慶應医学  18(11)

雑誌記事索引採録あり(大学紀要);国立国会図書館雑誌記事索引 31 (4) 1954.04~60 (6) 1983.11 ; 81 (4) 2004.12~85 (2) 2009.04;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: Organ der Keio Medizinischen Gesellschaft, Organ of the Keio Medical Society, Organ de la Societe medicale de Keio (13巻1号-23巻4号) → Journal of the Keio Medical Society (26巻12号-85巻2号);出版者変遷: 慶應醫學社 (1巻1号-8巻4号);刊行頻度, 大きさの変更あり;1巻1号-85巻2号 (平成21年4月);以後休刊;85巻の総目次: 85巻2号

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 豚蛔蟲體內糖原質ニ就イテ On Glycogen Storage in the Body of Ascaris. / 鈴木嘉六 / p1193~
  • 豚蛔蟲體ノ脂肪質ニ就テ On Distribution of Fats in the Body of Ascaris. / 關豐吉 / p1199~
  • Nippostrongylus murisノStrainニ關スル硏究 On Distinction of Strains in Nippostrongylus muris. / 金子盾城 / p1207~1218
  • 蛔蟲體腔液ノ成長家兎長骨ニ及ボス影響ニ就テ On Influence of Injection of the Coelomic Fluid of Ascaris upon Tubular Bones of the Rabbit. / 小泉丹
  • 堀田善二郞 / p1219~1227
  • 蛔蟲「リンゲル」氏飼養液ノ經口的投與ノ蛔蟲感染ニ對スル影響 On the Influence of Administration of Culture Fluid of Ascaris upon the Infection of the Worm. / 藤瀨直孝 / p1229~1240
  • Eimeria cariniiノ免疫ノ硏究 第三報 Eimeria miyairiiトノ交叉感染試驗 Studies on Acquired Resistance for Infection in Eimeria. III. Cross-infection Tests of E. carinii and E. miyairii. / 西垣吉彥 / p1241~1251
  • 胼胝體切斷犬ニ於ケル條件皮膚刺戟ト食餌ヲ伴ハザル無關皮膚刺戟トノ交互刺戟ニ由ル誘導現象 Über die Induktion durch abwechselnd gegebenen,bedingtreflektorischen und von keiner Fütterung begleiteten indefferenten Hautreiz beim Hirnbalken durchgeschnittenen Hunde. / 野村長久 / p1253~1262
  • Panhaemagglutinoidニ關スル實驗的硏究 Untersuchungen über das Panhämagglutinoid. / 本田良鄕 / p1263~1285

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 慶應医学
著作者等 慶応医学会
慶應医学会
慶應醫學社
書名ヨミ ケイオウ イガク
書名別名 Organ de la Societe medicale de Keio

Organ der Keio Medizinischen Gesellschaft

Organ of the Keio Medical Society

Journal of the Keio Medical Society

Keio igaku
巻冊次 18(11)
出版元 慶応医学会
刊行年月 1938-11
ページ数
大きさ 28cm
ISSN 03685179
NCID AN00069296
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想