日本癌治療学会誌 = The journal of Japan Society of Clinical Oncology  2(2)

日本癌治療学会

国立国会図書館雑誌記事索引 1 (1) 1966.03~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;並列タイトル変遷: The journal of Japan Society for Cancer Therapy (1巻1号-32巻5号)→ The journal of Japan Society of Clinical Oncology (36巻1号-);46巻1号から46巻3号には「日本癌治療学会学術集会」49回の表示もあり;34巻から41巻まで各巻1号は「日本癌治療学会学術集会プログラム号」, 各巻2号は「日本癌治療学会学術集会抄録号」として2分冊刊行. 42巻から46巻まで各巻1号は「日本癌治療学会学術集会プログラム号」, 各巻2号は「日本癌治療学会学術集会抄録号」, 各巻3号は「日本癌治療学会学術集会educational book」として3分冊刊行. 47巻以降各巻1号は「日本癌治療学会学術集会プログラム号」, 各巻2号は「日本癌治療学会学術集会educational book」として2分冊刊行;1巻1号 (Mar. 1, 1966)-;47巻3号は「JSCO」[電子資料] (USBメモリ) 50回として刊行, 48巻3号, 49巻3号は 「日本癌治療学会学術集会抄録号」 [電子資料] (USBメモリ) 51回, 52回として刊行

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 癌の免疫療法 / 田中//早苗 / 51~57<8364446>
  • ガンマーグロブリンによる癌治療の試み / 田中早苗 / p1~2
  • 癌患者のgamma-globulinについて / 赤井貞彦 / p2~4
  • ウィルス性腫瘍における抗ウィルス免疫と抗腫瘍免疫 / 伊藤洋平 / p5~7
  • 癌化学療法の効果判定基準 / 日比野//進 / 58~79<8364447>
  • 造血器腫瘍について / 日比野進 / p8~14
  • 血清酵素学的診断法の立場から / 山村雄一 / p14~15
  • 癌化学療法の効果判定基準 / 増田正典 / p15~19
  • 癌化学療法の効果判定基準 / 平木潔 / p19~21
  • 癌化学療法の効果判定基準 / 佐藤八郎 / p21~23
  • 癌化学療法の効果判定基準 / 小山善之 / p23~26
  • 癌化学療法の効果判定基準 / 山形敬一 / p26~29
  • 放射線科 悪性リンパ腫の放射線治療 / 梅垣//洋一郎 / 80~88<8364448>
  • 病理組織学的考察と治療方針 / 梅垣洋一郎 / p30~32
  • 悪性リンパ腫の放射線治療 / 北畠隆 / p32~34
  • 悪性リンパ腫の化学療法と放射線療法 / 芝茂 / p34~37
  • 放射線治療不成功例に関する反省 / 小野山靖人 / p37~38
  • 婦人科 子宮頸癌治療は,手術か放射線か / 西村//敏雄 / 89~103<8364449>
  • 子宮頸癌手術療法の適応と限界 / 西村敏雄 / p39~40
  • 放射線療法の適応と限界 / 岩井正二 / p40~41
  • 子宮頸癌放射線療法の適応と限界 / 増淵一正 / p42~43
  • 術前照射の適応 / 赤堀和一郎 / p43~44
  • 発言1 子宮頸癌治療法の選択 / 古賀康八郎 / p44~45
  • 発言2 / 橋本清 / p45~45
  • 発言3 / 小倉知治 / p46~46
  • 発言4 / 明石勝英 / p46~47
  • 発言5 / 滝一郎 / p47~47
  • 発言6 / 深江雄郎 / p47~48
  • 整形外科 骨肉腫の治療及び予後 / 阿部//光俊 / 105~116<8364450>
  • 四肢悪性腫瘍の制癌剤局所灌流療法 / 阿部光俊 / p55~57
  • 悪性骨腫瘍に対する制癌剤動脈内挿管投与と手術との併用療法 / 赤星義彦 / p58~60
  • 骨の悪性腫瘍に対する放射線療法の効果 / 前山厳 / p61~63
  • 長期生存骨肉腫の治療に関する検討 / 青池勇雄 / p63~65
  • 発言 / 増田元彦 / p65~66
  • 外科 末期癌の処置 / 最上//平太郎 / 117~131<8364451>
  • 疼痛の処置 / 最上平太郎 / p67~70
  • 末期消化器癌の処置 / 中山恒明 / p70~71
  • 脳転移癌の処置 / 佐野圭司 / p71~72
  • 末期乳癌に対する定位脳手術による下垂体破壊術 / 半田肇 / p72~73
  • 末期癌のホルモン療法--末期乳癌に対する副腎外科 / 永井良治 / p73~75
  • 末期泌尿器癌の処置 / 加藤篤二 / p75~77
  • 発言1 癌の疼痛対策 / 西邑信男 / p77~78
  • 発言2 末期肺癌の治療 / 岡田慶夫 / p78~79
  • 発言3 再発性乳癌患者のホルモン療法殊にMedical Adrenalectomyについて / 魚住徹 / p79~80
  • 発言4 術中照射の経験例 / 阿部光幸 / p80~81
  • 皮膚科 皮膚癌の治療成績 / 川村//太郎 / 132~142<8364452>
  • 軟レ線を用いて皮膚癌を治療した四年間の経験 / 川村太郎 / p82~83
  • 化学療法による成績 / 樋口謙太郎 / p83~85
  • 外科的療法による皮膚癌の治療成績と国際TNM分類 / 藤浪得二 / p86~87
  • 発言1 軟レ線による皮膚癌の治療補遺 (その2) 不成功例,後期障碍例について / 早川実 / p87~91
  • 発言2 電子線による皮膚癌の治療 / 野口義圀 / p91~92
  • 泌尿器科 睾丸腫瘍 / 原田//彰 / 143~148<8364453>
  • 睾丸腫瘍の臨床 / 原田彰 / p93~96
  • 睾丸腫瘍の予後成績 / 大田黒和生 / p96~96
  • 睾丸腫瘍の化学療法 / 酒徳治三郎 / p96~98
  • 頸部廓清術 / 北村//武 / 149~160<8364454>
  • 発言1 頸部リンパ節転移の放射線治療 / 梅垣洋一郎 / p106~107
  • 発言2 血管移植の問題 / 井口潔 / p107~108
  • 発言3 頸部リンパ造影 / 西峯康雄 / p108~109
  • 発言4 神経の問題 / 広戸幾一郎 / p109~110
  • 内科 抗癌剤の抗癌効果とその新しい応用面について / 仁井谷//久暢 / 161~168<8364455>
  • リゾゾームと抗癌剤 / 仁井谷久暢 / p111~114
  • 臓器移植に際しての抗腫瘍の応用 実験的異所同種肝移植におけをazathioprineの効用について / 村上文夫 / p114~116
  • 自己免疫病の免疫抑制療法としての抗腫瘍剤の応用 / 螺良英郎 / p117~118
  • 境界領域における癌の治療 / 重松//康 / 169~190<8364456>
  • 第1部頭頸部癌 / 切替一郎 / p119~125
  • 舌癌・上顎癌 / 重松康 / p119~119
  • 甲状腺癌 / 丸田公雄 / p119~120
  • 甲状腺癌 / 羽田野茂 / p120~124
  • 上顎癌 / 鈴木安恒 / p124~125
  • 第2部 骨盤内臓器癌 / 楠隆光 / p126~140
  • 直腸癌 / 梶谷鐶 / p126~127
  • 骨盤内臓器に伸展した直腸癌の治療 / 卜部美代志 / p127~129
  • 再発膣断端癌 産婦人科境界領域の協力に依るpelvic exenterationの実施 / 足高善雄 / p129~131
  • 骨盤内臓器癌 / 九嶋勝司 / p131~133
  • 骨盤腔腫瘍 / 原田直彦 / p133~134
  • 前立腺癌 / 佐藤昭太郎 / p134~135
  • 骨盤内臓器癌に対するPelvic exenterationに関して放射線科の立場から / 御厨修一 / p136~139
  • 発言1 / 真柄正直 / p139~139
  • 発言2 / 白羽弥右衛門 / p139~140
  • 癌の早期治療を阻むもの / 奥田//義正 / 191~205<8364457>
  • 胃癌の早期治療を阻むもの / 奥田義正 / p141~141
  • 胃癌の早期発見を阻むもの / 立身政一 / p141~144
  • 癌早期治療を阻むもの / 金子保彦 / p144~145
  • 癌の早期治療を阻むもの / 菊地金男 / p145~146
  • 胃癌の早期適正治療の遅滞する原因について / 山形敞一 / p146~147
  • 胃集団検診における胃癌の早期適正治療を阻む問題について / 山形敞一 / p147~148
  • 癌の早期治療を阻むもの / 大森幸夫 / p148~149
  • 癌の早期治療を阻むもの / 村上忠重 / p150~150
  • 胃癌の早期治療を阻むもの / 今永一 / p150~150
  • 胃癌の早期治療を阻む因子 / 千田信行 / p151~151
  • 癌の早期治療を阻むもの / 湯川永洋 / p152~152
  • 胃癌の早期治療を阻むもの / 川崎祐宣 / p152~153
  • 胃癌の早期治療を阻むもの / 三宅徳三郎 / p153~153
  • 癌の早期治療を阻むもの / 井口潔 / p154~154
  • 癌の早期治療を阻むもの / 瀬木三雄 / p155~155
  • 拡大根治手術 / 岩本//彦之丞 / 206~210<8364458>
  • 頸部廓清術 / 岩本彦之亟 / p156~156
  • 乳癌の拡大根治手術 / 藤森正雄 / p156~157
  • 子宮頸癌の系統的腹膜外・膣式超広汎性手術について / 明石勝英 / p157~158
  • 食道癌 / 中山恒明 / p158~158
  • 直腸癌 / 梶谷鐶 / p158~159
  • 胃癌 / 陣内伝之助 / p159~160
  • 拡大根治手術について / 真柄正直 / p160~160
  • 組織培養と制癌剤・放射線・免疫 / 山田//正篤 / 211~216<8364459>
  • HeLa細胞内赤痢菌感染の機序 / 山田正篤 / p161~161
  • 血液中癌細胞の動態 II -塞栓より血管外初期増殖まで / 佐藤春郎 / p162~162
  • 癌と免疫 癌細胞に対するリンパ節細胞の動的作用 / 折田薫三 / p162~163
  • マイトマィシンC(MMC)のHeLa細胞に及ぼす影響 / 神前五郎 / p163~163
  • Co⁶⁰γ照射されたラッテ腹水肝癌細胞の培養内動態 / 勝田甫 / p163~164
  • 二,三の細胞学的実験記録 / 牧野佐二郎 / p164~164
  • 下部食道・噴門癌 / 槇//哲夫 / 217~220<8364460>
  • 下部食道・噴門癌の手術術式 / 槇哲夫 / p167~167
  • 下部食道・噴門癌 / 赤倉一郎 / p167~168
  • 下部食道・噴門癌 / 梶谷鐶 / p168~169
  • 下部食道・噴門癌の手術 / 堺哲郎 / p169~169
  • 下部食道・噴門癌 (手術術式) / 内山八郎 / p169~170
  • 発言 / 陣内伝之助 / p170~170
  • ポリオバイラスをinfectしたヒトの培養細胞(FL-line)の形態的変化の位相差顕微鏡映画による記録 / 牧野//佐二郎 / 171~171<8364461>

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本癌治療学会誌 = The journal of Japan Society of Clinical Oncology
著作者等 日本癌治療学会
書名ヨミ ニホン ガン チリョウ ガッカイシ = The journal of Japan Society of Clinical Oncology
書名別名 The journal of Japan Society for Cancer Therapy

日本癌治療学会学術集会educational book

日本癌治療学会学術集会プログラム号

日本癌治療学会学術集会抄録号

The journal of Japan Society of Clinical Oncology

Nihon gan chiryo gakkaishi
巻冊次 2(2)
出版元 日本癌治療学会
刊行年月 1967-05
ページ数
大きさ 25-30cm
ISSN 00214671
NCID AN00187361
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00018418
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想