慶應医学  21(7)

雑誌記事索引採録あり(大学紀要);国立国会図書館雑誌記事索引 31 (4) 1954.04~60 (6) 1983.11 ; 81 (4) 2004.12~85 (2) 2009.04;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: Organ der Keio Medizinischen Gesellschaft, Organ of the Keio Medical Society, Organ de la Societe medicale de Keio (13巻1号-23巻4号) → Journal of the Keio Medical Society (26巻12号-85巻2号);出版者変遷: 慶應醫學社 (1巻1号-8巻4号);刊行頻度, 大きさの変更あり;1巻1号-85巻2号 (平成21年4月);以後休刊;85巻の総目次: 85巻2号

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 興奮傳導ハ果シテ働作電流性ナリヤ 第一報 麻醉ニヨル最小間程ノ延長ト其恢復 Is the Nervous Transmission Effected through Restimulation by the Action Currents? Part. I. Prolongation and Recovery of the Least Interval for Muscular Summation by Narcosis. / 水島茂 / p623~627
  • 脂質ノ吸收ニ對スル膽汁酸ノ影響ニ就テ Über den Einfluss der Galleusäuren auf die Resorption von Fettstoffen. / 倉田重正 / p629~644
  • 「ビタミン」C添加食飼養白鼠ニ於ケル犬十二指腸蟲仔蟲經口的感染試驗 Infection Experiments of Ancylostoma in the Rat Feeded with Excess of Vitamin C. / 永田宰治 / p645~662
  • 蛔蟲體成分トシテノ鐵ニ就テ Estimation of Fe in the Body of Ascaris. / 若林一夫 / p663~667
  • 十二指腸蟲後感染抵抗性獲得ニ關スル實驗 Studies on Mechanism of Acquired Resistance for After-infection of Ancylostoma. / 石氏三郞 / p669~688
  • Nippostrongylus muris高度感染白鼠血淸及ビ腸浸出液注射白鼠ノ後感染抵抗性試驗 Studies of Acquired Resistance for After-infection in the Rat Injected with the Serum and Extracts of the Intestine of Rats Heavily infected with Nippostrongylus muris. / 松森正義 / p689~710
  • 兎脣及ビ口蓋披裂ノ遺傳 On the Hereditary Nature of Harelips and Cleft Palates. / 穴澤順一 / p771~

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 慶應医学
著作者等 慶応医学会
慶應医学会
慶應醫學社
書名ヨミ ケイオウ イガク
書名別名 Organ de la Societe medicale de Keio

Organ der Keio Medizinischen Gesellschaft

Organ of the Keio Medical Society

Journal of the Keio Medical Society

Keio igaku
巻冊次 21(7)
出版元 慶応医学会
刊行年月 1941-07
ページ数
大きさ 28cm
ISSN 03685179
NCID AN00069296
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想