日本皮膚科学会雑誌 = The Japanese journal of dermatology  94(2)

日本皮膚科学会 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 67(1):1957.1-93(13):1983.12 ; 111(1):2001.1-;本タイトル等は最新号による;67巻1号-;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • malignant hemangioendotheliomaの2例 / 落合豊子
  • 鈴木啓之
  • 根本則道 / p97~103
  • V型高リポ蛋白血症を伴った黄色腫症に関する検討 第3編 治療による消褪期黄色腫細胞の微細構造的変化 / 麻上千鳥
  • 西岡和恵
  • 河村邦彦
  • 山本俊比古
  • 白石達雄 / p105~112
  • 角層細胞基質タンパクについて--I.正常足蹠角層の生化学的動態 / 手塚正
  • 高橋昌江 / p113~119
  • 限局性強皮症における免疫学的異常について / 竹原和彦
  • 中林康青
  • 石橋康正
  • 諸井泰興
  • 相川崇史
  • 稲葉和代
  • 飯塚啓介 / p121~128
  • 副腎皮質ホルモン単独療法により完治したKasabach-Merritt症候群の1例 / 池内伸一郎
  • 木村栄
  • 折原俊夫
  • 山崎雙次
  • 古谷達孝
  • 佐藤俶也 / p129~136
  • 正常表皮ケラチノサイト内Deoxyribonuclease I(DNase I)ならびにRibonuclease A(RNase A)の局在に関する免疫組織化学的検討 / 野原正 / p137~142
  • 悪性黒色腫特異抗原の免疫学的解析(II)抗黒色腫抗体および抗H-2b抗体によるキラーT細胞活性の阻止 / 若林正治
  • 谷口克
  • 富岡玖夫
  • 岡本昭二 / p143~149
  • 速報的小論文 原発性皮膚アミロイドーシスアミロイド物質の抗ケラチン抗体螢光抗体法による染色性について / 米田和史
  • 北島康雄
  • 柳原誠
  • 森俊二 / p151~155
  • 学会抄録(岡山地方会第162~167回例会) / / p157~177
  • 会報 / 三浦祐晶 / p178~187

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本皮膚科学会雑誌 = The Japanese journal of dermatology
著作者等 日本皮膚科学会
書名ヨミ ニホン ヒフカ ガッカイ ザッシ = The Japanese journal of dermatology
書名別名 The Japanese journal of dermatology
巻冊次 94(2)
出版元 日本皮膚科学会
刊行年月 1984-02
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 0021499X
NCID AN00196602
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00019021
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想