慶應医学  22(3)

雑誌記事索引採録あり(大学紀要);国立国会図書館雑誌記事索引 31 (4) 1954.04~60 (6) 1983.11 ; 81 (4) 2004.12~85 (2) 2009.04;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: Organ der Keio Medizinischen Gesellschaft, Organ of the Keio Medical Society, Organ de la Societe medicale de Keio (13巻1号-23巻4号) → Journal of the Keio Medical Society (26巻12号-85巻2号);出版者変遷: 慶應醫學社 (1巻1号-8巻4号);刊行頻度, 大きさの変更あり;1巻1号-85巻2号 (平成21年4月);以後休刊;85巻の総目次: 85巻2号

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 寒性血球凝集反應ニ關スル硏究補遺 第二編 寒性自家血球凝集反應ノ消長ニ關スル實驗的硏究 Beiträge zur Kenntnis der Kältehämagglutination. II. Mitteilung: Experimentelle Untersuchungen über die Schwankung der Kälte-autohämagglutination. / 石橋無事 / p233~286
  • 癩ノ潜伏期ニ就テ On the Incubation Period of Leprosy. / 矢嶋良一 / p287~312
  • 酸化炭素トノ結合ニヨル血色素ノ變性ニ就イテ 第二報 正常家兎ニ及ボス影響 On the Denaturization of Hemoglobin by Carbon Monoxide. Part. II. Influence on Normal Rabbit. / 飯島和彥 / p313~320
  • 閾下刺戟ニヨル興奮過程ノ硏究 Studies on the Excitatory Process by Subthreshold Stimulus. / 中村四郞 / p321~347
  • 單一筋纎維ニ對スルAcetylcholinノ作用 第一報 生體内運動終板 The Effects of Acetylcholin on the Single Muscle Fibre. Part. I. Experiments on Muscle Fibres in vivo. / 石川一男 / p349~
  • 上大腦靜脈內白色血栓ニ依ル欝血出血性軟化ノ一例 Über einen Fall der haemorrhagischen Erweichung des Grosshirns bedingt durch Stauung mittels weisser Thromben in Venae superficiales cerebri. / 小田常治 / p355~
  • 「ヒスタミン」連續的經口投與ノ白鼠ノ體重及ビ血液像ニ及ボス影響 Influence of Oral Administration of Histamin upon the Body Weight and the Blood of the Rat. / 美馬孝夫 / p367~383
  • 中支南通ニ於ケル寄生蟲所見 Parasitological Studies in Nantung, China. / 中山一郞 / p385~396

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 慶應医学
著作者等 慶応医学会
慶應医学会
慶應醫學社
書名ヨミ ケイオウ イガク
書名別名 Organ de la Societe medicale de Keio

Organ der Keio Medizinischen Gesellschaft

Organ of the Keio Medical Society

Journal of the Keio Medical Society
巻冊次 22(3)
出版元 慶応医学会
刊行年月 1942-03
ページ数
大きさ 28cm
ISSN 03685179
NCID AN00069296
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00006303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想