形成外科  35(12)

国立国会図書館雑誌記事索引 5(2):1962.4-;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery (5巻1号-49巻12号);刊行頻度: 変更あり;5巻2号から13巻6号まで「らい形成外科」を収載;5巻1号(Jan. 1962)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Editorial / 一色信彦 / p1427~1427
  • 経験 Apert症候群の手足の術後経過の検討 / 平川正彦 ほか / p1429~1437
  • 経験 腸骨移植を利用した唇裂鼻変形の再建 / 高戸毅 ほか / p1439~1446
  • 経験 頭蓋骨外板を利用した頭蓋・眼窩周囲の再建 / 米田敬 ほか / p1447~1458
  • 経験 Thenar flap法における皮弁採取部の検討 / 野村智史 ほか / p1459~1465
  • 経験 口蓋裂の手術年齢と言語成績 / 岡崎恵子 ほか / p1467~1472
  • 経験 Overgraftingを用いた手掌・指腹外傷の整容的再建 / 橋本裕之 ほか / p1473~1479
  • 経験 高次救急医療施設における顔面骨骨折症例7年間の統計的検討 / 桑原広昌 ほか / p1481~1485
  • 経験 コラーゲン注入において注意すべきいくつかの問題点--コラーゲン注入での比較的まれな副作用 / 征矢野進一 / p1487~1494
  • 症例 腹直筋皮弁採取後に妊娠し正常分娩が可能であった1症例 / 菅原康志 ほか / p1495~1500
  • 症例 長母指伸筋腱の脱臼の1例 / 朴繁廣 ほか / p1501~1504
  • 症例 興味ある下腿ガングリオンの3例 / 神保好夫 ほか / p1505~1511
  • 症例 偽性正中唇裂を伴うholoprosencephalyの手術経験と本邦報告例の統計的観察 / 大塚壽 ほか / p1513~1522
  • 症例 頸耳瘻の1症例 / 中野友明 ほか / p1523~1528
  • 耳介軟骨を用いた口蓋裂術後瘻孔の閉鎖法--動物実験と臨床応用 / 大隅昇 ほか / p1529~1538
  • 外国文献抄訳 / / p1539~1546

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 形成外科
著作者等 克誠堂出版株式会社
書名ヨミ ケイセイ ゲカ
書名別名 The Japanese journal of plastic & reconstructive surgery

らい形成外科

Japanese journal of plastic surgery

Keisei geka
巻冊次 35(12)
出版元 克誠堂
刊行年月 1992-11
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 00215228
NCID AN00072268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想