本寛司
  • 藤宮龍也
  • 大洞弓子
  • 古村節男 / p296~296
  • P-113 孤立性空腸穿孔を認めた被虐待児の一剖検例 / 小片守
  • 吾郷一利
  • 吾郷美保子
  • 中島弘志
  • 津金澤督雄 / p297~297
  • P-114 救急処置による損傷 喉頭展開時の舌骨骨折が疑われる2剖検例 / 橋本良明
  • 長崎靖
  • 中西祥徳 / p298~298
  • P-115 縊頸自殺企図による特異な頸部離断の一例 / 鈴木裕子
  • 森啓
  • 張維東
  • 山田良広
  • 塚本哲
  • 高取健彦 / p299~299
  • P-116 金串による後頸部刺創例 / 木村恒二郎
  • 永田武明
  • 今村徹 / p300~300
  • P-117 刺創及び切創に於て認められた刃の破片とX線写真像との関連 / 四宮孝昭
  • 西向弘明
  • 四宮薫
  • 織本手年
  • 大上正善 / p301~301
  • P-118 橋延髄境界部損傷による死亡例 / 藤宮龍也
  • 入澤淑人
  • 大洞弓子
  • 反町吉秀
  • 古村節男 / p302~302
  • P-119 拳銃による射創7例 / 向井敏二
  • 玉城尚
  • 内間栄行
  • 森永泰正
  • 永盛肇 / p303~303
  • P-120 特異な殺人
  • 屍体損壊の一剖検例 / 伊藤順通
  • 伊藤敦子
  • 竹下智子
  • 島田誠
  • 岡宮育代
  • 島田優子 / p304~304
  • P-121 急性心筋炎による死亡例 / 上野易弘
  • 西村明儒
  • 山本健二
  • 中川加奈子
  • 藤原敏
  • 小川裕美
  • 龍野嘉紹
  • 溝井泰彦
  • 菱田繁
  • 井尻巖
  • 羽竹勝彦
  • 福永龍繁 / p305~305
  • P-122 脳の血管奇形病変3例 / 久保真一
  • 北村修
  • 中園一郎
  • Klaus Püschel / p306~306
  • P-123 ホスゲン中毒死の1剖検例 / 瀬戸良久
  • 平瀬文子
  • 小島原将直
  • 斉藤剛
  • 辻彰子
  • 池田典昭
  • 武市早苗 / p307~307
  • P-124 タリウム中毒の一例 / 高津光洋
  • 丸山恭子
  • 新垣百合朝
  • 阿部光伸
  • 大槻政弘
  • 松林里絵
  • 小田雅也 / p308~308
  • P-125 疑父死亡の親子鑑定の1例 / 郡司啓文
  • 阿部すみ子
  • 平岩幸一 / p309~309
  • P-126 親子鑑定父権否定例の検討 / 佐藤慶太
  • 周懐谷
  • 米村勇
  • 中嶋八良
  • 支倉逸人 / p310~310
  • P-127 奇妙なGC変異型を伴う親子鑑定例 / 石本剛一
  • 石浜信之
  • 中嶋八良 / p311~311
  • P-128 白骨化死体の骨に残存する刺創 / 福島亨
  • 石橋宏 / p312~312
  • P-129 アミノ酸ラセミ化法による屍蠟化した死体の歯からの年齢鑑定例 / 大谷進
  • 箕島忠夫
  • 山岸光男
  • 小笠原章夫
  • 山本勝一 / p313~313
  • P-130 古人骨の特殊な埋葬形式と血液型について / 稲垣徹
  • 井上晃孝
  • 岡田吉郎 / p314~314
  • P-131 蓄膿症根治手術時の頭蓋底穿孔後の死亡事例 / 上山滋太郎
  • 高橋雅典
  • 齋藤一之
  • 黒須明
  • 長井敏明 / p315~315

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本法医学雑誌 = The Japanese journal of legal medicine
著作者等 日本法医学会
書名ヨミ ニホン ホウイガク ザッシ = The Japanese journal of legal medicine
書名別名 The Japanese journal of legal medicine
巻冊次 46補冊
出版元 日本法医学会
刊行年月 1992-04
ページ数
大きさ 26-28cm
ISSN 00471887
NCID AN00197605
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00019085
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想